下水道 bcp。 下水道:・下水道BCP策定マニュアル改訂検討委員会(2019年)

上下水道事業業務継続計画(上下水道BCP)|加古川市上下水道局上水道

第1回改訂 平成28年 2月• 5.水道のBCPの作成方法 BCPを作成する際に重要なことは、「 作っただけでは意味がない」ということです。 このような地震に対して、災害時においても下水道の業務を継続することは緊急的な課題と考えており、本市では、直ちに「下水道業務継続計画(BCP)」策定に取り組み、「横浜市下水道BCP【地震・津波編】」を策定しました。 また、災害発生時の対応策も含めたマニュアル化や、対策設備の導入などが必要となる可能性もあります。 第2回改訂 平成29年 3月• 今般、平成 30 年 7 月豪雨や北海道胆振東部地震、令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風等の被害を踏まえ、対象災害に水害を加えるとともに、広域・長期停電時における電源確保対策についての検討事項を整理し、「下水道 BCP 策定マニュアル 2019 年版(地震・津波、水害編)(以下、改定マニュアルという。 そこで、平成30年7月に「加古川市上下水道事業業務継続計画(上下水道BCP)」を策定しました。

>

下水道BCP(業務継続計画)

タブレット端末の活用により、被災状況がリアルタイムで共有され、従来の情報伝達中心の訓練よりも状況判断に主眼を置いた、臨場感のある訓練ができるようになりました。 部門 イノベーション部門(現場における創意工夫や新技術の活用等の取組) 防災・減災部門(災害対策におけるソフト・ハード面の取組) アセットマネジメント部門(施設の長寿命化や計画的な維持修繕等に貢献する取組) 広報・教育部門(効果的な広報活動や環境・防災教育等の取組). しかし、この許容限界を超えた際にはどうすれば良いのかという行動指針の計画ともいえるでしょう。 広島市下水道事業継続計画(下水道BCP)とは 広島市下水道事業継続計画(以下「下水道BCP」という)とは、災害発生時に「下水道事業を継続すること」、また「事業が中断しても可能な限り早期に復旧すること」を目的として策定した計画であり、下水道の処理機能が停止するような被害を受けた場合の「より早い機能回復」と「被害の最小化」を図るための行動計画を定めたものです。 ご連絡について 必須 連絡不要 電話での連絡希望 直接の説明希望(訪問やオンラインにて). 袖ケ浦市内の各下水道施設の状況や地震被害の想定等を基に検討を重ね、 平成27年度に袖ケ浦市版の下水道B C P計画を策定しました。 平成28年4月14日21時26分以降に熊本県から大分県で相次いで発生した一連の地震(以下、熊本地震)において、下水道施設も大きな被害を受け、被災自治体では下水道機能の維持・早期回復に向けた様々な活動が行われました。

>

下水道BCP訓練が国土交通大臣賞を受賞!

(4)取組の効果 下水道BCPに基づき、訓練参加者が被害情報を知らない状況で様々な判断を求められるブラインド方式ロールプレイング型図上訓練を実施しています。 また、従業員の視点からしても、災害時は不安な思いや混乱していることも多いですし、平常心で業務にあたることは難しいものです。 国土交通省では、被災時においても下水道が果たすべき公衆衛生の確保、浸水防除、公共用水域の水質保全等の機能を速やかにかつ高いレベルで確保するため、平成21年11月に「下水道BCP策定マニュアル(地震編)~第1版~」を策定して以降、発生した災害による課題等を踏まえ随時改訂し、下水道BCPの策定及びブラッシュアップを推進してきたところです。 なお、水のBCP対策として、具体的には以下の対策が挙げられます。 熊本地震における下水道BCPの有効性と課題に関する調査報告書を とりまとめました 地震・津波等の災害時に下水道機能の維持や早期回復を図っていくため、下水道BCPの策定が全国の自治体で進められています。 抑えておきたいポイントは、3点です。

>

下水道:・下水道BCP策定マニュアル改訂検討委員会(2019年)

