延方 ランチ いたこ おふくろ 亭。 道の駅いたこの新鮮市場がリニューアル!お昼はおふくろ亭を要チェック!

おふくろ亭

ジェラート:虹工房で販売しているジェラートやヨーグルトなどの乳製品は、地元産の生乳を贅沢に使用しており、こちらも『虹どら』に負けず劣らず、同店が誇る自慢のご当地グルメだ。 醤油ベースのたれがかかったかつ丼。 お米やお惣菜に地元の食材を使用していて、潮来の味を堪能できるそうなんですよ! それそれ!そういうの食べたいよ~。 また、ご覧のとおり、バニラビーンズ入りなので、風味もよく、しっかりとしたミルク味が口いっぱいに広がる王道のバニラといえるだろう。 当日、提供されたメニューについては、下記一覧表に挙げておくが、料理に使用する野菜のほとんどは、農産物直売所「伊太郎」でも販売しているというので、気になった野菜があれば、直売所に足を運んでみよう。 。

>

茨城県潮来市のGo To Eat対象店舗まとめ

500円で味噌汁付きです。 ソフトクリームとは違うので、巻きはないが、スタッフが器用にこじゃれた形に盛り付けてくれたバニラジェラートは、気持ち舌に絡みつくようなねっとりとした食感で、ミルクのコクも強く、食べ応えがある。 セルフってなんだか楽しいですよね。 10分くらい並んでトレイのある場所までたどり着きました。 ジェラート:潮来市内の遠峰牧場から直送した生乳を贅沢に使用したジェラートは310円(当時)。 小振りではあるが、臭みもなく、ご飯にちょうど良いくらい煮詰められた甘辛ダレと、硬くしまっていない、ふっくら柔らかなさば煮との相性は抜群で、ご飯を運ぶペースが進み、今思えば大盛りにしておくべきだったと後悔してしまうほどであった。

>

お米自慢おふくろ亭

地ビールも飲めます。 酢加減や砂糖&みりんの甘さ加減が私好みで、まさか、俺のかあちゃんがここに! 虹工房は、地元農家の主婦(10数名)らによって結成された〝水郷潮来かあちゃん手むすび〟が運営する農事組合法人で、潮来産コシヒカリを使ったおにぎりや地元産の生乳を使用した手作りジェラートやヨーグルトなど、ご当地感あるグルメを楽しむことができる。 今回は、ごま&おぐら&さつまいもの3商品をチョイスしてみたが、直径8cmほどのぷっくりとしたどら焼きは、絶賛するほどのウマさではないが、餡の量も申し分なく、いい意味で普通にウマい(さつまいもも風味は良いが、新商品のごまは特に香りもよく、餡もかなり濃厚)のである。 今度はバスを降りたらダッシュでこちらに向かい、いろんなお惣菜を食べてみたいです。 ご飯は潮来産コシヒカリ、オカズは農作物直売所「伊太郎」でも販売している地場野菜を使用するなど、極力、地産地消をモットーとした、ご当地グルメが食べられる飲食店であることにこだわりをもっているようだ。

>

道の駅いたこ|飲食案内とご当地グルメ試食レポ

筑前煮(ごぼう、人参、こんにゃく、鶏肉、しいたけ)も、いい意味で、しっかりと味の染み込んだ家庭の味を再現しており、変に必要以上に甘く煮詰められていないのが嬉しい!ただ、一点欲を言えば、人参が少し煮詰まっており、柔らかくなりすぎてしまっていた。 すべてのオカズにいえることだが、どれも見た目のゴージャス感はないが、普段、家庭で食べなれている料理ばかりなので、ご飯が進む。 でも、数が限られているので、かなり寂しい棚になっていました。 Sponsored Links 道の駅ってホントにその土地の特色が現れていますが、このいたこの道の駅の印象としては 「なんか、お弁当やお惣菜が充実してるっ」ってことでした。 むちゃくちゃおいしかった! 特に上にのっている干し椎茸がばかうま!! こんなにおいしいと知っていたら、最後に残して、ゆっくりじっくり味わったのに、おバカだから最初に何も考えずにぱくってひとくちで食べちゃったのよね。

>

お米自慢おふくろ亭

でも、旨みも吸った高野豆腐も美味しかったですよ~~!! こんにゃくの煮物なんかもシンプルなんだけど美味しい。 どれもこれもめちゃくちゃ美味しそう。 味の秘密はかあちゃん連中の愛情らしいが、愛情の味と言うのもがあまりに抽象的過ぎて、よくわからない私には、やはり塩気がもう少し欲しいところ!ちなみに、人気があるのは焼きおにぎりらしいので、興味があれば食してみてはいかがだろうか。 なお、同商品は米粉入りの生地がウリで、フワフワ、モチモチ感がたまらないというコメントをよく見かけるが、残念ながら、私にはそのフワ&モッチリ感は感じられなかった。 手作りヨーグルト:同じく遠峰牧場の生乳を使用した乳製品『手作りヨーグルト』は1個(90ml)80円(当時)。 と厨房を二度にしてしまうほどウマいのである。 平日にもかかわらず、ランチタイムに突入すると同時に、店内に客が押し寄せて来る(ちょっと大げさか…)のも分かるような気がした。

>

道の駅いたこの新鮮市場がリニューアル!お昼はおふくろ亭を要チェック!

ちなみに、その内訳は、左上から順に『さば煮付け(230円)』『霞ヶ浦産わかさぎの南蛮漬け(150円)』『筑前煮(150円)』『ご飯&みそ汁セット(250円)』となる。 手むすび:うめ、鮭、とりそぼろ、高菜、葉唐辛子、青唐辛子、こんぶ、わかめ、五目飯• わかさぎもカリッとした食感が楽しめるほど歯ごたえの良い一品で、これだけでも茶碗1杯分のご飯はイケそうである。 同レストランは、市内の主婦グルーブが中心となって発足した料理研究会が母体となっているレストランで、メニューは家庭で食べられているような、いわゆるおふくろの味的なオカズが多いため、豪華さはないが、飽きの来ないメニューが揃っているのが嬉しい。 カフェテラス(屋外)に設置されているテーブル&椅子の一部は、旧レストラン「リコルド」で使用していた家具を使っているのだが、その事実を知る者は少ない。 ジェラート:バニラ、ブルーベリー、ゴマ、チョコ、抹茶 …etc. しかし、しっとりとした気持ち弾力のあるしっかりとした生地は、私好みのどら焼きに仕上がっていたので、近所で手に入るものならリピートしたい手頃な和菓子といえるだろう。

>