第 一 種 特定 工作 物。 株式会社 第一土建コンサルタント│公式Webサイト : 開発行為

市街化調整区域の建築物についての質問です。

都市計画法は、一字一句に深い意味が含まれていますので、深読みが必要です。 ) 二 墓園 1.第一種特定工作物 第一種特定工作物は、法第4条第11項本文及び令第1条第1項により、次の1)から4)が定められており、それぞれ建築基準法の定義に対応している。 火薬、爆薬、工業雷管及び電気雷管、銃用雷管、信号雷管、実包、空包、信管及び火管、導爆線、導火線、電気導火線、信号炎管及び信号火箭、煙火、その他の火薬又は爆薬を使用した火工品 消 防 法 第 2 条 第 7 項 に 規 定 す る 危 険 物 第一類酸化性個体 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類、その他政令で定めるもの(過よう素酸塩類、過よう素酸、クロム、鉛又はよう素の酸化物、亜硝酸塩類、次亜塩素酸塩類、塩素化イソシアヌル酸、ペルオキソ二硫酸塩類、ペルオキソほう酸塩類) 上記に掲げるもののいずれかを含有するもの 第二類可燃性個体 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、その他政令で定めるもの(政令の指定なし) 上記に掲げるもののいずれかを含有するもの、引火性固体 第三類自然発火性物質及び禁水性物質 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りん、アルカリ金属(カリウム及びナトリウムを除く。 」とあります。 開発負担金というのもよくわかりません。 5kwを超える原動機を有するものの用途に供する工作物をいう。

>

特定工作物の種類について

1.趣旨 都市計画法では、無秩序な開発を規制するために、開発許可の制度を設けている。 2.第二種特定工作物 大規模な工作物であって、都市計画法施行令第1条第2項に規定されたもののこと。 4.危険物の貯蔵・処理用工作物 危険物とは、 火薬類(花火等を除く)やマッチ、可燃性ガス等を指します。 危険物(建築基準法施行令第116条第1項の表の危険物品の種類の欄に掲げる危険物をいう)の貯蔵又は処理に供する工作物 (第5条第2項第2号に規定する事業用施設に該当するもの、第2条第5項第8号に規定する保管施設又は同項第8号の2に規定する船舶役務用施設に該当するもの、漁港漁場整備法第3条第2号ホに規定する補給施設に該当するもの、による公共の用に供するに建設される航空機給油施設に該当するもの、第2条第1項第9号に規定する電気事業(同項第7号に規定する特定規模電気事業を除く)の用に供する同項第16号に規定する電気工作物に該当するもの及び第2条第13項に規定するガス工作物(同条第一項に規定する一般ガス事業又は同条第3項に規定する簡易ガス事業の用に供するものに限る)に該当するものを除く) 第二種特定工作物 [ ] ゴルフコース以外の第二種特定工作物については、都市計画法施行令第1条第2項に列挙されている(以下の工作物のうち、その規模が1以上のもののみ該当する)。 第二種特定工作物 一 野球場、庭球場、陸上競技場、遊園地、動物園その他の運動・レジャー施設である工作物 学校教育法 昭和22年法律第26号 第1条に規定する学校 大学を除く。 ちなみに上記回答は、リンク先の36ページの 11 等に基づいています。

>

特定工作物の種類について

また、やは、工作物と解さないため該当しない。 開発行為 都市計画法4条12項により、建築物の建築又は特定工作物の建設を目的とする区画形質の変更をいう。 )の貯蔵又は処理に供する工作物(石油パイプライン事業法第5条第2項第2号に規定する事業用施設に該当するもの、港湾法第2条第5項第8号に規定する保管施設又は同項第8号の2に規定する船舶役務用施設に該当するもの、漁港漁場整備法第3条第2号ホに規定する補給施設に該当するもの、航空法による公共の用に供する飛行場に建設される航空機給油施設に該当するもの、電気事業法第2条第1項第9号に規定する電気事業(同項第7号に規定する特定規模電機事業を除く。 4)危険物の貯蔵又は処理に供する工作物 危険物とは、表1-2に掲げる危険物をいう。 第二種特定工作物はゴルフコースは大きさは関係ないのですが、野球場や動物園などのレジャー施設については1ha以上となっている点に注意して覚えましょう。 危険物(建築基準法施行令第116条第1項の表の危険物品の種類の欄に掲げる危険物をいう)の貯蔵又は処理に供する工作物 (石油パイプライン事業法第5条第2項第2号に規定する事業用施設に該当するもの、第2条第5項第8号に規定する保管施設又は同項第8号の2に規定する船舶役務用施設に該当するもの、漁港漁場整備法第3条第2号ホに規定する補給施設に該当するもの、による公共の用に供するに建設される航空機給油施設に該当するもの、第2条第1項第9号に規定する電気事業(同項第7号に規定する特定規模電気事業を除く)の用に供する同項第16号に規定する電気工作物に該当するもの及び第2条第13項に規定するガス工作物(同条第一項に規定する一般ガス事業又は同条第3項に規定する簡易ガス事業の用に供するものに限る)に該当するものを除く) 第二種特定工作物 [編集 ] ゴルフコース以外の第二種特定工作物については、都市計画法施行令第1条第2項に列挙されている(以下の工作物のうち、その規模が1以上のもののみ該当する)。 4)知事等が開発許可を与えるか否かを審査する基準には、全国どこでも適用される全般的許可基準(技術的基準、都市計画法第33条)と、の開発行為についての基準(立地基準、都市計画法第34条)とがある。

>

特定工作物の分類と種類の覚え方。 『だいしゅきコンプラ、二週ゴルフ、一つ減った儚いレンジャー。』で覚えよう!

