佐多 宗二。 晴耕雨讀|焼酎銘柄|佐多宗二商店

佐多宗二(さたそうじ)商店は蒸溜に並々ならぬこだわりを持つ鹿児島の老舗蔵【焼酎用語集】 | ガジェット通信 GetNews

使用するボタニカルはジュニパーベリーのみ。 多くの焼酎蔵が麹や芋の違いで個性を表現することが多い中、佐多宗二商店は「蒸留」という世界にスポットを当て、常識にとらわれない新たな焼酎造りにチャレンジしています。 佐多宗二商店のこだわり com 9つの蒸溜機を駆使した酒造り 佐多宗二商店には、蔵元の強いこだわりから生まれたふたつの蔵、「本館」と「赤屋根製造所」があります。 太平洋戦争時に蔵が消失したものの、終戦の翌年に再建し、続く昭和23年(1948年)に、有限会社佐多商店として法人化。 蔵元は、こうして手に入れた樽を使い、アラリー氏直伝の「樽を育てる」という哲学のもと、新樽から中古樽へと適宜移し替えながら芋焼酎を熟成させています。

>

亀寿の明り VIII 芋焼酎 25度 / 佐多宗二商店 / はせがわ酒店 オンライン店

しかし、宗公氏は原料の芋や発酵技術としての麹や酵母を追究するうち、成分を分離・濃縮する「蒸溜」がスポットを浴びる機会が少ないことに気づきます。 原料芋に鹿児島県産 黄金千貫(こがねせんかん)を使用した少量生産の芋焼酎。 【電話】045-593-5565(営業のお電話はご遠慮ください) 【ファックス】045-590-1171 【電話受付】平日 10:00~17:00 上記以外のお時間以外やメールかファックスでお問合せください。 「不二才」に、「間接加熱蒸留器」で蒸溜した芋焼酎を、24%ブレンドした「XXIV(にじゅうよん)」、70%ブレンドした「LXX(ななじゅう)」もぜひお試しください。 樽を使うならどこから仕入れるか。 芋焼酎(直接加熱蒸留したもの)を80% 米焼酎(間接加熱蒸留したもの)を20% の配合で、この「XX晴耕雨讀」はできております。 異なる蒸溜機が生み出す酒質の違いを堪能してみてはいかがでしょう。

>

本格芋焼酎 鶴姫の愛 佐多宗二商店 25度 通販

、勲三等を受章。 鶴姫はそんな年の離れた信順をよく支え、 また信順も、最後の八戸藩主として、 激動の幕末に、薩摩から遠く離れた八戸のために力を尽くし、 八戸藩の存続に成功しました。 蔵元は、こうして手に入れた樽を使い、アラリー氏直伝の「樽を育てる」という哲学のもと、新樽から中古樽へと適宜移し替えながら芋焼酎を熟成させています。 原材料 さつま芋(南薩摩産黄金千貫) 米麹(黒麹・国産米) アルコール度 25%. この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 以後、乙類焼酎をはじめ、果実酒や発泡酒、リキュール、スピリッツ、ブランデーなど、幅広い酒類の製造に着手してきました。

>

佐多宗二(さたそうじ)商店は蒸溜に並々ならぬこだわりを持つ鹿児島の老舗蔵【焼酎用語集】|たのしいお酒.jp

製造元:有限会社佐多宗二商店• その原点は、昭和33年(1958年)当時まで遡ります。 焼酎以外の蒸溜酒(スピリッツ)にも注目! 職人技が生きた手づくりの商品を、量産される製品と区別して「クラフト系」と呼ぶことがありますが、佐多宗二商店では「AKAYANE」シリーズとして、さつまいもをベースにしたクラフト系スピリッツも展開しています。 これらはジュニパーベリーを使用していないため定義上ジンにはなりませんが、例えばゆずとヨモギを使用したスピリッツや、緑茶のスピリッツ、それから生姜のスピリッツなど、ジャパニーズクラフトジンによく使用される ボタニカルそれぞれに特化したスピリッツとなっています。 口に含むと都会的なイメージの芯に薩摩のスピリッツ 魂 を感じていただけると思います。 形の異なる蒸留器がなんと9つもあり、それらを使い分けることで多様なお酒を造ることを可能としています。

>

晴耕雨讀|焼酎銘柄|佐多宗二商店

蔵紹介 蒸留王に、俺はなる!! 1908年創業。 XX晴耕雨讀 火打石(南薩摩の大地のミネラルを感じさせる印象)、かすかに青いメロンのような吟醸香、天ぷらにしたさつま芋の香り、ほんのりヴァニラやカカオなど複雑に絡み合ってバランスよく一つの酒質をクリアに醸し出しています。 佐多宗二商店は世界にも目を向ける蔵元 佐多宗二商店は、世界にも通用する焼酎造りに注力しています。 さらに、フルーツ・ブランデーの名手、ジャン・ポール・メッテのもとを訪れて蒸溜技術や哲学を学び、ついにはドイツ製やイタリア製、フランス製の「間接加熱蒸留器」を扱う「赤屋根製造所」を建造。 ジンのベーススピリッツには、廃糖蜜 モラセス を原料としたスピリッツを使用することが多いのですが、AKAYANEジンではベーススピリッツにもこだわり、 贅沢にも自家製の芋焼酎を使用しているのです。 AKAYANE 赤屋根 を手がける佐多宗二商店とは AKAYANEジンを手がける佐多宗二商店は、1908年創業の焼酎の名門蔵元で、鹿児島に蔵を構えています。

>

佐多宗二(さたそうじ)商店は蒸溜に並々ならぬこだわりを持つ鹿児島の老舗蔵【焼酎用語集】|たのしいお酒.jp

黒麹特有の重厚さもありながら、 さわやかなキレのあるおいしさに仕上がっています。 佐多宗二商店は、 「晴耕雨読」や「不二才」などぼ焼酎で人気の、 鹿児島を代表する焼酎蔵です。 鹿児島らしく芋焼酎で有名な蔵元で「 不二才」や「 晴耕雨讀」など、焼酎好きなら誰もが知る有名銘柄を手がけています。 以来、「焼酎は蒸溜するから酒質の幅が広がる」をモットーに蒸溜の世界に没頭し、オーダーメイドの蒸溜機の導入に至ります。 「焼酎をもっとたのしんでもらいたい」というたったひとつの想いを胸に、日々蒸溜にこだわった焼酎造りに励んでいます。 以後、乙類焼酎をはじめ、果実酒や発泡酒、リキュール、スピリッツ、ブランデーなど、幅広い酒類の製造に着手してきました。

>