サーキュラー。 サーキュラーエコノミーとは?無駄を収益に変えるビジネスモデル

一般社団法人日本バルブ工業会

。 (4)シェアリング・プラットフォーム Airbnb(エアビーアンドビー)やLyft(リフト)のようなビジネスモデル。 そこでこの記事ではサーキュラーエコノミーの基本情報を押さえると共に、日本企業の取り組み事例や日本の地方発のサーキュラーエコノミーの可能性を探ります。 投資の活用においては、サーキュラーエコノミー事業に投資するうえではビジネスモデル評価とインパクト評価の両方が重要だとしたうえで、対象となる代表的なビジネスモデルやインパクト評価の手順が紹介されています。 まずは、 自社の排出している廃棄物のその後について、現状を把握することから始めて見てはいかがでしょうか? 例えば、マニフェストのE票に書かれている最終処分場所。

>

今、日本企業がサーキュラー・エコノミーを加速させるべき理由

また、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合がありますので、ご投資にあたっては目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。 サーキュラーエコノミーの核となる考え方に、「無駄を価値へ」というものがあります。 5億人、2055年に100億人に達するといわれています。 サーキュラーエコノミーのビジネスモデル サーキュラーエコノミーをビジネスに取り入れるうえで軸となるビジネスモデルを、コンサルティング大手のアクセンチュアは五つ挙げています。 そんななか 環境への負担を最小限に抑えると同時に、経済効果を生み出す方法として発案されたのがサーキュラーエコノミーです。

>

サーキュラーエコノミー(循環型経済)とは・意味

また、OECDのによれば、2060年にまでに一人あたり所得平均が現在のOECD諸国の水準である4万米ドルに近づき、世界全体の資源利用量は2倍(167ギガトン)に増加すると推計されています。 EU流の手法に対し、日本の経済界の中には『EU域内の製造業に復権の機会を与える政策』との見方もあるが、一方で、AI(人工知能)やIoTといったデジタル技術の進展によって、モノ作りの在り方が大きく変わりつつある今、これからの成長モデルに合致する発想であることは事実だ。 ファンダメンタル分析やESG(環境・社会・企業統治)への取り組みから、投資先を30~60銘柄に絞り込む。 Fairphoneはこのように製品の寿命を延ばし、製造過程で排出される二酸化炭素を減らすことを目指しています。 適正処理の更なる推進と環境再生 などが示され、その実現に向けた2025年までの施策が示されています。

>

サーキュラーエコノミーとは?日本企業の事例やSDGsとの関連をわかりやすく解説

サーキュラーエコノミー実現のために新たに投資をする余裕が無かったり、投資をしたとしてもそれがどれだけ利益に結び付くか不確実だったりすることが理由として挙げられます。 先進国をはじめとする世界中の多くの人々が地球1個ぶん以上のエコロジカルフットプリントで生活をし続ければ、持続可能な発展は実現不可能となります。 もし、「取り組みたいけど、どうしたら良いかわからない…」ということがあれば、一度ご相談ください。 シェアリングプラットフォーム上で交換される製品が持続可能な原材料に基づいて循環可能な形で作られているかどうかがポイントとなります。 使用済みの紙おむつを回収し、独自の再生テクノロジーでパルプと高分子吸収ポリマーを取り出し、滅菌し、新品同様の品質の紙おむつを製造するというものです。

>

サーキュラー・エコノミーの実現に欠かせない「廃プラスチックの流通プラットフォーム構築」実証事業開始

リニア・エコノミーの中で、リサイクルを活用して、廃棄までの寿命を長くするのが「リサイクリング・エコノミー」。 サーキュラーエコノミーの推進を通じて様々な異業種・異分野連携が生まれ、地域のつながりの再構築や、オープンイノベーションにつながることも期待されています。 なぜなら、自然な経済活動を続けることで、知らず知らずのうちに環境負荷を減らし、環境を守る結果へつながっていくという社会が実現可能となるからです。 「ものを造って流通させ、使い終わったらリサイクルするというこれまでの『3R』から、ものの流れが複数になり構図もより複雑な『サーキュラーエコノミー』へと世界はシフトしている。 企業の会議室や自動車、日用品など、現状『働いていない』『使われていない』『空いている資産や天然資源』も含まれます。 サーキュラーエコノミーの実現には、メーカー・小売・回収・リサイクル企業など幅広い業種の連携が必要となるほか、製品回収・リサイクルにおいては消費者の協力も必要となり、業界や立場を超えたあらゆる人々の協働が必要不可欠となります。

>

今、日本企業がサーキュラー・エコノミーを加速させるべき理由

国連が2030年を目標に達成を目指すSDGsとも密接に関わります。 例えば、図では「マテリアル&サーマルリサイクル」の後に「別ループ」を介して、「リサイクル材」等になっています。 (熊沢拓ソーシャルベンチャーキャピタリスト、2016年5月25日)• TAKUMIBAの事例は日本の地方企業のスキルを生かしたサーキュラーエコノミーアプローチだといえます。 では、なぜ従来の経済の原則を破ったサーキュラー・エコノミーが、これからの企業活動にとって利益をもたらすといえるのでしょうか。 伝統的な技術を生かしたサーキュラーエコノミーのアプローチが今後、日本の地方から誕生していくことに期待です。

>

サーキュラーエコノミーとは?日本企業の事例やSDGsとの関連をわかりやすく解説

企業もこれらの需要と共に、SDGsやESG投資に対応するため再生資源の調達に力を入れ始めており、環境・社会への配慮は、今や企業の生存に関わる重要課題といえます。 近年その言葉を聞くことが増えているサーキュラーエコノミー。 通常リファービッシュは環境への影響を減らし、組織が迅速に再販できるため、リサイクルよりも価値がある。 サーキュラーエコノミーが抱える課題 欧州では2015年にサーキュラーエコノミーパッケージが採択されて以降の4年間で様々なプロジェクトが実施され、その結果として様々な課題も明らかになってきています。 サーキュラーエコノミーとは? サーキュラーエコノミーとは、ヨーロッパを中心に発展してきた考え方で、すべての資源を循環させる社会体系のことを言います。

>

一般社団法人日本バルブ工業会

直接のループではなくとも、様々な循環を経て、最終的には一部が自社に返ってくるという流れでも、広くはサーキュラー・エコノミーです。 自然のシステムを再生(Regenerate natural systems) 有限な資源ストックを制御し、再生可能な資源フローの中で収支を合わせることにより、自然資本を保存・増加させる。 そんななか、近年注目を集めているのがサーキュラーエコノミー(循環型経済)です。 ワット氏は、「組織は使用済み材料にアクセスするために、新しい方法で顧客と関わりを持つ必要があります。 同調査では、回答者の24%のみが組織がリファービッシュ(中古品を整備して新品同様の状態にすること)に関与していると述べた。 0%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。

>