吉田 伸夫。 素粒子論はなぜわかりにくいのか 場の考え方を理解する 知の扉シリーズ : 吉田伸夫

『時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」』(吉田 伸夫):ブルーバックス|講談社BOOK倶楽部

観測的天文学のもう1つの大きな話題は、渦巻星雲の相対運動である。 だが、ケプラーやガリレイから20世紀初頭に至る天文学者の多くは、適切な理論も有効なデータも欠いていたものの、主として哲学的な観点から、果てしない空虚の一隅に有限な世界が孤立して存在するという描像に批判的だった。 コペルニクスからニュートンに至る宇宙像の変遷は、次の著作に詳しい。 「現在」という物理的に特別な瞬間などもともと存在しない。 距離と速度の相関関係が研究テーマになるのは1920年代に入ってからであり、1929年のハッブルの論文 で漸く1つの結論が出されることになる。 こうした観点から、本書では、物理学の専門的な知識のない人を対象に、量子場の理論の解説を試みる。

>

『時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」』(吉田 伸夫):ブルーバックス|講談社BOOK倶楽部

また、質問フォーム(朝日カルチャーセンター申し込みページにリンクがあるようです)からあらかじめ質問を受け付け、講義の際に口頭でお答えします。 この理論は、それほどにも深遠である。 量子力学とは、その大仰な名称とは裏腹に、単なる「粒子の量子論」にすぎないのである。 10万分の1の揺らぎとは、どんなものなのか。 そのままじっと時計を見つめていると、秒針がゆっくりと一周し、長針がわずかに進んで、3時1分を指すのが見える。

>

楽天ブックス: 明解量子宇宙論入門

まず、新型コロナワクチン開発のニュースから。 【内容情報】(出版社より) 科学が捉えた「時間の本質」--時間は過去から未来へ流れて《いない》!? 時間の正体は、宇宙の起源につながっている。 ウィルスの持つ毒性を回避するため安全性が高く、タンパク質の構造さえわかれば製造できるのでウィルスの変異にも対応できると期待される。 ぼくはかつて物理少年だった。 引っ込めるのは脊髄反射で、引っ込めた時点では脳に熱いという信号は届いていない。

>

アインシュタインはなぜ宇宙項を導入したか?

【内容情報】(出版社より) 基礎から最先端がわかる! 最新理論が描きだす壮大な宇宙像を、最低限の予備知識で理解する一冊。 この式は、極座標表示のものに比べて複雑で一般的な計算には向かないが、静的なケースでのパラメータの関係式を求める場合には計算が簡単になる。 (ナレーション)• 量子場の理論では、電子と光が同じ理論形式で記述されており、どちらも 粒子と波動の二重性を示す理由が不自然でない形で示された。 ただし、無限に拡がった空間に無限大の物質があると仮定すると、あらゆる地点に無限遠を含む周辺からの影響が及ぶため、重力場を一意的に決められなくなる。 相対性理論、宇宙論、熱力学、量子論、さらには神経科学を見渡し、科学の視座から時間の正体に迫る。

>

科学と技術の諸相

上記の本においても、ちゃんと時間は存在していることを事実として話を進めています。 現代物理学の基本である場の量子論はニュートンなどの古典的な原子論とは違うロジックで物理現象を記述しようとする。 ガン予防効果は60~70%程度とされるが、接種年齢が低いほど有効性が高い。 「時間が(過去から未来へ一方向に)流れる」と感じるのも人間の錯覚にすぎない。 2017年6月15日にスルガ銀行d-laboで「宇宙の中の生命」というセミナーを行いました。

>

素粒子論はなぜわかりにくいのか 場の考え方を理解する 知の扉シリーズ : 吉田伸夫

ここから出発しながら、「遠方はユークリッド空間になる」「遠方には重力バリアがある」という2つの仮説を自ら否定し、一度は行き詰まった後に、彼は「物質から無限に離れることはできない」という形で問題を設定し直すことになる。 しかし、アインシュタインは空虚な絶対空間という理解不能な概念を排除しようという発想に基づいて相対性理論を構築してきたので、たとえ方程式を満たすものであっても、物理的な観点から許容できないと結論したのである。 過去は過ぎ去ったもの、未来はまだ見ぬもの、現在だけが存在しその瞬間はすべての場所で同一時刻というのは、ニュートン力学の世界の話であって、現代物理学では、時間はすべての場所毎で異なるものと理解されている。 あらゆる出来事が、ビッグバンの整然とした状態が崩れていく過程の一部であり、「ビッグバンから遠ざかる向き」に進行する不可逆変化なのである」p141 「ヒットを打った後のインタビューでは、球種を見極めてからバットを振る決断をしたと答えることがあるが、これは、生理学的にありえない。 日本では、年間約8500人が子宮頸がんと診断される。

>

宇宙はどのように誕生し、どのように終わるのか?(吉田 伸夫)

この遅れは、互いに斜めになった物差しのケースと同様に、あくまで見かけのものであり、現実に時間の尺度が変化したわけではない。 同じ厚さの金属ならば、表面に髪の毛一筋(0. 内容は、当ホームページと同じです。 2013年~2015年• これまでぼくは、ボーア、シュレディンガー、ハイゼンベルクなど綺羅星のごとき物理学者は、それぞれ完璧な論理展開を基に、既知のデータに裏付けられた緻密な理論を提唱し、それが新たな実験で実証され定着していくことで、現代物理学は進んできたとばかり思い込んできた。 ある地点から出発して一方向に進んでいくと、何ら変哲のない場所を経巡った挙げ句に宇宙を一周して出発点に戻ってしまう。 宇宙に終わりはある。 9-3 粒子の運動方程式• ましてや時間の感じ方といった意識の話になると、物理学者に感じ方の答えを導く方程式は作り出せませんから。

>

『完全独習相対性理論』(吉田 伸夫)|講談社BOOK倶楽部

1983年にウィルスが特定されながら、いまだにワクチンの開発ができないエイズのようなケースもある。 さて、ここで考えていただきたい。 ただし、後になって、データに大幅な誤差があることが明らかになった。 当時の観測的天文学とアインシュタイン アインシュタインが一般相対論を宇宙全体に適用する方法を模索していた1917年前後の時点で、観測的天文学は、1920年代の発見ラッシュを予兆するかのように、多くの謎を抱えながらもそれらを解決する糸口を見いだしつつあった。 2016年1月より専務取締役、同年9月27日付で代表取締役社長就任。 好成績をあげた2つのワクチンは、いずれもメッセンジャーRNA(mRNA)を利用する新技術に基づく。 第1章から20世紀に入り、粒子・波動の二重性が現れる最初のケースとしてアインシュタインの光量子論を取り上げる。

>