チンギス アラ ゾフ。 K-1王者チンギス・アラゾフが負傷で王座返上「必ず戻ってくる」/ファイト/デイリースポーツ online

アラゾフがK1タイトル返上 ケガで3月大会欠場

1回戦でリチャード・バーンヒル(イングランド)を1RKOで下すと、続く決勝戦も、ロエル・リンク(オランダ)を1RKOで下して優勝した。 BLADE FIGHTING CHAMPIONSHIP(消滅) 2014年にRISE、REBELS、ビッグバンの3団体合同で開催を発表。 しかし選手層の厚さではK-1より大きく劣る印象。 今後は世界タイトルの設立を予定しているため、海外ガチ勢の参戦に期待。 少しでもK-1人気が拡大することを願う。 骨折した状態での決勝ではと対戦。 魔裟斗でさえ、通算の成績では6回ほど負けているはず。

>

K-1王者チンギス・アラゾフが負傷で王座返上「必ず戻ってくる」/ファイト/デイリースポーツ online

大相撲 [12月4日 20:40]• 大相撲 [11月30日 19:35]• ベラトール(Bellator Kickboxing) もともとはアメリカのMMA(総合格闘技)団体だったが、2016年からキックボクシング界にも参入。 3Rに左フックでダウンを奪われKO負け。 ボクシング 永野祐樹が王座返り咲きへ「長所を伸ばしてきた」 []• こんにちは、毎年のk-1王者を予想するのが楽しみなイガイガです。 チンギスアラゾフ(2017年)• プロレス [12月3日 12:26]• ちなみにGLORYで世界一に輝いた日本人は、全階級を含めて久保優太のみ。 試合中に重心のブレが全くなく、 綺麗でスムーズな打撃を繰り返します。

>

アラゾフの試合や入場曲、wiki的プロフィールを紹介!ペトロシアン、グレゴリアン戦も【K

ボクシング [12月3日 22:23]• 脚注 [ ]. また王者ウェイ・ルイは挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレックと激しく打ち合って防衛に成功。 Janus Fight Night 2007 tournament 優勝(2007年11月24日)• しかし大会翌日の精密検査で右拳(右第二中手骨骨間部)を骨折していると診断を受け、魔裟斗との対戦は実現しなかった。 何を隠そう、チンギス・アラゾフが新生K-1王者になった時に僕が思ったことは・・・ 「ペトロシアンと戦ってほしいなぁ」 でした。 K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチにおいて、アラゾフはの挑戦を受けた。 言い回し的に、城戸は木村を疑ってると予想。 その瞬間のためだけに、選手は人生を賭けている。

>

ゲーオは「K'FESTA.2」への出場は見送り、チンギス・アラゾフは両者合意のうえで王座返上「必ず皆さんの前に戻ってくることを約束する」(アラゾフ)

アラゾフに完敗した中島にしても出場した日本人で唯一の20代。 実際のところ、魔裟斗さん自身が 「ペトロシアンとは戦いたくない」と以前から言っており、引退試合にペトロシアンを指名したのも 「ペトロシアンが王者になったから仕方がない」という感じでした。 瞬発力があがる。 阪本 勇 Sakamoto Isamuさん sakurasou103 がシェアした投稿 — 2018年 2月月12日午後8時02分PST 第3位には 『ムエタイ大魔神』 こと ゴンナパー・ウィラサクレック 選手です。 2013年12月14日、Victoryでマラット・グレゴリアンと対戦し判定負け。 3月21日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA. では、城戸康裕選手の過去の対戦相手で負け帰した相手選手を洗い出していきます。 1月23日に、タイのでノンタナン・ポー. 昔のヘビー級全盛期の頃の、旧k-1はハイキックが一つの代名詞みたいになっておりピーター・アーツのハイキックが栄養ドリンク剤のCMになっていたりもしましたね。

>

【乱立】国内・海外のキックボクシング団体の一覧【まとめ】

双方とも間違いなく70kg級の世界クラスであり、今のK-1では見られないレベルの試合である。 決勝でに判定勝ち。 さてさて、ところで皆さん、 キックボクシングの団体ってどの位あるかご存知ですか? そう・・・この業界の一番大きな問題として、非常に競技人口が少ないマイナースポーツの割に団体が乱立しているんですよ。 しかし身長が高い選手特有の小回りの無さを感じさせずに、スピード感あふれる連打をまとめてきたりもします。 大相撲 [11月30日 19:05]• 【結果】アラゾフ対ペトロシアンはペトロシアンの判定勝利 最も気になるアラゾフ対ペトロシアンの試合結果は、ペトロシアンの判定勝利で幕を閉じた。

>

Wikizero

『 神の目』と称されるほど相手の攻撃を完璧に見切る防御技術の高さと頭脳的な戦いぶりで相手を完封する闘いぶりから「 ザ・ドクター」の異名を持ち、から「誰と対戦したくないかって言ったらペトロシアン」と恐れられ 、当時のK-1プロデューサーから「穴無し」と評された。 城戸だけではない。 なおこの試合で右手甲を骨折するもドクターストップを回避するために隠していたと後に判明。 そのまま「ぶりんふう」って読んだりもする。 70キロは、初代王者グレゴリアンが一度も防衛せずにタイトルを返上する不運も重なり、なかなか盛り上がらなかったが、今年は日菜太が参戦し、Krush70㎏王者ピケオーやダルベックといった日本にもおなじの外国人スター選手が揃い、そして今回の世界的なビッグネーム、アラゾフの参戦によって、ようやく盛り上がるための駒が揃ったように思う。 結局不正行為を行った対戦相手の選手が一番の被害者ですよね。 World version W5 ロシアの団体。

>

ゲーオは「K'FESTA.2」への出場は見送り、チンギス・アラゾフは両者合意のうえで王座返上「必ず皆さんの前に戻ってくることを約束する」(アラゾフ)

もともとは空手の協会で、WKAはWorld Karate Association の略。 11月23日、Glory 12: New Yorkでと対戦。 ルンピニーやラジャダムナンの王者クラスを平気で呼ぶ。 史上唯一のK-1 MAX連覇、K-1、GLORY、ONEのキックボクシング三冠王を達成するなど約20年間70kg級の世界トップに君臨し、キックボクシングの最強と評される。 夢の対決にもかかわらず日本では放送されていないようで、リアルタイムで観ることは叶わず、動画としても配信されていないので映像を観ることはできなかった。 実弟のもキックボクサーである。 日本勢はすぐにでも顔を上げて「打倒アラゾフ」に向けて動き出すべきだ。

>