ミスティック リバー あらすじ。 感想&評価【ミスティック・リバー】観た者にしか分からない得体の知れない悲しさが襲う

映画『ミスティック・リバー』感想、凍りつく演技、唖然とするラスト、完璧な完成度、見落とす隠れたハッピーエンド[ネタバレなし]

監督の人生観が身に沁みます。 Contents• うーーん。 その後、犯人・ヘンリーとジョージは逮捕されました。 他人に間借りした思想ではなくて、自分から一本貫いた人生の軸。 25年後、ジミーの娘ケイティが何者かにより殺害された事件をきっかけに3人は再会します。 一方、ショーンは殺された娘のボーイフレンドの弟と、その友人を真犯人として逮捕し、デイヴが殴り殺した男の死体も発見されます。 「」も、そんなボストンを舞台にした映画です。

>

ミスティック・リバー|MOVIE WALKER PRESS

それから、 ラストでショーンがジミーに真犯人を伝えにいくシーンも印象的で好きです。 当時、映画館で観たときは、それだけで無条件にいい映画だなーなんて思っていたような気がするけど、いま改めて観ると、録画したものを何度も行ったりきたりしながら、理解しようとしたけど、まあ単純に語れる作品ではないですよ。 ストーリーとしては至高のサスペンス+人間ドラマとして素晴らしく、謎も無く終了。 またジミーは、犯罪に手を染めていた時からの仲間だった、サベッジ兄弟に犯人を探らせていました。 ジミーは、「もし「あの時」デイヴではなく自分が連れ去られていたら、自分は腑抜けになって、ケイティの母親のような女を口説くことはできなかった。 トリックや犯人探しより、登場人物たちが織りなすドラマの方に意味があります。 2 この一件は、3人に暗い影を落とし、交流はなくなった。

>

映画評『ミスティック・リバー』イーストウッド監督お得意の心に澱を残す人間ドラマ

ラストシーンに納得がいかない? 救いようがないラストシーン? そんな感想がひっくり返るかもしれませんよ! 是非記事を読んで確認してみて下さい! この記事は基本的にネタバレ全開です。 それぞれ3人の幼馴染が負った心の傷、そして大人になってからの負の連鎖、ディブ目線で見た場合とジミー目線で見た場合でもまた感想は変わってくるでしょうね。 最初から最後まで家族への希望を捨てず、最後に妻と子供が帰ってきます。 自身が受けた小児性犯罪のトラウマからか、そういった犯罪を激しく憎むようになっていたんですね。 映画『ミスティック・リバー』ってどんな映画? あらすじ アメリカのボストン、イーストバッキンガムという小さな地区がこの映画の舞台。 その3人の俳優の演技にも着目したい。 簡単なあらすじ 1 ボストンの町・イーストバッキンガムで、デイヴ・ボイルが友人2人であるジミー・マーカム、ショーン・ディバインの前で誘拐される。

>

ミスティックリバー|ラストの意味の解説や考察!最後の後味が悪いが評価は高い?

その悪戯を目撃した中年男性が、3人を注意し、警察バッジを見せて脅してきます。 それから25年経ったある日、ジミーの愛娘ケイティ()が何者かに殺され、殺人課の刑事となっていたショーンと相棒のホワイティー()がその事件の担当となります。 3人にとって、誘拐事件の記憶が残るこの町は、決して居心地の良い場所ではなかったでしょう。 そしてショーン・ペンは主演男優賞、ティム・ロビンスは助演男優賞を受賞した。 アノ人ではないと思ってましたが、「え?お前!?」という衝撃がありましたね。

>

感想&評価【ミスティック・リバー】観た者にしか分からない得体の知れない悲しさが襲う

本編の迫真の演技を見ればそれも納得ですね。 犯人はブレンダンの弟レイとその友人です。 ショーンとパワーズは、ジミーを訪れ、ケイティがブレンダンと駆け落ちしようとしていた事を伝え、ジミーはショックを受けます。 ローレンという身重の妻がいましたが、ローレンはショーンと喧嘩して家を出ています。 ケイティが殺される前に立ち寄ったバー• デイブはセレステに「強盗に襲われて、反撃した」と伝えます。 ひとりは被害者の父、ひとりは容疑者、ひとりは刑事として。 主演から端役まで幅広くこなす実力派です。

>

感想&評価【ミスティック・リバー】観た者にしか分からない得体の知れない悲しさが襲う

登場人物はそれぞれが軸を持っている。 特に好きな映画のジャンルはサスペンス系やどんでん返し系です。 しかしその翌日、訪ねてきたショーンに犯人を逮捕したと告げられるのだ。 幼馴染のジミー(ショーンペン)、デイブ(ティムロビンス)、ショーン(ケヴィンベーコン)は子供の頃に道路に落書きして遊んでいたところ、警察と名乗る見知らぬ男2人に怒られてしまう。 ヒントは無言の存在です。

>