Lyrics 猫 dish。 猫 DISH// 歌詞情報

Dish//

夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで Powered by この曲を購入する. 「 僕は君を手放してしまった」という歌詞は、おそらく愛しい彼女との別れを表現しているんじゃないでしょうか。 もし、新しい「彼」がいないのなら、すべて投げ出してでも彼女に尽くすから…お願いだからそばに戻ってきてほしいという感情ですよね。 あいみょん「猫」2番サビ・歌詞の意味 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない。 If you have the lyrics of this song, it would be great if you could submit them. もし、新しい「彼」がいないのなら、すべて投げ出してでも彼女に尽くすから…お願いだからそばに戻ってきてほしいという感情ですよね。 あるアーティストに楽曲提供した「猫」をあいみょん自身がセルフカバーした形ですね。

>

DISH// 猫 歌詞&動画視聴

歌手: 作詞: 作曲: 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 彼女は、自由奔放に暮らす「猫」だったんだと言い聞かしながら、 気まぐれでもいいから帰ってきてほしいと願う切ない恋心を描いた歌詞ではないかと思います。 彼女は、自由奔放に暮らす「猫」だったんだと言い聞かしながら、 気まぐれでもいいから帰ってきてほしいと願う切ない恋心を描いた歌詞ではないかと思います。 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 『 帰ってきてほしい』と『 忘れてやる』を 繰り返す日々… そして、最終的に、猫のように気まぐれでいいから、また自分の日常に、戻ってきてほしいと願ってしまう。 We have added the song to our site without lyrics so that you can listen to it and tell others what you think of it. 一緒に暮らしていたふたりなら、思い出がとても多く、何をするにも思い出してしまうはずですよね。 Someday please appear for me Dye these casual days with your color Today, where the sunset burned out and seems to swallow this city up, I ended up letting you go I wonder is it possible for us to meet again from the very beginning? That will definitely help us and the other visitors! もう一度、一からやり直すことはできないのかなと願う「彼」。 未練と強がりを繰り返しながらも、「彼」は彼女が忘れられません。

>

Chasuka: [Lyrics] Neko

Unfortunately we don't have the lyrics for the song "猫" yet. ボーカルを務めるのは、若手俳優としても活躍する、 北村匠海さん。 そして、いつの日かふらっと帰ってくる猫のように、彼女も戻ってきてくれたら…また幸せな日常も戻ってきてくれるという 「彼」の願いで歌詞は締められています。 家に帰る速度ですら、彼女を思い嫌になる。 そうだ、 彼女は「猫」になったんだった、と 自分に言い聞かし… 自分勝手な思いだと感じながらも、また ふらりと現れて慰めてほしいと願ってしまう「彼」。 彼女のいなくなった日常に、耐えられない「彼」は、 彼女を気まぐれに放浪する「猫」に置き換えて考えることで 彼女への期待を表現しているんですよね。 Or perhaps you can help us out. 「全力で忘れようとするけど 全力で君を求めてる」という部分が、 忘れたいと思えば思うほど、彼女を求めてしまうという矛盾にぶつかってしまう。

>

Lyrics Neko (猫) by DISH// (romaji) from album

あるアーティストに楽曲提供した「猫」をあいみょん自身がセルフカバーした形ですね。 彼は、彼女と、彼女との思い出に振り回される、いわゆる 気まぐれな猫に、彼女を重ね合わせてみているのではないでしょうか。 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで Powered by この曲を購入する. 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 作曲 : あいみょん 作词 : あいみょん 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか 笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろそうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を 君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまた あの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで 無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を 君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた幸せで. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 一緒に暮らしていたふたりなら、思い出がとても多く、何をするにも思い出してしまうはずですよね。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

