山陽 本線 遅延。 山陽本線 人身事故に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

山陽本線

により、2018年7月以降は広島県内で一部区間が1か月以上復旧できず不通となっているため 、伯備線・・山口線経由での貨物列車の迂回運転が同年8月28日から実施されている。 7 km ()• 万富駅からしばらく西南方向に走るとで、しばらく南に向かって進み、山陽新幹線の高架を潜って、右にカーブして山陽新幹線に沿って西へ進んでに着く。 かつては、車両運用上の都合によりこれらの複数の運転系統にわたって運転される長距離列車が終日にわたって設定されていた(多くは広島駅、徳山駅でを変更してしていた)。 朝晩は姫路駅 - 岡山駅間直通が10往復ある。 山陽本線普通列車(西条駅 - 西高屋駅間) 基本情報 通称 山陽線( - 間) (神戸駅 - 間) (兵庫駅 - 間) 国 所在地 、、、、 種類 (・) 起点 終点 駅数 131駅(貨物駅含む) サヨホセ 路線記号 A(神戸 - 上郡間) S(上郡 - 岡山間) W(岡山 - 福山間) X(福山 - 糸崎間) G(糸崎 - 広島間) R(広島 - 岩国間) JA(下関 - 門司間) 開業 全通 (神戸 - 下関間) (全線) 所有者 (JR西日本) (神戸 - 下関間、兵庫 - 和田岬間) (JR九州) (下関 - 門司間) 運営者 JR西日本・JR九州(第1種鉄道事業者)および (JR貨物) (神戸 - 北九州貨物ターミナル間 第2種鉄道事業者) 使用車両 を参照 路線諸元 路線距離 534. を渡るとである。 JR西日本:126• その場合は運休区間で代行バスを運行している。

>

山陽本線 人身事故に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

兵庫駅 - 新長田駅間で方向別複々線が終わり、ここから先は線路別複々線となる。 広島県西端の工業都市・に入りを過ぎ、群が近付いてくるとに着く。 2005年の春の運行では、「」の運用を離脱したばかりの下関地域鉄道部下関車両管理室所属のが使用された。 これには、基本的には「」に使用されていた(現在のに相当)所属の同車両が3両編成2本と最低限の車両しか配備されていなかったためであるが、運用時には全車両で運用するなど特色がある運用がなされたと言われる。 (岡山車:和気駅 - 三原駅間)• また、2010年3月10日には、兵庫県知事と岡山県知事が会談し、岡山駅 - 姫路駅間の増便と新快速の運転を要望することで両知事が合意し、さらに同区間の増便と姫新線・赤穂線の利便性向上に向けた取り組みを沿線市町等と進めることも決めた が、以降目立った進展は見られない。 魚住駅を出ると山陽新幹線が左手に離れて行き、線路は真っ直ぐ北西方向に走り、明石市とに跨る2面3線のに着く。

>

中国エリア 運行情報:JR西日本列車運行情報

姫路駅は・およびや・方面との乗り換え駅となっている。 支線であるは、朝夕のラッシュ時のみの運転であり、専用の車両による支線内の往復運転となっている。 電車特定区間はとなっており、主にと・貨物列車がを、快速列車と普通電車がを走行する。 有年駅を出ると右にカーブして進路を北にとる。 再度広島市に入り、を通り、の線路が見えた後、グラウンドが垣間見える(広島市民球場)の横を通過するとまもなくに到着する。 係員の取り扱いミスや車両・電気設備の故障といった部内原因は23%という結果となった。

>

山陽本線 遅れ

岩徳線の岩国駅 - 櫛ケ浜駅間は営業キロ43. 並行する私鉄(・)と競合しているため、を運転し高速都市間輸送を行っている。 2015年3月14日現在 、日中は普通が1時間に4本運転されている。 沿線概況 [ ] 山陽本線(姫路駅 - 白市駅間) 「」も参照 山陽本線の起点でもあり、の終点でもある は、3面5線の構造になっており、上り線は2面3線の構造になっている。 そして2019年3月16日のダイヤ改正で三原駅 - 岩国駅間はすべての快速・普通列車の車両が227系で統一され、105系と113系、115系は広島地区での運用がなくなった。 貨物ターミナル併設のを過ぎ、3階を新幹線、2階部分を在来線が走行する二重高架区間となりが迫ると広島県東部の拠点都市である福山市の中心駅に到着する。 大竹駅(構内除く) - 下関駅間…JR西日本広島支社山口支社• 三原駅 - 広島駅間 [ ] を過ぎるとその後は山岳路線となり、緩やかな上りカーブが連続する。

>

中国エリア 運行情報:JR西日本列車運行情報

当社以外の乗車券・航空券・旅行券他の払戻し等については、その社の規約・約款類によります。 JR神戸線からの列車は大半が相生駅からに乗り入れまで運転されている。 ほとんどの列車が東海道本線から直通運転を行っている。 ・お客様がご乗車されたことを証明するものではありません。 また駅前からは(広電)が発着しており、など広島市中心部へのアクセスとなっている。

>

鉄道情報/遅延証明/遅延証明書一覧/山陽電車

大半がで編成されたで、などを連結可能なは一部区間でとして運行されているのみである。 のダイヤ改正で再び岡山発下関行きの普通列車が1本 369M 復活し、最長距離普通列車となったが 、翌2017年3月4日に糸崎発下関行きに短縮されたため再び滝川発釧路行2427Dに最長距離の座を譲った。 なお、山陽新幹線のルートはほぼ岩徳線に沿っている。 幡生操車場以西では直流両用電気機関車の。 しばらくしてに入り、千種川を渡り、が分岐するに到着する。

>