ブルックス ケ プカ スイング。 ブルックスケプカ スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた。クラブセッティングやシャフト,スイング動画や飛距離についても!

【ブルックス・ケプカ】驚異の飛距離を生み出すクラブセッティングとその秘訣とは?

ケプカはそこまでではありませんでしたが、やはりアマチュア時代からその名前は新聞に登場しています。 この辺りの動き方は、プロコーチ達が大好きな動き方だと思います。 問題なのは石川遼選手。 実際、去年のダンロップフェニックスでは、 ドライビングディスタンスが全体の2位で、最終日には、度々、同じ組の池田勇太選手 日本人ではTOP3には入る飛ばし屋 をティーショットで、 30yd~40yd程度離していました。 フレックス:TX 《適度な浅重心設計と硬めのシャフトで安心して振れる》 ヘッドスピードが速いケプカ選手にとって難敵は多すぎるスピン量による不安定なショット。 PGAの選手登録には身長6フィート0インチ(182. 「ヤジを糧に15番から冷静になることができた」と言っているように、土壇場でのメンタル面での強さが光りました。 気になる点といえば 普通の選手よりスタンス幅がやや広めだということです。

>

ブルックスケプカ スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた。クラブセッティングやシャフト,スイング動画や飛距離についても!

腰の移動が終わるタイミングで、「 タメ 」をほどいてクラブをリリース。 誰もが守りに入ったと思っていましたが、 放たれたショットは驚愕の340ヤード。 2016年日本開催の「ダンロップフェニックス」で優勝し、弾みをつけ、2017年全米オープンに初優勝。 そこに居ないダスティン・ジョンソンを応援する声を、ケプカに対してのヤジとして飛んでいました。 うーんなるほど! ハーフウェイダウン 【右肘を絞り込みパワーの支点を作り右肘でインパクトで押す】 何かものを押す時、例えば壁を押す時に、壁に手をかけ、肘を伸ばして押す場合と、肘を曲げた状態で壁を押す場合、どちらが壁を強く押すことができるでしょうか? 答えは後者です。 この形を作れるので、再現性の高いスイングが出来るのです。 このように移動量を少なく抑えることは、体重移動を全くしない意識を持たないと実現出来ません。

>

ブルックスケプカ スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた。クラブセッティングやシャフト,スイング動画や飛距離についても!

新世代のスイングで、DJより完成度が高い! タイガー・ウッズでも、ローリー・マキロイでもない新世代のスイング。 Nike Vapor Fly Pro(シャフト=Fujikura Pro 95 Tour Spec X-Flex) ブルックス・ケプカが重視しているスイング 4つのポイント ケプカのスイングチェックは、などでチラッと垣間見ることができます。 2014年の「トルコ航空オープン」で欧州ツアー初優勝。 この腕の動きが窮屈になる動き方、一般的なゴルフレッスンでは、「 右脇を締めて、肘がわき腹の近くを通るようにしなさい。 1yd(7位) これが如何に凄いかの比較として、日本ツアーで平均ディスタンスが 300ydを越えるプレイヤーは2人しかいません。 17年の「全米オープン」でメジャー初制覇、18年には史上7人目となる全米オープン連覇を達成しました。

>

【ブルックス・ケプカ】驚異の飛距離を生み出すクラブセッティングとその秘訣とは?

そしてこの動き方は、一般的なゴルフレッスンでは「 NGな動き方 」として説明されているのです。 ぜひコツをつかんで、パワーを逃がさないようなインパクトを手に入れてください。 球の捕まった力強いフェードボールが持ち球です。 ぜひ試してみてください。 アマチュアの人で多いのが、テイクバック~トップで、 左腕を突っ張ってしまう癖。 これでは再現性が低いだけでなく、頭の軸と腰の軸に大きな左右差が出るので、身体を痛める可能性も大。

>

世界ランク1位! ブルックス・ケプカ、世界最強の「シャットフェース」スウィング

今回はブルックス・ケプカ選手のスイング解析をしていきます。 試しに壁でどちらがパワーが伝わるか試して見てください。 それではさっそく、「G1メソッド」の生みの親である板橋コーチとゴルフスイングのメカニズムに精通した原田コーチに、トッププロたちの強さの秘密を解き明かしてもらおう。 16、17年と日本ツアー「ダンロップフェニックス」も連覇。 特徴は体とクラブの関係性です。 パワーがあるからこその、飛んで曲がらない、D・Jやジョンラームなどに見られる時流のスイングと言えます。 5度 三菱ケミカル(Mitsubishi Chemical)シャフト Tensei White AV 75 TX ブルックス・ケプカ フェアウェイウッド テーラーメイド(TaylorMade)フェアウェイウッド M2 Tour:16. ドライバーで1オンを狙ったり、距離的に足らず置きに行く選手が多数の中、 3番ウッドで楽々1オンさせています 笑 二日目は、ピンまで300yd以上の距離があったんですが、それもドライバーで楽々1オン。

>

【4スタンス理論A2タイプ】ブルックス・ケプカのスイング解説|ゴルフの基本

2018年一気にブレイクし、全米オープン、全米プロゴルフ選手権2冠を獲得し、「ケプカ時代」到来を予感させた年となりました。 トップまでは頭も身体も全く右に移動していません。 」と説明されていますが、実はそんな動き方は必要ありません。 それでは最後に、ケプカ本人が語るドライバーのスイングで大切にしていることをご紹介しましょう。 なので、スイングそのものを完全に真似するのは難しいかもしれませんが、参考になる部分がいくつかあり、その中でも特に為になりそうなものを紹介します。 腰の移動量は、アドレスからトップまでは0cm、トップからインパクトまでは10~20cmくらいになっています。

>

ブルックス・ケプカのドライバー連続写真(写真/2018年の全米オープンゴルフ)

ダウンスイングで腰が左に移動する動きが少なくなり、体重移動を抑えて回転力を高めるスイングに変わっています。 2017全米オープンでは松山英樹との優勝争いを制し初のメジャータイトルを獲得。 しかし、これは素人が簡単にまねできるスイングではありません。 つまり、インパクトまでにフェース面をスクエアに戻すための余裕があるということ。 そこでこのコースを制するためには、飛んで曲がらないボールが必要。 なんと3番ウッドで340ヤード! ケプカの圧倒的な飛距離がゴルフファンの中でも有名になったのが、なんといっても2017年の全米オープンでの出来事。 再現するのは難しい動きではありますが、チャレンジする価値はあります。

>

“ロングヒッター”ブルックス・ケプカのスイングとクラブを分析|ゴルフサプリ

この時から ケプカのメンタルの強さとケタ違いの飛距離がファンを魅了し始めます。 これらの活躍で世界ランキングが一気に上昇、欧州ツアーを足場にしつつアメリカPGAツアーに積極参戦します。 ところがその年にプロ転向すると、迷うことなくヨーロピンアンツアーに所属登録したのでした。 とくに 「フェアウェイが狭い時ほど強めに打つ」や 「フェアウェイウッドは上から打ち込む」なんて言葉はとても参考になりそうです。 そのため、自分側から見て左側にクラブがある時間が長くなり、それがややアップライトなバックスイングにつながっています。 右サイドでしっかりと体重を受け止めていて安定感がある。 その点を改善すれば、まだまだ続く二人のライバル関係にも打ち勝って、メジャー制覇と世界ランクトップに近づけることでしょう。

>