>

夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで What do you want to eat迷っているなら決めてしまいなよこの店予約の取れない有名店人気の秘密は1, 2, 31,素材を生かした新鮮提携農家の有機野菜使用2,魚介のうまみが凝縮こだわりスープと縮れ麺の塩3,市場で一本買いした近海本マグロの解体ショー意識高め 健康志向写真映えもGOOD Ah-!食材ロス HACCP 人件費飲食店営業許可申請ABC分析 法人税軽減税率客単価 売上原価率食中毒 パワハラ QSCクレーマー対策 炎上回避客は厳しい星の数ほど星を欲してる火花を散らす激戦区舌の上で肉が踊りだすA5ランクのフラダンス見えないルールに馴れ合うことなく選んできた道極める者達誰しもが目指してる正解答えを決めることはできない時代を切り開ける天才We wanna get the クローゼットの中からピーコートを出した途端君の匂いがした抱えた優しさと愛 全部あげたのに君はなんでここにいないんだろう独りよがりだったかな?嫌だったの?笑顔も 涙も正解なんて 正解なんてまだ見つからなくて迷いながら愛のカタチ どんなカタチかを探し続けてるShape of you Shape of heartホットコーヒーの苦味 君がくれた味だったね僕らを結ぶ味暖かいも柔らかいも 全部苦い思い出にしたのは僕なの?繋がっていたかったなもうダメなの?指先でも 約束でも正解なんて 正解なんてまだ 見つからなくて迷いながら愛のカタチ どんなカタチかを探し続けてる Shape of youあの日々は色褪せて僕の心 ここ に刺さるんだ想ったって 帰ってこないほら明日はくるし正解なんて 正解なんてまだ 見つからないよ迷うことも正解なんだ 愛のカタチなんて無いかもしれない それでも僕は探してる Shape of love見つけたら僕は抱きしめれるかな なぁ例えばさ、カレーみたいに君と僕を足し合わせてケタケタ笑ったり感動したりしたいその中で君がパクチーが苦手だったことを知る僕がフルーツinカレーがNGとかを知るのさ何が正しいのかを争うんじゃなくてそれぞれ大事にして混ぜて美味しい未来をつくっていける実際毎日、上手に乗りこなせるわけじゃない部屋も散らかるし、言葉も肌荒れするよなサウナに入るのがおすすめ日々で散らかっちまった脳みそのシワも伸びるよ君の寂しさも蒸発するよ荒れてザラザラした君が熱で柔らかくなる日々で散らかっちまった君をリセットリセットリセットする90度の熱に触れて、君がすこしだけ昨日より優しく誰かを思いやれれば良い90度の熱に触れて、君がすこしだけ踊れる日々になれば良い今すぐサウナへGOまぁ例えると、テトリスみたいなもんだ積んで積んで積んだ感情うまく噛み合わずに肩が凝るね一回ゲームリセット頭と心を軽くしないとやり方を知らないなら、こういうのはどう?サウナに入るのがおすすめ日々で散らかっちまった脳みそのシワも伸びるよ君の寂しさも蒸発するよ荒れてザラザラした君が熱で柔らかくなる日々で散らかっちまった君をリセットリセットリセットする90度の熱に触れて、君がすこしだけ昨日より優しく誰かを思いやれれば良い90度の熱に触れて、君がすこしだけ踊れる日々になれば良い今すぐサウナへGO90度の熱に触れて、君がすこしだけ昨日より優しく誰かを思いやれれば良い90度の熱に触れて、君がすこしだけ踊れる日々になれば良い今すぐサウナへGO. そうだ、 彼女は「猫」になったんだった、と 自分に言い聞かし… 自分勝手な思いだと感じながらも、また ふらりと現れて慰めてほしいと願ってしまう「彼」。 。 ~ Lyricist: あいみょん Composer: あいみょん 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 試聴する KKBOXを起動 猫 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. きっと、 ふたりは一緒に暮らしていたんでしょうね… 「 君の顔なんて忘れてやるさ」のところで、自分もすぐに君のことを忘れることができる、いや忘れてやると。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 「 僕は君を手放してしまった」という歌詞は、おそらく愛しい彼女との別れを表現しているんじゃないでしょうか。 Preview Open KKBOX 猫 ~THE FIRST TAKE ver. 落ち込んでいたって明日はまたすぐやってくるんですよね… こんなにも心は疲れきっているのに、朝はやってくるし、いつもの日常が訪れるんです。 家に帰る速度ですら、彼女を思い嫌になる。

>

歌詞 「猫」DISH// (無料)

試聴する KKBOXを起動 猫 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 一緒に歩いた場所や、二人で買ったもの、 匂いですら愛おしく感じるもの… そんな思い出に浸る自分に嫌気がさしてしまうんです。 もう一度、一からやり直すことはできないのかなと願う「彼」。 そして、どんなに辛くても、体は眠たくなるんですよね。 未練を断ち切れない自分に嫌気がさすと、 反動的に「忘れてやる!」といった感情になるんですよね。 猫の姿になった彼女でもいいから、自分のそばに戻ってきてほしいという「彼」の感情が、切ないほど伝わってきます。 We at LetsSingIt do our best to provide all songs with lyrics. ただ、自分の一方的な思いに気づき、 叶わないという現実に、絶望を感じるんですよね。 「全力で忘れようとするけど 全力で君を求めてる」という部分が、 忘れたいと思えば思うほど、彼女を求めてしまうという矛盾にぶつかってしまう。

>

猫 ~THE FIRST TAKE ver.~

猫の姿になった彼女でもいいから、自分のそばに戻ってきてほしいという「彼」の感情が、切ないほど伝わってきます。 歌手: 作詞: 作曲: 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 楽曲を演奏しながらダンスを踊る、人気のダンスロックバンドです。 submit these lyrics The LetsSingIt Team. 彼女のいない日常と、どうしていいかわからないモヤモヤに、心がついていかない。 一緒にいた彼女を手放してしまったという悲しみ… 何も考えられず、何もかも投げ出したくなる気持ち、わかりますよね? このまま僕も夕焼けの炎の中へ飲み込んでくれないかという切ない「彼」の心情がリアルですね。 Unfortunately we don't have the lyrics for the song "猫" yet. If you have the lyrics of this song, it would be great if you could submit them. もう一度出会えたら今度は、うまくいくんじゃないかという思い。

>

DISH//の歌詞一覧リスト

Or perhaps you can help us out. そして、いつの日かふらっと帰ってくる猫のように、彼女も戻ってきてくれたら…また幸せな日常も戻ってきてくれるという 「彼」の願いで歌詞は締められています。 楽曲を演奏しながらダンスを踊る、人気のダンスロックバンドです。 「彼」は自分を奮い立たせるために、自問自答を繰り返しているのではないでしょうか。 一緒にいた彼女を手放してしまったという悲しみ… 何も考えられず、何もかも投げ出したくなる気持ち、わかりますよね? このまま僕も夕焼けの炎の中へ飲み込んでくれないかという切ない「彼」の心情がリアルですね。 きっと、 ふたりは一緒に暮らしていたんでしょうね… 「 君の顔なんて忘れてやるさ」のところで、自分もすぐに君のことを忘れることができる、いや忘れてやると。 でも、こんなにも人を好きになることができる「彼」は、ある意味、とても幸せなのかもしれませんね。

>