東日本大震災において、被災地の下水道施設では甚大な被害を受け、トイレの使用制限やマンホールから汚水が溢れるなど、市民生活に重大な影響を及ぼしました。 また、国が設置した「下水道地震津波対策検討委員会」による提言では、エネルギー自立型の処理施設をめざすことの重要性を謳っており、本市下水道で検討・実施している省エネルギー及び創エネルギー対策についても、スマートエネルギーシステムの構築に向けた基本構想として体系化しました。 このポイントを明確にしてあると、「ここでは水が欠かせないから断水したら貯水タンクの水を利用する」「停電するとシステムに重大な損傷を与える恐れがあるため、停電時には自家発電に切り替える」など、より具体的な対策を考えやすくなります。 改訂履歴• この度、より実効性のある業務執行体制を構築するため、上下水道災害対策本部組織を見直す等、計画の一部を改定しました。 8 ・ 2,458KB ・ 5,160KB ・ 5,664KB ・ 7,631KB 下水道事業において、地域の実情に応じた広域化・共同化を御検討mの方 ・下水汚泥広域利活用マニュアル(H31. 本報告書が、より実効性のある下水道BCPに貢献することを願うとともに、全国の自治体においては、本報告書を今後の下水道BCPの策定及びブラッシュアップにご活用いただければ幸いです。 工場などの製造業や病院などのサービス業では、万が一トラブルが発生したとしても業務が完全にストップしてしまわないように、普段から許容限界が設けられています。 A 目標復旧時間の作成 災害が起こると、工場の稼働率は大きく下がるため、生産量も大幅に落ち込むことが予想されます。

>

下水道BCP(業務継続計画)

)」として取りまとめました。 PDCAサイクルを駆使して計画をブラッシュアップする、災害想定時の訓練などにBCPを反映させる、業務マニュアルとして全従業員に周知させるなどのやり方を通じて、BCPを実際に使えるものとして準備しておく必要があるでしょう。 内線電話番号:5464 直通電話番号:048-830-5453 Email: このたび、下水道局の「現場に 翔んで、クラウドでシェア! 埼玉型下水道BCP訓練の実施」が、令和元年度(第12回)国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」を受賞することとなりましたのでお知らせします。 具体的には、支援体制を定めた「事前対策計画」、各部署の役割や対応手順などを定めた「非常時対応計画」、訓練や計画の見直しなどを定めた「訓練及び維持改善計画」の3つの計画で構成しています。 このたび、大阪市建設局では、、「東日本大震災を踏まえた緊急ドラフトVer1. 第二水源(地下水、工業用水の有効活用など)の確保 災害時は、 飲料水の確保よりも、実は生活用水の確保の方が困難であるとも言われています。

>

上下水道事業業務継続計画(上下水道BCP)|加古川市上下水道局上水道

3) // 広域化・共同化の際に汚泥の利活用を御検討の方 【下水道への紙オムツ受入】 ガイドライン等 ガイドライン等をオススメする方 ・ Aタイプ(固形物分離タイプ)の実証試験等の実施を御検討の方 【人材育成】 ガイドライン等 ガイドライン等をオススメする方 ・ アセットマネジメントに関する人材育成を御検討の方 ・ アセットマネジメントに関する人材育成を御検討の方 【下水道用設計標準歩掛表】 ガイドライン等 ガイドライン等をオススメする方 ・ 下水道工事設計担当者向け ・ ・ ・ ・ ・. 1 / 下水汚泥のエネルギー化導入を御検討の方(初期検討) ・ 下水汚泥の広域的な利活用を御検討の方 ・ 下水処理からのリン資源の回収を御検討の方 ・ 下水汚泥の肥料利用を御検討の方 ・下水熱利用マニュアル(案)(H27. 予算との兼ね合いになってきますが、対策の実施時期を決めることが必要です。 BCPの作成は、国からも推奨されており、内閣府からは「事業継続ガイドライン」、経済産業省からは「事業継続計画策定ガイドライン」、国土交通省からは「下水道BCP策定マニュアル」といったように、多くの情報が公開されています。 そのため、大阪市建設局では、東南海・南海地震に対する国の中央防災会議による見直し検討を注視しつつ、現地の被災状況やその後の復旧状況、また、震災直後から調査・復旧支援のため現地入りした本市職員が得た経験や知見、国をはじめ各種関係機関による調査報告等、様々な観点から東日本大震災に伴う下水道施設の被害状況を分析・評価し、東日本大震災を教訓とした当面すべき対策の方向性を検討しています。 平成23年3月11日の東日本大震災は、津波で多数の下水処理場やポンプ場が冠水するという、本来、浸水対策を担うべき下水道事業にとって、およそ過去の想定では考えられなかった甚大な被害をもたらしました。 2.水道のBCPはなぜ必要なのか 水道のBCPが適切に機能すると、大きなトラブルが発生した際に、断水が発生しにくくなります。

