つるや ももこ。 楽天ブックス: マーケット日和

楽天ブックス: Body Journey

まだ買ってないのだが、書影の帯に、「すこやかに生きるってなんだろう?」とある。 いつあっても、かわいい、青春はつらつという感じのももちゃんがいた。 おしゃべりしながらすすむ、というのが大事なんだな。 内容説明 すこやかに生きるってなんだろう?整体、ロミロミ、アロマ、フラワーレメディ、アーユルヴェーダ…からだをめぐる旅と出会いの記録。 土地の元気がぎゅっとつまった24のマーケットをご紹介。 それは、未来への希望の兆しであり、幸せの予感です。 ウェブストアに3冊在庫がございます。

>

突然、つるやももこさんの訃報。: ザ大衆食つまみぐい

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 売り手と買い手の見えないパワーにひきよせられふたりフラフラ、北へ南へ、東へ西へ。 こんど北浦和で飲もう、ということになったりした。 そういえば、通院のとき以外は、電車に乗ってないし、東大宮から出てない。 年を重ねると思うように身体が動かなかったり、「手あて」という言葉について思いをめぐらす機会が増えます。 1992年退社後、個展を中心に画家としての活動を始める。 というわけで、入れ歯を完全にしておかないと、噛み合わせが悪く顎の骨に傷がつく可能性があるといわれたが、検査の結論としては、注射をするに差支えはないとのこと。 そういう症状は、まったくない。

>

BODY JOURNEY / つるや ももこ【著】

2006年より、フリーランスとして「旅とひと」をテーマに、雑誌、広告等で執筆、冊子の編集に携わる。 そしてなんと、うちにもありました。 【内容情報】(出版社より) すこやかに生きるってなんだろう? 親しい人たちの病や死を経て、自分自身のこころとからだを知る大切さに気付いた著者。 おれが「前回も数値高かったですよね」というと、主治医は「これですよ」とプリントアウトされた数値の表を見せて、肝臓機能に関する数値のところをシャープペンで印をつける。 すこやかそのものだった。 (大谷さんは、おれが『雲のうえ』5号「食堂特集」で文を担当したときの編集委員だった) それから何度かあう機会があり、話しているうちに、ももちゃんの実家は、おれがいまの東大宮に引っ越す前に住んでいた北浦和の、おれが毎日のように通っていた道の途中だということがわかり、北浦和ネタで盛り上がった。

>

突然、つるやももこさんの訃報。: ザ大衆食つまみぐい

著書に『僕は、太陽をのむ』(港の人)、『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)。 しかし、身近な人の死やまだお別れするには早い人とのさようならから、好奇心の矢印が自身の内側へとむかっていることに気づきました。 本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。 いつも「青春はつらつ」だなあと思っていた。 肌荒れや傷などに効果が望め、抗炎症作用もあると聞いたので、湿疹が出たときにもお世話になった(医薬品ではないです)。 (言葉の代わり;感応するからだ;猫が教えてくれた自然療法 ほか) 第2章 自然が教えてくれること。

>

BODY JOURNEY / つるや ももこ【著】

第35回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。 ただし、場所・地域により、多少配布日が遅れますのでご了承ください。 旅のはじまり 第1章 からだの旅に出る。 その彼らから学んだ考えや施術家としての物語を書くことで、だれかが自分の内側へ目を向けるお手伝いができればいいな、と思う。 彼女が編集委員をやっていた、北九州市の『雲のうえ』32号(最新号「すし特集」)は、2月28日の発行で、編集に彼女の名があるし、文も2本書いている。

>

Hōʻailona

その抑制に効果のある注射を追加したいのだが、虫歯があったり顎の骨に傷があったりすると「口腔崩壊」を起こすからと、なにやらおそろしそうなことをいわれ、この検査になった。 主な装丁・挿絵に『海外個人旅行マル得マニュアル』(山下マヌー/小学館)、雑誌『暮しの手帖』 (2000-2003年)、『かもめ食堂』(群ようこ/幻冬舎)「ナニカアル」(桐野夏生/週間新潮)、『もう一杯!』(大竹聡/産業編集センター)。 2週間後の30日に再検査ということになった。 冬の間に縮まっていたからだが徐々に緩み、解放を始めます。 この本では、それを否定するのではなく、まさに補完という意味で、医者に駆け込む前に、傍らに寄り添ってくれる知恵を伝えられたらいいな、と思って書き進めました。 ももちゃんの「パートナー」は、年齢のひらきが、おれと相方のひらきと同じぐらいなので、年の離れた夫婦ってどんなんか、という話をしていた。

>