南京 町 最寄り 駅。 神戸の中華街・南京町で食べ歩きやランチができるグルメ店おすすめ9選!|じゃらんニュース

神戸 南京町の最寄駅は?中華街への行き方 電車と徒歩でのアクセスの紹介

ガイドブックにも載ってないことがあって面白かったね! JR神戸線の場合 JR神戸線で南京町へ行くには、三ノ宮駅で降りずにそのまま最寄り駅である元町駅で下車してください。 何駅?出口は? 南京町への電車でのアクセス方法を紹介します。 三宮から南京町まで歩いて15分ほどです。 創業から60年以上愛され続けてきた老舗店のおすすめメニューは、広島より仕入れたカキエキスで作った自家製オイスターソースを使った「叉焼と海老のあえそば」。 中でもトロトロの杏仁豆腐の上に、台湾独特のフルーツ「愛玉子(クワ科イチジク属)」の種から作られるプリプリの愛玉ゼリーとブラックタピオカがたっぷり載った「愛玉ゼリーとタピオカ」は、1つで3つの味と食感を味わうことができるおすすめ商品です! さらに、2階にあるカフェスペースでは、お茶と月餅などのお茶菓子がセットになった蓋碗セット(750円・税込)や、工芸茶セット(750円・税込)をゆっくりと楽しむことができます。 街を歩けばあちこちから食欲をそそる美味しそうな香りが漂ってきて食べずにはいられないはず! 今回は、食べ歩きやランチにおすすめのお店を厳選してご紹介します!異国情緒あふれる街並みを散策しながら、色々と食べ歩きを楽しんでみませんか? 「食べ歩き」はしても「歩き食べ」はNG お店を紹介する前に、ひとつだけ注意点。

>

神戸の中華街・南京町で食べ歩きやランチができるグルメ店おすすめ9選!|じゃらんニュース

神戸のメジャーな観光地をほぼ網羅しているので、歩くことなく効率的に観光地を巡ることが出来ます。 散策に疲れた時の休憩にもおすすめですよ。 鯉川筋道路交差点を左に曲がり、元町商店街一番街を歩いていきつきあたりを左に曲がると南京町に到着します。 横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられる、100店舗以上が連なる中華街です。 進んで行くと、信号に出ますがこの横断歩道を渡るとJR元町駅です。 高級和牛として全国的にも有名なブランド牛「神戸牛」を贅沢にも使用した、「皇蘭」オリジナルの肉まん! 神戸牛と淡路産玉葱をすき焼き風味に味付けした中具を、前に紹介した豚まんとは異なる、神戸牛のうまみをより引き立てるように考案された生地で包まれています。

>

【神戸】中華街・南京町でおすすめレストラン12選

シティループバスは普通のバスと違い、切符の販売も兼ねているバスガイドさんが乗車しており、神戸の街をマイクで案内してくれます。 ウインズワールドという旅行代理店があります)、2つめの4つ角(元町商店街。 「黒毛和牛のビーフコロッケ」は、炒めて旨みを引き出された黒毛和牛と、北海道北見市端野町の契約農家から仕入れた男爵いもがベストマッチ!サクサク、ホクホクの食感がたまりません。 一つ目が「旧居留地・大丸前駅」、二つ目が「みなと元町駅」。 電車での行きかたは神戸に来る電車によって変わってきますので、それぞれ説明していきますね。 たくさんの観光客がいるため、中には歩きながらものを食べる「歩き食べ」をする人がいます。

>

南京町 (神戸市)

1.浜側(神戸駅方向に向かって左側、三宮駅方向に向かって右側)に出て、 2.前の道を渡り右折、 3.すぐの信号を左折、 4.1つめの4つ角(元町北通。 阪神電車の場合 阪神電車の場合も同様に三宮ではなく元町駅で下車。 日が暮れて夜になると「長安門」や「あずまや」はライトアップされる。 震災後が停止し厨房も被災した中で、レストランの営業ができなくなった一部の店は、やむを得ず店頭での点心などの軽食テイクアウト販売を、プロパンガスとポリタンクの水を使って再開した。 じゃがいも本来のほっくりとやさしい甘みと黒毛和牛のリッチな旨みと香りをしっかりと感じられ、ソースをつけなくても美味しくいただくことができますよ。 神戸に訪れた際のお土産をゲットするのにも便利ですよ。 1日乗車券はバスの中で購入出来ます。

>

南京町への電車のアクセス方法。何駅のどこの出口で降りたら良い?

100軒以上のお店が立ち並び、美味しい中華グルメを思う存分楽しむことができます。 「チケットスーパー」と「甲南チケット」の間の高架下の道に入ります。 店頭の路上で点心、スイーツ、食材、記念品などを売る店も多く、休日は地元の買い物客や観光客で賑わっています。 数多くの中華料理店や中華食材店、中国雑貨や土産物店などがひしめき、軒先では豚まんや小龍包などがテイクアウト用として販売されています。 地下鉄で三宮まで6分ほどです。

>

【神戸元町・南京町】1000円で大満足!中華街食べ歩きグルメ10選

実際に生活の場でもある横浜中華街と違い、神戸の南京町には居住者は少なく、ほぼ純然たる商業地となっているためである。 職人が1つ1つ心を込めて手作りする本格的な点心の数々を楽しむことができる話題の店。 やなどの華僑関連施設は山手に点在している。 戦後は主に相手の歓楽街として復興したが、その名残もあって退廃化が進み、までは路地の舗装もされず、周辺には船員向けのバーが立ち並び、夜になればが立つようなエリアとなっていた。 南京町へのアクセス:阪急 阪急の場合は三宮または花隈で降ります。 南京町の中央通りは、十字路になっていて中央の広場には「あずまや」、東は「長安門」、西は「西安門」、南は「海栄門」という名前の門があり、北はにつながる。 2.すぐの信号を左折、 3.1つめの4つ角(元町北通。

>