伊藤 健太郎 黒木 瞳。 「伊藤健太郎がかわいそう」発言の黒木瞳に“甘すぎ”と批判殺到(FRIDAY)

「伊藤健太郎がかわいそう」発言の黒木瞳に“甘すぎ”と批判殺到(FRIDAY)

ぜひ、劇場でご覧ください! YAE 『十二単衣を着た悪魔』に出演致します。 俳優陣の本気のリアクションが拝めるとあっては、観客動員に大きく貢献しそうだ。 さらに、主演の伊藤健太郎が公開直前にひき逃げ事件まで起こしてしまった。 この日は伊藤について言及しなかったが、関係者によれば伊藤が逮捕された10月29日、黒木は驚きや怒りを見せつつも「1人で留置場にいるなんて涙が出るくらいかわいそう」と話し、弁護士を通じて会いに行く要望も伝えていたという。 実は同作にも伊勢谷被告が出演しており、一時は公開も危ぶまれたが「俳優の犯した罪とスクリーンの芝居は別ということで、公開を決めた。

>

「伊藤健太郎がかわいそう」発言の黒木瞳に“甘すぎ”と批判殺到(FRIDAY)

「とんかつ」の伊藤は3番手で、アゲ太郎のライバル役で出演している。 そこに伊藤の姿はなく、黒木は「みんなに支えられて作品が完成した」と笑顔で語り、事件のことはスルー。 明言こそしなかったがキスシーンだったことを示唆した。 さらに同日夜に伊藤が釈放されると、黒木は直接電話をかけ叱責しつつも「これからのこともあるから、周りの人もいるから頑張っていこうね。 30日には出演映画「とんかつDJアゲ太郎」が公開予定。

>

黒木瞳「吉永小百合を超える」野望が頓挫した(1)伊藤健太郎の事件の知らせに顔面蒼白

キャストコメント LiLiCo 黒木瞳さんの監督作品で取材をさせていただいたときに、インタビューが終わって突然声を掛けられ「ぴったりな役がある」と…本当にびっくりしました!ヤマンバは衣装が普段のわたしの服に似ていて、お話好きも私と同じ。 「一連のやりとりを報じたのは『中日スポーツ』ですが、なぜ2人だけの電話のやりとりが外部に漏れたのかは疑問が残るところです。 フリーターの青年の成長と彼に関わるキャラクターの生き様を、煌びやかな源氏物語の世界と現代を舞台に描く異世界トリップエンターテインメント。 そこに伊藤の姿はなく、黒木は「みんなに支えられて作品が完成した」と笑顔で語り、事件のことはスルー。 また、報道によると、黒木は伊藤が逮捕されたという報告を受けた際に「健太郎がひとりで留置場にいると思ったら、かわいそう」と語り、釈放後は自ら電話で「これからも応援しています」と励まし、伊藤は号泣して謝罪したという。 黒木は事件当夜、伊藤のことを「一人で留置場にいるなんて涙が出るくらいかわいそう」と吐露し、弁護士を通じて伊藤に会いに行きたいと申し出たとか。

>

伊藤健太郎、黒木瞳「行け」で台本にない沙莉とキス

先月、道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕、釈放された俳優・伊藤健太郎(23)だ。 女優、黒木瞳(60)が満を持して世に送り出した監督第2作が大惨敗の様相を呈しているのだ。 そばでやり取りを聞いていた映画関係者からのリークとしか思えません」(芸能関係者) 前出の映画「十二単衣を着た悪魔」は黒木瞳にとって長編2作目となる監督作。 そういう意味では、不運ですね。 はっきり言って、不運というより、いろいろと言い訳できることが重なって、むしろ幸いだったのでは?• 映画として演出されていない気がしました」 と酷評の嵐。 六条御息所が源氏を思う心、ついつい側にいってしまうように、わたしも六条に寄り添えたのではないかと思います。 「伊勢谷や伊藤の逮捕ですっかりいわくつきの作品になってしまった感がありますが、それらの事件をスルーするかのような対応には、一部で疑問の声も上がっています。

>

黒木瞳監督映画『十二単衣を着た悪魔』興行収入が大コケ…伊藤健太郎&伊勢谷友介が逮捕トラブル、2作連続で酷い結果に

さらに撮影は2月の最も寒い時期。 ちなみに、北村匠海さんが主演の実写映画『とんかつDJアゲ太郎』にも伊藤健太郎容疑者、伊勢谷友介被告は出演していますが、こちらは公開初週に動員ランキングで6位にランクインしています。 ドキドキしております。 ただ、黒木さんは4年前のトラウマがあったためか、2度の事件を受けても11月公開の意思を曲げませんでした」と、芸能プロダクション関係者が語っています。 翌30日は伊藤と伊勢谷が出演しているもうひとつの映画「とんかつDJアゲ太郎」の公開初日というタイミングだった。

>

伊藤健太郎にキスを強要!黒木瞳監督の“性ハラ演出”と「吉田羊ビンタ事件」

良いテイクが撮れたらほめてくださるし、まっすぐ向き合ってくださってると感じて、とても素敵な方」と、監督としての黒木の姿を語った。 しかし、一部報道によれば、釈放後に黒木は直接、伊藤に『応援してます』と激励。 黒木としては、きちんと監督の言いつけを守るか心配だったようで、本番中にもハッパをかけていたという。 どうしてくれるんだ…」 そう語るのは映画関係者だ。 知人のことを思う黒木の気持ちもわかるが、しかし世間はそうは甘くなかった。

>

『バイキング』アンミカ、黒木瞳の伊藤健太郎擁護をバッサリ「自分のしたことの結果」|日刊サイゾー

高校生が学園祭で上映する自主映画のよう」 「何が言いたいのか、どこに主軸を置いたのかよくわからない映画」 「余計なシーンも多いし、主人公のキャラもいきなり変わったように感じる。 伊藤が出演していた『とんかつDJあげ太郎』も撮り直しなしの公開となったが、『鬼滅の刃』などの強力な作品を前に芳しくないスタートとなったようだ。 映画や舞台など主演作を控えるなかでの不祥事に、各関係者は対応に追われているという。 主役不在ではなく、元々主役が存在していないようなやりとりに違和感は拭えなかった。 黒木は事件当夜、伊藤のことを「一人で留置場にいるなんて涙が出るくらいかわいそう」と吐露し、弁護士を通じて伊藤に会いに行きたいと申し出たとか。 このエピソードには、報告会に駆けつけた報道陣から驚きの声があがった。 11月6日には主演を務める映画「十二単衣を着た悪魔」が公開予定だったが、こちらも影響は避けられない。

>