人口 密度 都 道府県。 都道府県面積ランキング

【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

44 京都府 1,383,890 1,288,213 1,155,671 1,055,119 997,488 957,260 957,775 951,825 937,383 924,093 914,700 903,189 894,928 887,031 875,084 866,743 849,362 848,761 853,058 851,246 4,573. 廃置分合の原則的な手続き [ ] 法律による(第6条第1項)。 1872年10月27日 明治5年旧暦9月25日 、七尾県が廃止、分割され、域が新川県の、域が石川県の管轄となる。 また郡別現住人口を算出するに当たり、社会工学研究所では陸軍省参謀本部編『明治十七年徴発物件一覧表』 1884年 の郡別現住人口を用いているが、こちらも内務省統計局の現住人口と異なる。 13 13,515,271 13,159,388 12,576,601 12,064,101 11,773,605 11,855,563 11,829,363 11,618,281 11,673,554 11,408,071 10,869,244 9,683,802 8,037,084 6,277,500 5,417,871 2,190. 1873 明治6 年1月1日調人口の推計・算出の手順 1 1920 大正9 年 10月1日現在 庁府県境域 1873 明治6 年 1月1日調 推計現住人口 社会工学研究所 算出の現住人口 推計・算出方法 修正点 宮城県 575,225 560,000 陸前・岩代・磐城・越後国-福島・若松・磐前・新潟・柏崎県-気仙郡 社会工学研究所算出の推計現住人口は刈田・亘理・伊具三郡の現住人口算出の過程で東蒲原郡の処理に誤り 茨城県 825,758 826,000 常陸国+結城・豊田・岡田・猿島郡+北相馬・西葛飾郡 社会工学研究所算出の推計現住人口は端数処理で差 埼玉県 862,860 850,700 埼玉・入間県+中葛飾郡 社会工学研究所の推計人口は下総国中葛飾郡の推計本籍人口を非加算 千葉県 1,034,736 1,037,600 木更津・新治・印旛・茨城県-常陸国+南相馬・東葛飾郡-結城・豊田・岡田・猿島・相馬・葛飾郡 社会工学研究所記載の計算方法 上総・安房国+印旛・埴生・千葉・香取・海上・匝瑳郡+南相馬・東葛飾郡 では 過大となる 東京府 1,086,718 1,086,700 東京府+神奈川・足柄県-伊豆・相模国-橘樹・都筑・久良岐郡+伊豆諸島+小笠原島 社会工学研究所記載の計算方法 武蔵国-埼玉県-入間県-橘樹・都筑・久良岐郡+伊豆諸島 では過大となる 静岡県 900,255 968,600 静岡・浜松県+伊豆国-伊豆諸島-小笠原島 社会工学研究所の推計人口は明らかな計算間違い 鹿児島県 826,788 934,900 鹿児島県+南諸県郡 社会工学研究所の推計人口は奄美群島の現住人口を二重に加算 全国 33,416,334 33,568,500 他の庁府藩県の推計・算出の手順は以下の通りである。 131,258 102,537 69,626 56,294 52,222 2,514. 1908年と1913年の各12月31日調警察署調査現住人口はにまとめて掲載する。 北海道庁官制(明治19年 勅令第83号(後に全面改正))によって北海道庁長官を他府県の知事に当たる官職とした。

>

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(平成28年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

