Ksc エアガン。 ハンドガン|エアガン・ガス

エアガン レビュー

4Vバッテリーが同梱されます) HK53 ペイロードを限界まで切り詰めつつ、拳銃弾では対抗出来ない状況を想定し開発された超小型アサルトカービンがHk53。 装弾数が20発と少ないが、スタイルはともかくオプションの40連マグを使用すれば解決するだろう。 テーパーが美しいアウターバレルはアルミ削出で作成(ブラックアルマイト仕上げ)アウターバレルと共に延長されたロングインナーバレルによりさらに集弾性能に磨きがかかった。 ただ、動作時に一瞬だけリコイルスプリングの「ビヨン!」という感触が残るのが個人的には気になりました。 まずは左が素の状態。 射撃音は硬質なグラスファイバー樹脂製のレシーバー内で金属製のボルトが前後し、セミオートだとバキン、バキンといった音を響かせ、フルオートだとシュタコココココココッと引き締まった気持ちよいサウンドだ。

>

G シリーズ|ハンドガン|エアガン・ガス

さらに、スライドが重くなったことで「フルオート射撃」の迫力がダイナミックに進化し、精密型チェンバーと合わせて、シューティングの楽しみを倍増させています。 フレーム部 前端のシリアルプレート周辺に刻印があるのがKSC製。 根元にサイレンサー固定用のラグがある。 エキストラクターの赤いローディングインジケーターがリアルでいいアクセントになっている。 ビシッビシッ!と鋭く動作し、特にスライドの動きは非常に早く感じます。 グルーピングに関しては10mくらいまではKSCが一歩リードし、距離が離れれば離れるほどマルイが集弾するというもの。 2020. どちらも可動軸はロールピン。

>

G シリーズ|ハンドガン|エアガン・ガス

予めご了承くださいませ。 また樹脂製のストックであるにもかかわらず、あまりグラつくこともない。 40口径のフルオートカスタムをスライドHW化。 全体的には実射性能も良く、ブローバックもシステム7とマグネシウムボルトによって非常にキビキビとした小気味よい動作をする。 G17 スライドヘヴィウェイト ポリマーフレーム時代を到来させた傑作G17を、金属的質感のHW製スライドとABS製フレームの組み合わせで再現。

>

エアガン レビュー

もちろんサバゲーにおいてもインドア戦などの立ち回りには重宝する。 エキストラクターの赤いローディングインジケーターも無稼働ながらきちんと再現されています。 テイクダウンラッチレバーの裏にKSCのメーカー刻印があるところが雰囲気を大事にするポリシーだとわかる。 さらに精密型チェンバーによるスペックの向上や、スライドのシャーシ構造などフルオートタイプから得られたノウハウによって、外観・パフォーマンスともに優れたモデルに仕上がりました。 そして10年後のヘヴィウェイト版の発売に合せて、根幹のエンジン部分から設計を見直し、内径15mmの大型シリンダーとマガジンとの気密性を左右する「上下方向のガタ」から、スプリング類のベクトル方向の最適化まで、最新のCADを使って入念に再設計を行いました。

>

KSCガスガン ビッグマグナム

この大口径のマズルが迫力満点だ。 ゲームでも10m以下の近距離戦で敵をなぎ倒すように撃ちまくるといった用途に向いているだろう。 グリップした感じも一回り大きく感じる。 そして、その難問に対するKSC開発陣の回答がSP2340。 今となってはM29より遥かにビッグな拳銃もあるんだけど、 20年来のファンにとってはコイツはヒジョーにクルものがある。 ご注文から7日以内にお支払いください。 少しガタつくしホールドしにくいが、あくまで簡易的なストックと割り切るのが良いだろう。

>

電動ガン・エアガン|KSC ケーエスシー

スライドストップレバー KSC製は亜鉛合金製のレバーが樹脂製のスライドを引っ掛けてホールドオープン。 別売オプションで40連のロングマガジンもある。 お客様都合による返品・交換は承っておりません。 パーティングラインもNC加工されて美しく処理されている。 それでも以前の状態よりはかなり使えるようになったと思う。 ミリ単位の寸法のみにこだわって魂を入れ忘れた抜け殻ではなく、外観のどのパートを取ってもエアガンというジャンルで堂々と実銃と同じ「誇り」と「存在感」を主張する銃。

>

KSC

個人兵装の花形といえばショルダーウェポン 命中精度の向上や射程距離を伸ばすために長銃身としストック(銃床)を装備。 フロントサイトは円柱状のピンが立っている。 223口径にダウンサイジングしたのが、「HK33」シリーズ。 スライド後端 ダミーのファイアリングピンが違います。 またセフティポジションではボルトロックが作動し、ボルトは引けなくなりトリガーもロックされる。 KSC ガスガン P230JP 【エアガン レビュー】 日本の自衛隊や警察が採用する銃器にはやっぱり興味があるもの。

>