仙台 白い 球体。 宮城の空の白い物体(球体)の正体はなに?気球?UFO?1時間以上動かない…

仙台上空を何時間も浮遊する「謎の白い物体」 その正体は…現時点で不明

バスからも見えました。 また、国土交通省仙台空港事務所によると、航空法に基づく許可の申請はないという。 しかし県では「あくまで内部文書」と説明。 普通はあがっていくはず。 公式に結論づけたものでないことを強調している。

>

仙台上空で見られた白い風船は現在はどこに?飛行物体についてツイッターではUFO情報も!

双眼鏡では気球の下に翼状の物が見えたけど、この写真だとソーラーパネルっぽく見える。 首都圏上空の「横田空域」や中四国上空の「岩国空域」などはよく知られているが、日本が独立を回復した1952年制定の「航空特例法」には、飛行禁止区域をはじめ制限飛行速度や最低高度など日本の航空法上の主要なルールに関し、米軍機、国連軍機にはそれらが適用されないことが明記されている。 宮城や福島で目撃情報!仙台市上空に白い物体 球体 が!地元ラジオやテレビでも報道される 二本松から北の空に、何やら白い物体が。 闇に紛れるでもなく、雲に隠れるでもなく、ただ蒼天にポツンと浮かぶだけの白い物体。 また、この物体の浮遊している高度がわからないため大きさも不明ですが、上空高い所ほど強い西風が吹いているため、半日も本州上空に留まっていることも少し不思議に思われます。 この問題に対し、同県の村井嘉浩知事は6月29日の記者会見で、「気味が悪かった」として危機管理上の問題だとする考えに言及する一方、「今回は危ないものではなさそうだったので、推移を見守った」とも。 宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。

>

仙台上空「謎の白い球体」で危機管理能力の欠如露呈(2020年7月4日)|BIGLOBEニュース

ゆっくり西に移動しています。 引き続き、ミサイル発射など軍事的な動きの活発化が懸念されるなか、周辺で航空兵力などを展開する米軍が、翌17日に不足する気象データを独自に収集しようと動いても全く不自然でない状況だった。 。 そこで筆者は、東京・横田の在日米軍司令部広報部に対し、球状飛行物体と米軍との関連を問い合わせたが、7月3日時点で回答は寄せられていない。 ・当初は人工衛星と思った その写真を撮影したのは、岩手県在住のTwitterユーザー源さん。 国土交通省の仙台空港事務所によりますと、航空機や気球が空港周辺や人が密集している場所で飛行する場合届け出が必要ですが、これまでのところ届け出はないということです。

>

仙台上空で見られた白い風船は現在はどこに?飛行物体についてツイッターではUFO情報も!

これはUFOの概念に当てはまるのではないでしょうか? UFOというと、最近ではカップ焼きそばを連想したり、昨年の社会現象にまでなった鬼滅の刃の制作会社のファンからの呼称であったりと何気に日常に溶け込んでいますが、UFOとは「 unidentified flying object」の略で 未確認飛行物体です。 なにげに、全く動かない対象物を全く動かない状態で撮影するのってすごく難しいんですよね。 上空高ーくまで上昇していくものですので。 球体は一つで、十字状の物をぶら下げているが、空中でほとんど動いておらず、担当者は「観測機器のように見える」と話している。 同文書の内容については全国紙なども報じているが、浮遊高度は3000メートル以上で、白い気球状の物体に、プロペラ2基がついた十字型の部品が付属していたことなどを記録。 県警によると、物体の高度は2000~3000メートル以上とみられるという。

>

仙台上空「謎の白い球体」で危機管理能力の欠如露呈 宮城県、「本命」疑われる在日米軍への確認は「思い至らず」(1/3)

これらのデータが得られなくなったばかりか、観測機材の修理やメンテナンスなどにもコロナの影響が出ていた。 宮城県のケースでは仙台管区気象台などに市民から「あれは何か」とする問い合わせ電話が殺到し、ワイドショーなどでも話題になったが、同様の球状飛行物体は16日、岩手県内でも目撃情報があり、福島地方気象台に地元住民からの問い合わせが相次いでいた。 歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)や脳科学者の茂木健一郎氏(57)ら著名人もツイッターで驚きの声をつぶやいた。 目撃された白い物体は、気象庁が大気観測に用いるラジオゾンデを取り付けた気象観測用気球にも似ていますが、通常の気象観測用気球の飛揚時間は1時間半程度で、この物体のように何時間も空中に留まることはありません。 どれだけの高度で浮いているのかもまだ分かりませんが、それ以上に目的が気になりますね。

>

[画像・動画]仙台上空に謎の飛行物体微動だにしない白い点なに?

国土交通省仙台空港事務所によると、航空法に基づく申請や報告はなかったという。 担当者は正体を探るため仙台空港、陸上自衛隊、気球を使用する民間団体など各所に連絡したというが、どこも「何も分からない」と困惑していたという。 国内各所に問い合わせはしたものの・・・ 電話取材に応じた宮城県危機対策課の担当者によると、6月17日午前8時20分、仙台市危機管理室からの照会を受けてこの球状物体の存在を把握し、危機対策課が宮城県警をはじめ、陸上自衛隊や、第2管区海上保安本部、国土交通省仙台空港事務所、仙台管区気象台、国土地理院、東北大などの研究機関に問い合わせたという。 白い物体は、上空で動きもせず一定の位置をキープしながら浮かんでいるようで、 白い物体の正体が気になる人が続出しています。 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、仙台市上空で17日に浮いていた正体不明の白い球体について、記者団から「現在も監視できているのか、見失ったのか」と問われ、「現時点において我が国上空では確認されていない」と述べた。

>

[画像・動画]仙台上空に謎の飛行物体微動だにしない白い点なに?

白い球体の部分については、かなり似ているというか同じに見えるのは私だけでしょうか? いずれ正体が分かると思うので楽しみですね。 気球ではない• 仙台管区気象台は宮城県や仙台市、自衛隊などに確認したが、「観測用の気球とみられるが詳細は分からない」としている。 集められた気象データのコンピュータ解析などをもとに天気予報が行われるが、軍用など少しでも高い精度が求められる予報などにはなるべく大量のデータを用いている。 かなりの大きさ• 仙台市の上空に浮かんだ風船のような白い球体=17日午前 仙台市上空に17日朝、風船のような白い球体が浮かんでいると、仙台管区気象台に問い合わせが相次いだ。 この問題に対し、同県の村井嘉浩知事は6月29日の記者会見で、「気味が悪かった」として危機管理上の問題だとする考えに言及する一方、「今回は危ないものではなさそうだったので、推移を見守った」とも。 大きな動きがないまま数時間も仙台上空を滞在していたこと飛行物体に関して「原因不明」、「正体不明」などわからないままにしてほしくない出来事です! 今後、詳細がわかり次第情報を更新していきます。 今回は、 東北の空に浮かぶ謎の白い物体について、それを見た人の反応を元に記事にまとめました。

>