メガ 粒子 砲。 アプサラスIII

ミノフスキー粒子

三沢典丈 「アニメ大国の肖像 76 『脚本家 松崎健一さん(その2)』」 東京新聞 2007年6月7日夕刊、中日新聞東京本社、2007年。 なお、この防御姿勢が設計段階から想定されていたかは不明とされる。 アプサラスの完成型でもある。 超解釈でこの光こそがレーザーを減衰させない何らかのカラクリと考えるのもアリと思ってます。 更に、弾道の直進性能の高さに加え高熱源エネルギーであるメガ粒子を発射するので、強烈な貫通力と溶解力により実弾兵器を遥かに凌駕する破壊力を持ちます。 『機動戦士ガンダム0083』ではIフィールドを発生させる『Iフィールド・ジェネレーター』が登場したが、小型化できずエネルギーの消費が激しいためやなどの大型機にのみ搭載できるという設定により、主人公機とライバル機のみが有する特殊装備という側面が強調されている。 脚注 [ ]• 亜で一撃必殺の破壊を有するため、まさににとっての脅威そのもの。

>

荷電粒子砲

2k件のビュー 2019年10月7日 に投稿された• これは第1. J-POP• 搭載MS• ただし、映像作品では実体弾とほぼ同等の速度で描写されており、レーザーよりも弾速に劣るとする資料もある。 また、地上に照射すればその部分から凄まじい後追いの爆発を発生させ、地形ごと目標を吹き飛ばすほどの破壊力を発揮するなど、対地範囲攻撃にも対応している。 (拡散しやすいので、 13万㎞進むことは絶対にありませんが…) よって、射程距離は、 状況によって全く異なる数値になるので、 なるべく近くで撃った方がいいことは確かです! ガンダム 水中でのメガ粒子砲 ここでも「メガ粒子砲」=光と考えます。 しかしあれは、おそらく「地表の」都市部や軍事施設を狙う物だったのでしょう。 また、粒子の持つ効果だけでなく、発見者「トレノフ・Y・ミノフスキー博士」という設定が作られ、彼の略歴やその研究についての時系列も後付けで設定されており 、年表等の各種「機動戦士ガンダム」関連資料で確認できる。 結局、艦長のサポート性能に優れるかに席を譲りがち。 #アプサラス アーガマのハイメガ粒子砲が「コロニーレーザーの25%の威力」と言われています。

>

クィン・マンサ・セプテット

天元突破したり真化融合したりするジュアッグ…想像してみるとすごいシュールな絵面だw -- 名無しさん 2016-01-05 23:10:56• 単独作品 [ ] アーガマとラー・カイラムのつなぎ。 さらに重力下であれば、鉛直方向から回転軸を傾けることによって若干の推進効果を得られることも確認される。 目標を爆発する前に瞬時に蒸発させるほどの威力と出力を誇る。 MIDI• ただし、のカテゴリがメイン・サブ・機体とでバラバラである。 収束率と射程は砲身の長さに影響を受け、基本的には長砲身の機器の方が威力を高め易い。 それではこの辺で失礼します。

>

ネェル・アーガマ

シナリオ「オペレーション・レコンキスタ」にて護衛対象のとして登場。 富野由悠季『』第2巻、角川書店、1989年8月1日。 やなどに採用されている設定で、これらの機体の腕部や脚部などは内部に駆動のための機構が無く、Iフィールドによって外側から操り人形のように駆動する。 これにより、熱核反応の出力の大幅な向上(出力レベルの可変化)とさらなる小型化が実現した。 胸部メガ粒子砲 胸部に2門内蔵されているメガ粒子砲。 このとき、ユニットそのものを物理的に傾けるのではなく、ビーム形成時にバイアスをかけて斥力を偏在させることで、機体は連続的に作られる立方格子の上を同じ高さで滑り落ち続けることになる。 で戦う一機のみ登場。

>

メガ粒子砲

オルゴール• 動力源はサイド3等からかき集めた太陽電池パネルのマイクロ波送電。 例えるなら、 2人の兄弟が、 暗いとことで遊んでいると、 シルエットしか見えなくなって、 見た目の区別がつかなくなるみたいなことです) つまり、ミノフスキー粒子がくっつくと、 とんでもないエネルギーになるということですね! この、とんでもないエネルギーが 「メガ粒子」と言われているものです。 キャラクター• ビーム兵器 [ ] 劇中で強力な武器として用いられていたビームライフル、メガ粒子砲、ビームサーベルといった各種ビーム兵器について、すべてがミノフスキー粒子由来のビームを使用しているものとされた(この設定を採用していない作品もある)。 等の物と同型。 距離が遠すぎて、拡散する上に、さらに「大気」で大幅にエネルギーを消費します。 劇中では「一か八か急所を狙う」、「猛攻をかいくぐってバリアーの内側に飛び込んで攻撃する」、「自機が自損するほどの過負荷をかけた必死必殺の一撃を仕掛ける」など、ストーリーを盛り上げるクライマックスの演出のために多用されるギミックである。 アンビエント• 3、バンダイ、1993年9月20日。

>

ガンダム:RG ジオングの豪華セット メガ粒子砲発射 ラストシューティング再現

関連項目 その他装備機 関連記事 親記事 pixivision• 以後も補給線の確保のために合流はせず、のリーダー格であるが艦長代理に任命された。 ) 「戦いは数だよ!」って言ってる人もいるし、火力はもちろん重要ですが、味方との連携も重要になっきますしね。 のと繰り出す主役機とラスボス機の合体攻撃。 その最大出力は50MW。 ヒップポップ• 小説版ではこの拡散メガ粒子砲こそがギニアスがアプサラスに拘った理由とされる。 史上初となるビームライフル標準採用の「」のジェネレーターは、陸両用機のジェネレーターが開発とされる。 実は完成の時期が遅れた事などが理由となり、上層部からの量産の正式な認可は下りていない。

>

荷電粒子砲

アルゴリズムの関係でのユニットには真っ先に狙われることが多い。 番組終了後、スタジオぬえ関連人物やが参加した同人誌『GUNSIGHT』で発表されたものが現在の設定につながっており、ここで「Iフィールド」や「ミノフスキークラフト」といった、通信障害以外の効果がSF的に解説された。 装点は• 終盤でのエネルギーでムゲの宇宙に向かう。 なので、水中で「メガ粒子砲」は 役に立ちにくいことが分かります。 ミノフスキー・コントロール [ ] 『機動戦士Vガンダム』で設定された。 照らし出された対象は圧倒的な熱量で焼かれる形になる。 また、メガ粒子砲は重金属の粒子を磁気で加速させて発射する荷電粒子砲であり、ビーム・ライフルはそれを小型化したものと設定されていた。

>

アプサラスIII

ミノフスキー粒子に静電入力することで整列させ(前述のIフィールド)、その反発場 により物体を浮上させる力を得る。 これがミノフスキー干渉波と呼ばれており、電波障害の度合いを元にこれを検出分析し、物体の位置や大きさを判別するのがMPIWS(Minovsky-Particles Interference-Wave Searcher、ミノフスキー干渉波形分析逆探知システム)という技術が設定された。 カイラスギリーでさえ、熱エネルギーだけでは、地下のジャブロー破壊はまず無理でしょう。 では腹部にも追加装備された。 一方で、ミノフスキー・クラフトより高高度まで飛行できるとする資料もある。 生演奏• 『機動戦士Vガンダム』や『ガンダム Gのレコンギスタ』では、単独のMSでも散布している描写が見られる。 一方でこの改良型炉が破壊されると、最悪の場合 核爆発を起こす危険性が生じることとなった。

>