小岩井 フルーツ 牛乳。 小岩井乳業のフルーツ牛乳が10月末で販売終了…後継商品は出ないのか問い合わせたら商品愛あふれる回答に切なくなった

【飲料】緊急事態発生 フルーツ牛乳がまた一つ日本から消える

当時小学生。 小岩井乳業の広報担当者は終売の理由を「もともと極端な(販売)ボリュームがあったわけではなく、 嗜好性の高い商品でしたが、役目を終える時がきたと判断いたしました。 小岩井乳業の広報担当者は終売の理由を「もともと極端な(販売)ボリュームがあったわけではなく、嗜好性の高い商品でしたが、役目を終える時がきたと判断いたしました。 銭湯などで親しまれている瓶入りの「フルーツ牛乳」がまたひとつ消える。 最後に こうやってネット上の評判を かき集めて調べてみましたが結局は 飲んでみないとわからないですよね。

>

「フルーツ牛乳」が終了? 調べてみると…終売は明治だけ、他社はまだまだ健在!(オトナンサー)

あのどこか懐かしく、ホッとするような甘さと爽やかな味わいのフルーツ牛乳、もう飲めないのでしょうか……? 後継商品などは発売されないのか、小岩井乳業に問い合わせてみました。 08 sumito 明治以外にフルーツ牛乳を作ってるメーカーは? 明治フルーツ牛乳が2019年で販売終了になるということですが… 結局 ペットボトルの「フルーツ」 220m が 3月18日から発売されるようですね。 担当者「新商品『フルーツ』(220ミリリットル)を主に自動販売機や宅配にて展開します。 本当は牛乳キャップってもっといろんな情報量が記載されてなきゃいけないはずのですが、このキャップは記載が少なく、一発目にして調査のほうに苦戦してしまいました。 うーん、残念……。 」「温泉や銭湯に行ったらフルーツ牛乳が楽しみなのに」と惜しむ声が相次いでおり、広報担当者は「そういうお言葉には感謝とともに、辛いところもございます」と話した。

>

小岩井フルーツ 牛乳キャップ

"フルーツ牛乳"をめぐっては、明治(東京都中央区)の「明治フルーツ」も昨年に撤退していた。 そこで小岩井農場では風味豊かな良質の生乳を生産することを第一に、自然のままの飼料を自ら生産するための土づくり・草づくりから始めました。 明治の清涼飲料水「明治フルーツ」も昨19年4月に終売していた。 フルーツ牛乳の売り上げは、コーヒー牛乳の半分以下で、さらに生乳よりも少ないが、「週末に家族連れの子どもたちがよく買ってくれる」という。 まず、リンゴ、バレンシアオレンジ、パイナップルなど6種類のフルーツとミルク(乳製品)をミックスした清涼飲料水「明治フルーツ」(180ミリリットル)の販売終了を明らかにした明治の広報担当者に聞きました。

>

小岩井フルーツ 牛乳キャップ

銭湯関係者のツイッター投稿をうけ、J-CASTニュースが確認したところ、同社が13日に終売を認めた。 「コーヒー牛乳」(こちらも通称)や牛乳とともに、銭湯の定番商品といえる存在ですが、銭湯そのものの減少などで、厳しい状況にあるようです。 種類別は 乳飲料。 コレクションは記憶媒体とか言っておきながら、最初に手に入れた牛乳キャップであることしかほぼ覚えてなかったので、調査から記憶を掘り起こしました。 なお、公式サイトを見てみると、2012年に新商品として発売となっています。 "フルーツ牛乳"をめぐっては、明治(東京都中央区)の「明治フルーツ」も昨年に撤退していた。

>

小岩井乳業が販売する瓶入りの「小岩井フルーツ」が終売へ 明治フルーツも昨年撤退|ニフティニュース

"フルーツ牛乳"をめぐっては、明治(東京都中央区)の「明治フルーツ」も昨年に撤退していた。 同社は当時の取材に 「お客さまの健康志向の高まりにより、当該商品のように嗜好を特長とする商品は、 苦戦を続けてきました」と中期的な売り上げ不振を理由に挙げていた。 2020年10月13日、小岩井乳業の瓶入りフルーツ牛乳 「小岩井フルーツ」が2020年10月末で販売終了するというニュースが入り、ネットに悲しみの声が広がりました。 確かにオレンジって牛乳に合わないイメージがありますけどフルーツ飲料の2席の一つをそのオレンジが占めているわけだから 選ばれた理由があるはず…! 私たちとしても苦渋の決断でした」 とのこと。 月末にかけて発注を増やしたところだが、「冷蔵庫の大きさが限られるのが悩みです」。 担当者「中期的に販売量が減少しており、今回販売を終了させていただくこととなりました。 担当者「明治様の商品導入先は、弊社では把握しておりませんが、温浴施設様などからご要望を頂ければ、検討させていただきます。

>

【のみもの】銭湯の定番「小岩井フルーツ」牛乳終売へ。小岩井乳業「苦渋の決断でした」

私たちとしても苦渋の決断でした」 とのこと。 関係者のツイッター投稿をうけ、J-CASTニュースが確認したところ、同社が13日に終売を認めた。 【商品愛に胸がいっぱいに】 また、販売終了となった理由については 「もともと販売ボリュームの大きな商品ではありませんでした。 同社は当時の取材に「お客さまの健康志向の高まりにより、当該商品のように嗜好を特長とする商品は、苦戦を続けてきました」と中期的な売り上げ不振を理由に挙げていた。 サウナのあとは、瓶入りのフルーツ牛乳を飲むのが楽しみだったので私も大ショック……。

>

小岩井フルーツ 牛乳キャップ

外部サイト. 銭湯関係者のツイッター投稿をうけ、J-CASTニュースが確認したところ、 同社が13日に終売を認めた。 銭湯での販売が多かったのでしょうか。 (中略)残念でなりません」と投稿すると、それに対するリツイートなどの反応が急増したという。 担当者「今後も『雪印フルーツ』の販売は継続いたします。 しかし、明治は瓶入りの販売終了後に。 この頃に、小岩井フルーツはプラスチックに移行したのではないかなと思われます。

>