昭恵 夫人 大麻。 安倍昭恵夫人は大麻解禁論者?逮捕された友人との関係は?|TK HOTLINE

首相夫人の大麻についての発言に関する質問主意書

まず、昭恵夫人は2015年7月3日、自身のFacebookで〈鳥取県智頭町。 安倍昭恵さんには安倍晋三首相のファーストレディとして言動には気を付けてもらいたいですね。 田口淳之介も「大麻を使い始めたのは10年前」と供述。 きっと他にもあるのではないかと疑われても仕方がありませんね。 安倍昭恵さんも大麻やってるんじゃないの?と思ってしまう。

>

伊勢谷友介、安倍晋三前首相の妻昭恵婦人と大麻繋がり?田口淳之介も!

その反論を国会で安倍首相は、「公園ではなく、レストランの敷地内」だとして、花見ではないと弁論しました。 当時、非営利団体「いのちの環」を主宰していた。 そして『昭恵さんでも大麻を…』などと首相夫人を引き合いに出す。 — 渡部 深雪 mipom11 Twitterより引用 確かに親密ですね。 同誌では、2015年7月に昭恵夫人が鳥取県智頭町にあった大麻畑を訪れた際、伊勢谷容疑者は自身のラジオ番組で、その畑を取り上げ「(大麻は)まさに誤解されきった植物ではないでしょうか」と発言したことを掲載(大麻畑の栽培者は16年10月に大麻取締法違反容疑で逮捕)。

>

伊勢谷友介、安倍晋三前首相の妻昭恵婦人と大麻繋がり?田口淳之介も!

おかしいい。 ココアちゃんのお誕生日を記念した「ご注文はうさぎですか?? ココア バースデーセット」 オリジナルマグカップと森永ココア、inゼリー6点の豪華詰合せ。 今回は、「大麻」がどれほど危険であるかご紹介するとともに、だれが日本で危険な大麻を広めようとしているのかを、詳しくご紹介します。 そして、今回、元KAT-TUN 田口淳之介と、安倍昭恵の接点が取り上げられ、こんなところにまで登場するのだ、とビックリしました。 《いまは大麻に興味があるんです。 日本在来の大麻は、THC テトラヒドロカンナビノール という、神経に作用し、興奮、陶酔、幻覚を引き起こす物質の含有率が低いと考えられていますが、「毒」とする記録が残っています。

>

「安倍昭恵」は日本の「大麻闇ルート」における中核的存在です。

〝アッキー〟は、いいように利用されていたのかもしれない。 左「小池ゆりこ オフィシャルサイト」/右「安倍昭恵オフィシャルサイト」より 昨日発売の「週刊現代」(講談社)11月12日号のトップ特集に小池百合子氏と安倍昭恵氏の対談記事が掲載されていた。 — mipoko mipoko611 安倍昭恵夫人、コロナ自粛下で手越祐也らとお花見…反社勢力と関係深い人物も出席か の一部週刊誌の記事に 安倍首相 「都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行った事実はない」と反論した。 しかし、日本人のモラルをさらに低下させる危機が迫っています。 その日は、米国や北欧、中国など、世界各国から慢性痛診療に取り組む医師や研究者が集まり、最新の研究成果や、かなり後れをとっている日本の現状等について報告がなされ、主催者側からの「最後に、ご意見やご質問はありませんか」との呼びかけに対して、安倍氏が手を挙げたのだった。

>

ファーストレディ卒業で心配されるアッキーの“大麻人脈”(SmartFLASH)

。 もうひとつは「祈祷用」。 「昭恵さんは、感じる人なんです。 悪魔を拝む宗教には欠かせないものです。 昭恵夫人としては、まさか同容疑者が大麻を使用しているとは思っていなかっただろうが、結果的には、まるで〝免罪符〟を与えるようなことになってしまったわけだ。

>

安倍昭恵氏、心配される「大麻人脈」?大麻解禁論者と交流か

昭恵夫人の大麻擁護発言が国会で取り上げられたのは、その直後だった。 医療のための大麻などなく、犯罪にかかわる大麻と全く同じ成分が含まれています」 と説明した。 この時、昭恵夫人は 高樹さんのやっていたことは素晴らしい。 昭恵夫人の母方の曽祖父は、森永太一郎さんと言われており、実は「森永製菓」の創業者です。 私自身も大麻栽培の免許を取ろうかと考えたほどです》 (ともに『週刊SPA!』2015年12月15日号) さらに『週刊現代』(2016年11月12日号)では、小池百合子東京都知事との対談でこうまで述べている。

>