真昼 の 死闘。 真昼の死闘 : 作品情報

「真昼の死闘」(1970)映画レビュー

ホーガンにとってはチャンス到来だ。 西部劇なんだけど、ちょっとひねってあって舞台はフランス占領下のメキシコ。 男は女を何とか助けてやろうとする。 返信を投稿• (「マカロニ・ウエスタン」という言葉がそもそも、イタリアで制作された西部劇のこと。 ホーガンはサラをゲリラだと偽り、のレクレール将軍 アルベルト・モリン に引き渡し、サラを投獄するときに秘密の地下道から牢獄に入ったゲリラを導き入れる計画です。 それが点火された直後にホーガンは銃を抜き将軍らを射殺しました。 音楽は、「荒野の用心棒」「ニュー・シネマ・パラダイス」のエンニオ・モリコーネ。

>

【放送情報】真昼の死闘

現地のゲリラに雇われた流れ者で、フランス警備隊を撃滅できた暁の褒賞金を目当てに旅をしていた。 だが移動中、インディアンに襲われ、ホーガンは肩にけがを負ってしまう。 今度はフランス軍駐屯地を襲撃する計画が持ち上がり、一儲けしようとホーガンはたくらみ、ゲリラに協力的なシスター・サラはダイナマイトを購入するための金策に走る。 ラバからロバに乗り変えたサラが可愛いし、ユーモアもあり、楽しい作品です。 おまけにフランス軍を襲って奪った大金で贅沢な買い物して終わる。

>

ピニャータ|真昼の死闘

ホーガンとサラは、ベルトラン大佐や部下と共に、7月14日のを祝おうとするの砦に向かいますが、酔っているはずの兵士達は皆シラフで、予定変更し、ホーガンと大佐は、サラから秘密の地下道があることを知らされました。 成り行きで行動を共にすることになるホーガンだが、シスター・サラはフランス軍に抵抗するゲリラに力を貸すため旅していると言い、彼女からフランス軍の拠点にある金品の情報を聞いた。 暖かい目で見守りましょう。 マクレーンを尼僧であると信じているホーガンは恋心を打ち明けられない。 そこにはかわいいシャーリー・マクレーンがいるのです。 女性が銃に触れることがあまりない西部劇の中で、撃つ行為に参加するのって珍しく思えました。 もう一つは珍しい紅一点役に扮して映画の面白さを添えているのがシャーリー・マクレーンです、物語の息抜き的演技で楽しめました。

>

真昼の死闘

原題は「シスター・サラに二頭のラバを」という意味になりますね。 なのでマカロニ・ウエスタンの舞台はいつもアメリカの西部っぽい何処か、という、ちょっと独特の雰囲気をかもし出している。 王道西部劇よりもマカロニ感のある作品ですね。 なかなか楽しい映画であった。 サラの活躍が始まった。 東京12ch版:初回放映『』21:00-22:54 脚注 [ ]. 邦題は『真昼の死闘』となっているけど、クライマックスの戦闘は真夜中。

>

【放送情報】真昼の死闘

特にメキシコの荒野を放浪旅で進むロバでのシーンは印象的な感じです。 さらにスコアはエンニオ・モリコーネが担当しています。 それがもともとは仕事上のなりきりのための衣装だったとは思わなかったが、大儀のために命懸けで行動する勇敢さと同時に緩い部分があって存在感を示した。 女は尼僧だった。 最初は敬虔深さを示しつつも、命の危険のある場面で何度も強さとたくましさと機転の良さを見せるマクレーンの尼さんはすぐに身元に怪しさが出てきて、その背景に何があるのかと疑問を抱かずにはいられない。

>

真昼の死闘

無頼漢のはずのホーガンが、ついついシスターのペースに乗せられて思わぬ方向に向かってしまう。 彼女の立ち回りは尼僧ということで場所に置いては浮き、行動はコミック。 ドン・シーゲルとセルジオ・レオーネからクリントが学んだのは「節約」だったという。 ちょっと和やかな雰囲気もこの作品にはあっています。 脚本は、「外套と短剣」「白い肌の異常な夜」のアルバート・マルツ。 3)列車襲撃 野宿をした二人は、逃げて来た者達から、がサンタマリア行きの列車を待っていたことを聞き出しました。

>

「真昼の死闘」(1970)映画レビュー

サンタ・マリアのゲリラを攻撃するという情報をつかみ、列車爆破を企てる。 ホーガンは、付近を通りかかったフランス軍にサラを預けようとするが、彼女は革命派の一員として活動してフランス軍に追われていたため、ホーガンは身を隠してフランス軍をやり過ごす。 殺される可能性もあったサラは動揺しながら、サンタマリア行きの列車には、武器弾薬が積み込まれることをホーガンに知らせました。 出演:クリント・イーストウッド、シャーリー・マクレーン、マロノ・ファブレガス 他 ドン・シーゲル&クリント・イーストウッドによるアメリカ西部劇。 可愛いシャーリー・マクリーンに拍手です。

>

真昼の死闘 : 作品情報

「真昼の死闘」(1970)• これは『荒野の用心棒』『夕日のガンマン』『続・夕日のガンマン』でマカロニ・ウエスタンのヒーローとなったイーストウッドにとっては十八番の役どころだ。 ホーガンはサラを連れて駐屯地に向かい、手配犯のサラを捕まえたことでルクレール将軍から歓待を受ける。 6)エピローグ 金庫を手に入れたホーガンは、入浴中のサラの部屋に待ちかねて押し入り、浴槽に飛び込み彼女と愛し合うのでした。 シスターも清廉潔白ではなく、ゲリラに肩入れしていたりする。 監督のとはこの後、『』でもコンビを組み、師弟関係ともいえる間柄となります。

>