クロス ボーン ガンダム ダスト。 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST

バロック

最初は「子供仲間」としてフォントに懐いていたが、共に行動するうちに恋心らしきものを抱くようになる。 しかし、戦いの中でベルナデットの正体が木星帝国総統の娘、テテニス・ドゥガチであることが明らかとなる。 2019年10月25日発売• しかし、あまりにも強力なビームの場合はその限りではなく、本装備ではF91ののビームを完全に防ぐことはできなかった(作中において、ハリソン専用F91の放ったヴェスバーの直撃を背部に受けたX1は、機体自体に目立った損傷はなかったものの、その際に装備していた本装備は崩壊している)。 なお、これ以降のX1のバリエーションもX1本体の性能向上は行われておらず(少なくとも劇中ではそのような描写はない)装備の追加、変更による強化にとどまっている。 自称「美少女」だが、年齢は28歳。 ロールアウトから30年が経過した宇宙世紀0153年においては、出力はと同程度、攻撃力も宇宙世紀0133年時程のアドバンテージは無く、総合性能ではむしろゾロアットが上回る、とされる。

>

バロック

17年後の『ゴースト』では地球圏に舞い戻ってフリーライターとして登場。 出力はザンバスターと同じだが、分離せずに砲身部分を折りたたむことでサーベルに変形させる(名称はこの機構がに似ていたことに由来)。 X3は先にロールアウトしたキンケドゥ機(X1)、ザビーネ機(X2)とは違う装備が考案されていて、「こいつが上手くいくか試してもらおう」ということで海賊軍に配備された「実験機」。 サナリィではなく木星で新たに開発されたクロスボーン・ガンダムである。 ルナツー 地球連邦軍が時代に要塞を築いた小惑星。

>

クロスボーン・ガンダム

主要人物の家族 [ ] アンクル・キング アッシュの祖父。 名称は、その変形方法(後述)から連想される「バタフライナイフ(折り畳みナイフ)」をもじっている。 商品情報 [ ] リンク [ ]• フリント及びに装備された改良型は、発射されたビームがペレット状と通常の描写があった他、ビームザンバーは砲身から直接引き抜いて使用するが、砲身部分がオリジナルと同じバスターガンのような射撃武器としての使用はできない模様。 ヒート・ダガー 脚部スラスターで発生した余熱により刀身を赤熱化させ対象を溶断する、小型の実体。 木星タカ派によって6歳のころに人質同然の扱いでムーンムーンに連れてこられ、カグヤの婚約者とされるが、当のカグヤが出奔してしまったため宙ぶらりんな状態でムーンムーンに留め置かれていた。 スクリュー・ウェッブ ドリル状の先端を高速回転させる事で貫通能力を高めた鞭。 『DUST』オリジナル設定としてクラックス・ドゥガチから個人的な恩義を受け、それに対する感謝と忠誠心を持つとされる。

>

スタジオ秘密基地-長谷川裕一公式ブログ-

には既に『型落ち』機となってしまっているクロスボーンガンダムでは、地球圏において戦力不足におちいる事を危惧したカーティスが、ブラックロー運送に1年前から開発を依頼していた新型兵器。 8t ジェネレーター出力 5,280kw 装甲材質 ガンダリウム合金ハイセラミック複合材 スラスター総推力 100,000kg 概要 の陰謀を阻止するべく、ロナ家長女が再編した『』が運用する主力。 パイロットは。 バスターランチャー 劇中ではX2のみが使用。 テテニスらが木星の政争で敗北し、親と引き離されて育った為ややマザー・コンプレックス気味。

>

「クロスボーン・ガンダム」完結目前! 25年の歴史で“一番人気”なキャラ&MSは誰だ!? 人気投票実施

ムーンムーン [ ] エラゾ・カノー ムーンムーンの司祭長。 現に敵であっても、ニュータイプとして急成長するトビアに強い関心を示し、しきりに自らの元に来るように勧誘している反面、子飼いのギリに対しては敗者という理由だけで気にもとめなくなる程。 のであり、・ロ崩壊後に義勢から担ぎ出された名の嬢。 (ネーミングが中二全開でかっこ良過ぎて震えてきたw) プレミアム・バンダイ限定で2018年4月に発売、 ガンプラとしては初の立体化となります。 戦後はの妻となり、共に監視役として木星圏に暮らす。 ただ、アニメ化に向けていい動きが出ているのも確かです。

>

スタジオ秘密基地-長谷川裕一公式ブログ-

自身が乗るはずだったファントムに搭乗し、使いこなせていないトレスやフォントに対して怒りを露にして追い詰めるものの、相手の機体性能を分析しきったフォントの策により、初動が遅れる隙を狙われ敗れた。 基本構造はX1、X2と同様であるが、両手がビームシールドから、iフィールドハンドになっていたり、胸部にバルカンやムラマサ・バスターがあったりなど、特殊装備が複数あって少し違う。 ヨナ 声 - ウモンやジェラドと共に木星戦役を戦い抜いた女性パイロット。 上巻 2003年9月1日初版・• 本人は政略結婚には否定的だが、女性としての理想像をカグヤに見出しており、「お互いに愛し合ってこそ結婚するべき」という持論を持っている。 他の武装に関してはビーム・ザンバーなどが確認できるが、内蔵武器に関しては不明である。 ジェラド 声 - ウモンやヨナと同じく木星戦役を戦い抜いたパイロットの一人。

>

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST (きどうせんしくろすぼーんがんだむだすと)とは【ピクシブ百科事典】

サイコミュでコントロールされる為ファンネルの様に機敏かつ長距離で運用出来るのが最大の利点だが、サイコミュコントロール自体に難点があり操作にはパイロットに極度の集中を生じるため負担も大きく一機動かすのがやっとである。 たびたび非公式に実験機やそのパーツを買い付けに来るクロスボーン・バンガードに、実戦データ収集のため、「疫病神」と憤慨しつつも渋々協力している。 シールドは組み合わせたビーム刃の先端から展開するため、ビーム発振部を露出させることなくシールドを展開させられる。 父謹製の品で父親から引き継いだ唯一の遺品でもあり、内部に厳重なロックを施されたファイルが存在。 これまで直接的に描かれなかった後の時間軸を描いており、、等を除けばの最も未来を描いている作品になっている。 劇中の活躍 木星における実戦テストのため、X2と共に秘密裏にに供与され、主にキンケドゥ・ナウが使用した。

>

「クロスボーン・ガンダム」完結目前! 25年の歴史で“一番人気”なキャラ&MSは誰だ!? 人気投票実施

エンジェルコールを奪うべくクォ・グレーたち他のサーカスのメンバーとともにキゾと戦うが、キゾのMSミダスにより機体を強制停止させられ、動けなくなったところをウイルスビットの直撃を受け死亡する。 詳細はを参照。 『ゴースト』ではすでに死去しており、結婚後5年目で亡くなったことが語られる。 『ゴースト』の登場人物 [ ] 主要人物(ゴースト) [ ] フォント・ボー 声 - 本作の主人公。 木星決戦ではトビア、ミノルとチームを組み遠距離からの援護を担当。

>