横山 令奈 バイオリン。 横山令奈(れな)さんが演奏した曲名(タイトル)は?イタリア病院の屋上で他にも弾いた曲も。|ぐぐみた

「祈りのバイオリン」横山令奈が来年1月に日本公演

2010年にはフィレンツェ・クレシェンド国際コンクールソロの部で1位を受賞し、イタリアや欧州内外やアメリカなど世界中で演奏し好評を得ました。 プロフィール 名前:横山令奈(よこやま れな) 生年月日:1987年4月9日 出身地:大阪府箕面市 横山令奈さんは、両親の指導のもと、7歳よりヴァイオリンを始めた。 ご両親もお喜びですね。 クレモナにある「バイオリン博物館」で、数億円の価値がある展示楽器の音色を訪問者に聴いてもらう演奏会で、演奏を任されている。 素敵です。

>

横山令奈 バイオリニスト演奏に感動!病院の屋上からの映像はこちら!

427(2017年6月25日)「イタリア・クレモナ」• 二才下の妹は、バイオリニストの横山亜美さん、両親の後を継いで姉妹ともバイオリニストになったとは、なかなかないことですね。 トラッツオでの演奏、病院屋上コンサートの映像の反響が届いたとき、自分がやったことは間違いではなかったと確信しました。 まだまだ感染収束の見通しはつかないが、人類がこのウイルスに打ち勝つことを祈ります。 しかし、なぜ横山令奈さんは病院の屋上でバイオリンの演奏をすることになったのでしょうか。 クレモナでは新型コロナウイルス感染者がとても多く、だからこそ少しでも癒しになればと演奏したようです。 とても感動的な演奏ですね。

>

横山令奈(バイオリン)のクレモナ病院屋上の演奏動画に医療従事者が癒される|カユテガ

本当に光栄なことです。 この音色がコロナウィルスと闘っているすべての患者さんに届くといいな。 2012年に結成された『Trio Kanon』というグループの一員で、この公式サイトによれば以下のような経歴が記載されています。 こちらも心に響く動画ですね。 マイナスなことを考えてもきりがないが、生の音楽が人の心に響き、少しでも勇気を持ってもらえたらうれしい」と話した。 でも意外とそれが一般的な感覚ではないと気づいて。 The emotion, the solemnity, the commotion. 新型コロナウイルスと闘う世界中の医療従事者に、感謝の気持ちを👏🏻絵文字で表してツイートしませんか。

>

横山令奈|バイオリン演奏で話題の日本人。妹は父親と母親の家業を継ぐ。

イタリア在住の日本人ヴァイオリニスト・横山令奈さんの演奏です。 室内楽を、シエナ・キジャーナ音楽院にてアレクサンダー・ロンクィッヒ氏、 ノルウェー・トロンハイム室内楽アカデミー、ウィーン ISAアカデミーにてハット・バイエルレ氏(元アルバン・ベルグ四重奏団)に師事。 歌を歌いながら自転車こいでる高校生とかも。 映像で見たのは1つだけだったので、結構沢山演奏してたんですね。 横山さんが16日夕、クレモナで製作された愛用のバイオリンを手に、約30メートルの高さにある病院の屋上に立つと、町のシンボルとなっている高さ112メートルの鐘楼が夕日を受けて浮かび上がった。 クレモナのシンボル、歴史的建物、トラッツォ 塔 の屋上からの演奏。

>

横山令奈|バイオリン演奏で話題の日本人。妹は父親と母親の家業を継ぐ。

それは病院からリクエストをいただき、赤いドレスを着て演奏してくれないかとお声がけをいただいたからとご本人が言っていました。 2012年より イタリア人の恋人でピアニストのディエゴさんとアレッサンドロさん(チェロ)と共に「トリオカノン」という音楽グループを結成。 トラッツオでは寒さの問題がありました。 だって、まさか自分がミステリーハンターをやることになるなんて、想像できないじゃないですか(笑)。 横山令奈さん バイオリニスト 『イタリア・クレモナの病院屋上でのヴァイオリン演奏に関する、当地の新聞報道、アートの広がり』 クレモナマッジョーレ病院からの公式の御礼、そして病院で働いている方々の演奏への感想が記事としてクレモナの新聞に載っていました。

>

横山令奈(バイオリニスト)の両親(父母)は?結婚相手の夫はイタリア人?

イタリアを中心としたヨーロッパで数々の音楽祭で演奏し、好評を得ます。 誕生日は不明。 横山令奈さんはそんな医療関係者や患者さんの気持ちを受け止め、そして美しい演奏で答えてくれました。 感動の演奏でした。 新型コロナウイルス患者への治療の最前線となっている病院の依頼で、日本人バイオリニスト横山令奈さん(33)が病院の屋上から演奏した。

>