>

下水道BCP訓練が国土交通大臣賞を受賞!

2 表彰式 (1)日時 令和元年9月10日(火曜日)午後1時15分~1時50分 (2)場所 中央合同庁舎3号館10階共用会議室A (3)その他 詳細については、を御覧ください。 1) / / 下水汚泥のエネルギー化導入を御検討の方 ・下水汚泥のエネルギー化導入簡易検討ツール H30. 7) / 下水熱利用を御検討の方(構想~企画~事業化~実施設計段階) ・ 地域内の下水熱が利用可能なエリアを特定するための下水熱ポテンシャルマップ(広域版)の作成を御検討の方 ・ 街区レベルでの下水熱の利用可能性の調査のため下水熱ポテンシャルマップ(詳細版)の作成を御検討の方 ・ ・ 渇水対策や水循環の維持・回復を御検討の方 再生水の利用を御検討の方 ・ 雨水の利用を御検討の方 ・下水汚泥広域利活用マニュアル(H31. この時に、どの経営資源を使っている業務フローであるのかが明確になっていると、計画が立てやすいです。 大阪市においても、上町台地以外は低地であり、その低地に下水道施設が立地していることから、切迫する東南海・南海地震に備えるため、東日本大震災に伴う被害を念頭に置いた対策の見直しが急務となっています。 初動の質を高めるために、そしていち早く被災状況から立ち直り通常業務を遂行させられるようになるためにも、BCPの作成に注力してみてください。 下水道B C P(B C P:Business Continuity Plan)は、災害発生により下水道機能が低下した場合であっても、 下水道業務を実施・継続するとともに、被災した機能を早期回復させることを目的とした計画です。

>

大阪市:「地震津波対策基本プラン(下水道編)(案)」を取りまとめました (…>下水道>お知らせ)

1 受賞の概要 (1)受賞部門 防災・減災部門 (2)取組名 現場に翔んで、クラウドでシェア!埼玉型下水道BCP訓練の実施 (3)取組内容 現場の災害情報をより迅速に組織内に伝達・共有することを目的に、平成30年度に、クラウド上にデジタル管路図を整備し、タブレット端末を活用した下水道BCP訓練を実施しました。 上下水道事業業務継続計画(上下水道BCP) 上下水道事業業務継続計画(上下水道BCP) 上下水道は、市民生活にとって欠かせない重要なライフラインの一つであり、大規模な災害等で職員、庁舎、設備等に相当の被害を受けても、優先的に実施すべき業務を中断せず、また、たとえ中断してもできるだけ早期に復旧を図る必要があります。 B 業務フローとボトルネックの洗い出し 工場の業務フローの分析が不完全である場合、 目標復旧時間の達成に向けて、どの部分を重点的にフォローアップすればいいのか迷ってしまうことになります。 。 【参考】国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」 健全な水循環、資源・エネルギーの循環を生み出す21世紀の下水道のコンセプト「循環のみち下水道」に基づく優れた取組に対し、平成20年度に創設された国土交通大臣表彰です。 中小企業省が公表しているBCPの有無による緊急時対応シナリオ例より引用します。 だからこそ、今までの慣れた業務環境をいち早く整え、優先順位やその人の役割を明確にしておくこと( 災害時の業務の見える化)で、多少は心に余裕をもって行動することができるのではないでしょうか。

>