午後は予約により対応できる場合があります。 第二種特定工作物は、(無秩序な市街化)を発生させるおそれがないと考えられることから、内におけるの基準を定めたの適用を受けない。 そして、市街化区域内であれば許可必要、都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内なら、8000㎡だと例外的に許可不要です。 )の貯蔵又は処理に供する工作物(石油パイプライン事業法(昭和四十七年法律第百五号)第五条第二項第二号に規定する事業用施設に該当するもの、港湾法(昭和二十五年法律第二百十八号)第二条第五項第八号に規定する保管施設又は同項第八号の二に規定する船舶役務用施設に該当するもの、漁港漁場整備法(昭和二十五年法律第百三十七号)第三条第二号ホに規定する補給施設に該当するもの、航空法(昭和二十七年法律第二百三十一号)による公共の用に供する飛行場に建設される航空機給油施設に該当するもの、電気事業法(昭和三十九年法律第百七十号)第二条第一項第十六号に規定する電気事業(同項第二号に規定する小売電気事業を除く。 特定工作物 令 第1条 都市計画法 以下「法」という。 ・農業、林業、漁業の用に供する政令で定める建築物、これらの業務を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行うもの(2号)例) 畜舎、温室、堆肥舎、サイロ、農家住宅 等• 詳しい内容については次のリンク先等をご覧ください。

>

株式会社 第一土建コンサルタント│公式Webサイト : 開発行為

1)ゴルフコース(面積関係なし) 2)1ha以上の野球場、庭球場、陸上競技場、遊園地、動物園その他の運動・レジャー施設 3)1ha以上の墓園 等(開発行為)を行なう際に必要とされる許可のこと。 』 以上で、特定工作物の分類と種類を覚えてしまいましょう。 1)ゴルフコース 2)次のいずれかに該当する運動・レジャー施設で規模が1ha以上のもの。 1日およそ30分での完結型勉強法なので 時間がない方でも効率よく勉強ができる 教材です。 ア コンクリートプラント、アスファルトプラント及びクラッシャープラントは、それぞれ建築基準法別表第2 り 項第三号 13の2 、同表 ぬ 項第1号 21 及び同表 り 項第3号 13 の用途に供する工作物が該当する。 に該当するものを除く。

>

福岡市 特定工作物とは何か。(都市計画法第4条第11項)

。 2)市街化調整区域・区域区分が定められていない都市計画区域・準都市計画区域における、農林漁業者の住宅をするための開発行為および農林漁業用の建築物を建築するための開発行為 3)公益施設のための開発行為 公益施設は、駅舎、医療施設、小中学校、高校、公民館、郵便局、図書館、墓地、火葬場、と畜場、し尿処理施設、ごみ処理施設、卸売市場など政令で指定するものに限る。 今なら、 試験までメールサポート付き! 返金保証、合格祝金、特典あり 詳細はコチラ 1日30分は誰でも集中できる時間。 特定工作物のまとめ 第一種特定工作物と第二種特定工作物の違いをまとめると次の表になります。 1 「第一種特定工作物」:コンクリートプラント等の工作物 2 「第二種特定工作物」:ゴルフコース、1ヘクタール以上の運動・レジャー施設等の工作物 【くわしい解説 (関係者向け ) 】 都市計画法 (昭和43年6月15日公布、昭和44年6月14日施行 )に基づくが創設された当時は、規制の対象はに係るに限られておりましたが、約5年が経過し、災害の防止、環境の保全等の観点から以外の工作物についても規制すべきであるとの要請があり、都市計画法の昭和49年改正 (昭和49年6月1日公布、昭和50年4月1日施行 )で特定工作物が規制の対象として追加されました。

>

市街化調整区域の建築物についての質問です。

第一種特定工作物については、「〇〇プラント」とつく形で記載されることがほとんどなので代表的なものとして語呂で「コンクリートプラント」だけでも覚えておけば、他を例示された場合でも対応可能なことが多いです。 質問 特定工作物とは何か。 一 野球場、庭球場、陸上競技場、遊園地、動物園その他の運動・レジャー施設である工作物(学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する学校(大学を除く。 なお、第二種特定工作物等の併設建築物については、別に取扱いがあります。 しかし、34条本文をよく読めば「開発行為 主として第二種特定工作物の建設の用に供する目的で行う開発行為を除く。 ・面積要件以下の規模のもの(1号)• の用に供する同項第十八号に規定する電気工作物に該当するもの及びガス事業法 昭和29年法律第51号 第2条第13項に規定するガス工作物 同条第2項に規定するガス小売り事業の用に供するものを除く。

>