Asics メタ レーサー。 アシックスのカーボンプレート搭載シューズ「メタレーサー」の先行発売日が 6月12日(金)に決定|走ろう.com

アシックス「メタレーサー」の評価・レビューまとめ|ともらん

だが、テクノロジーをてんこ盛りにしたためか重量が約310g(メンズ27cm)とナイキの1. これは10000mの自己ベスト(28分56秒32)とほぼ同じペースで2倍以上の距離を走り切った計算で、かつて早大の絶対的エースだった渡辺康幸氏(現・住友電工監督)が出したタイム(1時間6分48秒=当時の区間記録)からも17秒しか遅れていない。 1km)を任された太田智樹選手(現・トヨタ自動車)がメタレーサーを着用し、1時間7分05秒(区間6位)の好タイムをマークしている。 近隣にご迷惑がかかるような場合、トラブルなどが発生した場合には販売を中止させていただく場合がございます。 通気性を高めるためにつま先にもマジックベンチレーションという小さな穴が空いており、暑い夏場でも快適に走ることができます。 しかし グライドライドは素材や製法を変えることで、16000円という比較的安価でメタライドのような ランニングエコノミーを手に入れることができます。 日本代表カラーであるサンライズレッドが使われている アシックス初のカーボンプレート内蔵シューズ ガイドソールもトップ用モデルでは初採用 アシックスユーザーにとっては「ようやく出た」というのが本音だろう。

>

アシックスのカーボンプレート搭載シューズ「メタレーサー」の先行発売日が 6月12日(金)に決定|走ろう.com

0cmで190gですので、アシックスの薄底モデルに比べると重いです。 しかし、数年前から ナイキの『厚さは速さだ』というコンセプトで発表された厚底シューズというものがランニングシューズ業界を一新させました。 200gを切る軽さはレース向き。 それを実現しているのはこのアッパー素材です。 アッパー(甲被)は、軽量素材を使用したENGINEERED MESH(エンジニアードメッシュ)を採用し、シューズの中に空気が流れ込みやすく、かつ排出しやすいよう独自に設計され、優れた通気性により快適さが向上しています。 まず、つま先に穴を開けて空気を取り込めるようにした。 以下はあくまでも僕個人の見解です。

>

「アシックス」がカーボンプレート内蔵の新モデル“メタレーサー”発売 「ナイキ」「アディダス」に対抗

他のカーボンプレート搭載シューズよりも安定性も確保できます。 ・商品不備などで交換ご希望の際、 交換可能な在庫がない場合は「ご返金対応」とさせていただきます。 かなり派手で街中でも目立ちます(笑)。 ランニングシューズにしては正直高額なメタライドでしたが、ランニングコストパフォーマンスで考えると、安めのシューズを買うのよりも 断然お得なのを身にしみて感じています。 以下記事は実際にメタレーサーで40㎞走した時の記事です。 リンク まとめ メタレーサーは、足首周りの負担を軽減し、エネルギーの消費を抑えることをコンセプトに作られたシューズです。 気になる値段は2万円+税だからレース用としてはお手頃と言えるだろう。

>

アシックスのカーボン厚底シューズ「メタレーサー」レビュー

ヒールカウンターの固定性は他のメーカーの追随を許さないレベル。 抜群の通気性とグリップ 何といっても、このシューズの特徴は圧倒的な通気性の高さでしょう。 いい意味で予想を上回ってくるシューズだ。 気になる方は実際に試着されてみるといいでしょう。 アシックスユーザーには特にオススメ! 何といってももう1つ良いところは、 アシックスらしい安定した走りは健在だということです。 このシューズが良いなと思ったら 是非お近くのショップに試し履きに行って下さい! 足の大きさや長さ、感覚などは十人十色 実際に履いてみないとわからないことがたくさんあります。 ・アシックスオンラインストアでのご購入手続き時、カート投入時点では在庫は確約されておらず、注文完了時に在庫が確保されますこと予めご了承ください。

>

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! アシックスの「METARACER(メタレーサー)」

爪先の部分はアウターソールが分割されています。 また、普段は足幅のあるワイドタイプ(2E・4E)を選びますが、メタレーサーは通常タイプでも横幅に余裕がありました。 長い距離を走りたいという実力派もこれから走り始めます。 アシックスの厚底シューズ アシックスが新テクノロジーとして 2019年に発売したシューズ【メタライド】 より少ない力で、より長く走ることをコンセプトにした、様々なランナーに向けられたシューズです。 このシューズに関しても詳しい情報が出てき次第、お伝えできればと思います。 参照: また、2020年の令和最初の箱根駅伝では、なんと 80%以上のランナーがナイキの厚底を履いていました。

>

アシックス初のカーボン入りシューズは他とは全然違う! asics メタレーサー【レビュー】

他にも「」に関連する記事がおすすめです! 「ランニングシューズ」の最新記事 今読まれている記事 「ともらん」について マラソンブロガーの「とも」が、最新のランニングシューズやガジェット、大会レポートや旅ランについて発信するブログです。 私はレースで厚手の靴下を履くことを想定しているので、いつものターサーと同じサイズで購入しましたが、若干大きいかなという印象ですが、違和感はありません。 まとめ 以上、アシックスのレース用ランニングシューズ「メタレーサー(METARACER)」をレビューしました。 カーボンプレート内蔵で「メタライド」の進化版シューズ 今回購入した、アシックスのメタレーサーは、「メタライド」の進化版と言う位置づけです。 メタライドの外観 これまでのアシックスシューズと比べても ソールの厚さは全然違います。 アッパーやアウトソールにはアシックスの最新技術が投入されており、足当たりは抜群。 販売にあたって店舗開店時より先着順でのご案内となります。

>

「アシックス」がカーボンプレート内蔵の新モデル“メタレーサー”発売 「ナイキ」「アディダス」に対抗

50キロ使用 見ていただけたらわかるように、驚くべき耐久力でした。 カーボンプレート内蔵でも反発が強すぎるシューズだと、インターバルトレーニングやレペテーションなどでは、不安がありました。 アシックスオンラインストアでは、OneASICSにログインいただいてのご購入手続きが必要です。 メタライドは気になるが、足に合うかわからないし、正直価格が価格なだけに手が出しにくい。 「METASPRINT(メタスプリント)」 ・ご予約とお取り置きは不可、ご来店店舗のみで先着順の販売となります ・先行販売期間以降も当日お一人様一足のご購入とさせていただきます。 その名も メタレーサー(仮) これまで紹介させていただいたメタライド・グライドライドは共にレース用ではないのですが、 今回リークされているのはレース用とされており、駅伝での使用が確認されています。 この頃に履いていたからこそ、 『ターサージール』に変わったとき薄底化を感じてしまいました。

>

アシックス初のカーボン入りシューズは他とは全然違う! asics メタレーサー【レビュー】

厚底シューズとして「守られてる。 こうしたこだわりがシューズメーカートップクラスの足入れの良さを実現するのでしょう。 凸凹の少ない見た目とは裏腹にグリップ力は高い 厚底シューズにありがちな反発のタイムラグがほとんどないのも特徴だ。 その際、顔写真付きの身分証(コピー、期限切れ不可)の提示へのご協力をお願いします。 メタライド、グライドライドではソールに大きな溝が刻まれているのがポイントだったが、メタレーサーにはそれがない。 通気性・通水性に優れた構造• 混雑時にはお並びいただく場合もございます。 アシックスのあの自然でしなやかな反発が好きな人にとってはかなりお勧めです。

>