81 5,101,556 5,071,968 5,049,908 5,015,699 4,933,393 4,811,050 4,719,259 4,553,461 4,292,963 4,027,416 3,964,611 4,006,679 3,859,764 3,530,169 3,312,577 4,986. 人口推計(平成28年10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は16万2千人の減少,日本人人口は減少幅が6年連続で拡大• 99 埼玉県 1,391,712 1,343,674 1,284,502 1,240,280 1,175,697 1,152,823 1,147,133 1,137,773 1,119,126 1,109,604 1,098,947 1,087,361 1,081,121 1,069,144 1,054,483 1,039,376 1,015,824 1,004,020 994,704 985,889 4,094. 65 長野県 1,564,354 1,484,205 1,402,072 1,348,556 1,264,918 1,231,859 1,221,113 1,210,435 1,189,936 1,179,234 1,171,819 1,158,936 1,146,071 1,128,690 1,111,946 1,095,998 1,074,069 1,057,494 1,048,065 1,043,341 13,167. (結果の概要 2~3ページ) 日本人は6年連続の社会減少,外国人は4年連続の社会増加• 15歳未満人口は1578万人で,前年に比べ16万5千人の減少となり,割合は12. 合体と編入の例外 [ ] 平成16年法律第57号による改正で、簡略な方法による合体・編入の手続きが新設された。 41 東京府 3,719,335 3,145,365 3,053,946 2,532,677 2,101,784 1,948,581 1,907,174 1,867,913 1,829,583 1,790,731 1,519,583 1,500,026 1,486,671 1,628,551 1,559,517 1,509,757 1,455,647 1,276,506 1,233,843 1,217,542 1,979. 複数の都道府県を廃止して、その区域全部に新しい都道府県を設置するとき• 庁舎所在地の都市名や村名(ごく一部で例外的に郡名、県や府では令制国名も使用 )を用いる命名のみが専ら用いられるようになったのは以降である。 46 2,098,804 2,152,449 2,196,114 2,215,168 2,193,984 2,156,627 2,136,927 2,083,934 2,017,564 1,956,917 1,958,007 1,981,433 2,021,292 2,060,831 2,079,682 13,561. 前年同月で比べると39の道府県で東京都への転入者数が減り、逆に25道府県では東京都からの転出者数が増えている。 2018年12月19日閲覧。 42 2,333,899 2,348,165 2,360,218 2,365,320 2,328,739 2,248,558 2,176,295 2,082,320 1,955,267 1,819,223 1,753,126 1,743,195 1,727,065 1,663,442 1,596,307 7,282. 83 神奈川県 1,323,026 1,228,254 1,178,098 1,051,433 926,884 870,256 852,283 834,624 811,986 799,862 1,015,481 992,047 979,756 960,069 947,766 923,178 896,948 865,976 848,682 831,151 2,400. 後に、旧埼玉県の県庁所在地であった岩槻市を編入している。 01%増えています。

>

過密する「東京の人口」が減少に転じたカラクリ

550 内地編入 414,891 331,943 295,196 203,754 105,899 36,089. 都道府県面積ランキング 都道府県 面積ランキング 順位 都道府県 面積(km 2) 1 北海道 83,456. 同日、香川県が再び廃止され、愛媛県の管轄となる。 そのためもあり、(17年)の長野県山口村と岐阜県中津川市との合併は、中津川市への編入という形をとることになった。 皇族人員を含む府別本籍人口:1872 明治5 年~1885 明治18 年 府名 1872年 明治5年 1873年 明治6年 1874年 明治7年 1875年 明治8年 1876年 明治9年 1877年 明治10年 1878年 明治11年 1879年 明治12年 1880年 明治13年 1881年 明治14年 1882年 明治15年 1883年 明治16年 1884年 明治17年 1885年 明治18年 東京府 779,339 813,480 830,917 855,251 873,622 877,027 881,421 953,754 957,121 979,084 987,884 999,594 1,020,411 1,040,379 京都府 567,327 569,726 572,749 571,177 574,905 792,027 798,897 814,258 822,098 830,998 835,215 840,940 845,408 850,637 これらの皇族人員は本籍地=現住地であり、本項の府別現住人口に皇族人員の府別本籍人口を加えることで、・を含む現住人口が計算可能である。 国会議事録第6回衆議院地方行政委員会10号(昭和24年11月25日)門司委員、あるいは国会議事録第38回参議院文教委員会9号(昭和36年03月09日)など多数• 府県 [ ] (明治元年)、の直轄領(・の領地)が明治政府の直轄領になり、(・・)や、などを管轄する重要地域をとし、それ以外をとして、府に「知府事」が、県に「知県事」が置かれた。 分立の場合、分離前の都道府県の知事と議員は失職せず、分離されて新しく設置された都道府県で知事選挙と議員選挙が実施される。

>

都道府県

324 京都府 1,739,084 1,621,998 1,603,796 1,635,528 1,729,993 1,702,508 1,552,832 1,406,382 1,287,147 4,558. 以下に北海道庁の支庁別人口をまとめる。 010 山梨県 807,251 796,973 839,057 634,897 663,026 646,727 631,042 600,675 583,453 4,454. 人口のほか、面積・人口密度・平均年齢・高齢化率(65歳以上人口比率)のデータも合わせて記載しております。 1873年 明治6年 1月1日調、1884年 明治17年 1月1日調現住人口に関し、1920年 大正9年 10月1日の庁府県境域に当時の地域人口統計を修正する方法は、原則として社会工学研究所編『日本列島における人口分布の長期時系列分析』 1974年 に従ったが、1873年 明治6年 調査の宮城県、埼玉県、静岡県、鹿児島県などに明らかな計算間違いが存在する。 59 岐阜県 1,120,482 1,094,961 1,031,156 1,020,765 977,922 960,713 960,502 960,062 949,235 941,523 936,219 930,604 932,658 918,456 909,226 899,311 889,739 884,848 880,277 873,020 10,356. 面積は、2020年7月1日の国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」によります(単位:km2)。 74 1,104,069 1,135,233 1,153,042 1,170,007 1,175,819 1,168,907 1,175,543 1,151,587 1,085,055 1,051,105 1,080,692 1,134,590 1,139,384 1,091,427 1,052,483 7,735. この時点で、諸侯は領地と領民に対する統治権を全てに奉還したことになっているものの、実質的な地方支配体制は、のの地位を明治政府が引継ぎ大名の役名や任地などの名称が変更されただけであり、と呼ばれる(府県のみ直轄)。 78km2)の面積には約42倍の開きがあります。 北海道の一部を除く国内全域が府県となる 明治5年 3府72県 (前年)- 3府59県 第二次府県統合前 3府35県 前年12月10日 〜。

>

過密する「東京の人口」が減少に転じたカラクリ

1883年 明治16年 8月21日、長崎県の、、、、、、、、、が分離し、佐賀県が再発足する。 1883年 明治16年 5月9日、石川県の越中国域が分離し、富山県が発足する。 973 三重県 1,416,494 1,371,858 1,394,286 1,209,266 1,198,783 1,174,595 1,157,407 1,107,692 1,069,270 5,702. これはの下で68のをに区分した用法と整合する。 40 834,930 863,075 884,515 888,172 881,996 852,966 832,832 804,256 783,050 762,029 763,194 782,062 807,044 811,369 815,485 4,465. 2010年 平成22年 4月1日、北海道のが廃止され、が発足する。 (明治9年)に県の大規模合併()が行われ、(明治11年)に制定されたの1つ、により合併や領域変更が行われ、一時は37府県まで減ったものの、分割運動によって(明治22年)の・、(明治23年)の・の制定を経て、1庁()3府(東京府・京都府・大阪府)43県となった。 1872年10月16日 明治5年旧暦9月14日 、明治政府はを廃して琉球藩を設置する。 これらについては出入寄留者数や人口の按分による推計計算により、より正確な現住人口を計算することが可能であるが、修正したとして数千人レベルでしか違わないので、社会工学研究所の計算方法に全て従った。

>

人口(都道府県別)(平成29年)

[注意] 数値は表章単位未満の位で四捨五入しているため,合計の数値と内訳の計は必ずしも一致しません。 1872年5月8日 明治5年旧暦4月2日 、名古屋県が愛知県に改名する。 数と数は2014年(平成26年)4月5日時点。 同日、敦賀県 現在の福井県に相当 が廃止され、域の大部分が石川県の、域と越前国が滋賀県の管轄となる。 同日、名東県が廃止、分割され、域が高知県へ、域が兵庫県の管轄となる。 全ての都道府県で65歳以上人口の割合が上昇し,沖縄県の65歳以上人口の割合が初めて20%を超えました。

>