アームド ドラゴン デッキ。 【アームド・ドラゴン・カタパルトキャノンデッキ 効果考察。】回し方や動かし方について色々と考える。デッキレシピも?

ADCC(アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン)を出したいんじゃあ!!

このの登場により、と(およびそのを擁する)を混合させる意義は一応生まれたと言える。 そうすれば簡単に出すことが出来るので、メタビートでもなんでもこのカードたちを出すためのお膳立てをする事が主な回し方と言えるでしょう」 「微妙に出すのが面倒くさいカードばかりなんですわよね。 2 の効果は「アームド・ドラゴン・サンダー」の効果トリガーとなる他、《魔道騎士ガイア》《エフェクト・ヴェーラー》等の光属性と共に採用すれば先述の《ダークフレア・ドラゴン》を自身の効果で特殊召喚することも視野に入ります。 新規こないかなあww -- 名無しさん 2016-07-19 07:05:10• 「で、その為のサーチカードがこれと」 「アームド・ドラゴンデッキで特殊召喚が可能なカードで速攻魔法でもありますがドラゴン族の特殊召喚可能な出張パーツ要素としても活躍できるカードでもありますわよ。 3 :このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。 や、等の高い• 2 :自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、 自分フィールドの闇属性Xモンスター1体を対象として発動できる。

>

遊戯王カードWiki

《No. 2 :このカードのコントローラーが受ける効果ダメージは0になる。 1 :自分の墓地からドラゴン族・鳥獣族モンスター2体を除外して発動できる。 戦闘で勝てば進化じゃなくて自分で進化できるっていう強みも同じような雰囲気を感じるわ。 LV10を2回出すころにはデッキの中のアームドドラゴンはほぼ無くなっているため基本的な登場回数は2回と考え、別プランでライフを削るパーツは別にデッキ内で用意していたほうがいいと思います。 主にレベル7ドラゴン族復活に使用できる《》。 このの存在により、はに関連するサポートを受けられる。

>

アームド・ドラゴン・サンダー デッキ【天帝アイテール】

「アームド・ドラゴン」についても、「」によって「」の召喚をサポートできます。 おジャマ・ブルー デッキの潤滑油たるカードです 戦闘破壊されたときにおジャマと名のついたカードをデッキから2枚手札に加えることができます 被戦闘破壊時なので効果の発動までに若干のラグがありますが、 おジャマと名のついたカードであればモンスターだけではなく魔法・罠カードもサーチでき また サーチできる枚数も2枚と非常に優秀です。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV3」として扱う。 だけではなくアニメにまで範囲を広げると、アニメ5D'sに登場した(アニメ版)は似たような条件を持っていた。 1 :自分フィールドの「アームド・ドラゴン」モンスター1体を対象として発動できる。 能力を十分に発揮するにはある程度のが必要なのだが、の条件を満たすのが難しく、その枠にを使うため、力・能力は相対的に低い。

>

【アームドドラゴンデッキ 2020年】優勝デッキレシピ,カード効果,最新デッキレシピまとめ

2 :相手ターンに1度、デッキ・EXデッキからカード1枚を除外して発動できる。 「アームド・ドラゴン・サンダー LV5」と 「アームド・ドラゴン・サンダー LV7」の 3の効果は確実にモンスターをサーチすることが出来るので、手札の消耗を抑えつつ 「アームド・ドラゴン・サンダー LV10」へと繋げられます。 フィールド・墓地に存在する限りリメイク前としても見れる点含め、とりあえずアームド・ドラゴン・サンダーをコストで切りつつ回すのは大事そうです。 皆さんも今からこのパックの発売が待ち遠しいかと思います。 手札・デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。 このカードを特殊召喚する。

>

遊戯王 アームド・ドラゴン・ディバインデッキレシピLV(レベル・レベルアップモンスター)【ビートダウン】

・《おジャマ・レッド》 召喚時に 手札から「おジャマ」を4体まで特殊召喚できる。 まず《》が出せない自体になりそうですが、これに関しては結構出すタイミングがあります。 の効果で特殊召喚ができる。 除去能力はあの『裁きの龍』と同等! 効果使用後の攻撃制限なども一切ないので そのまま10000の直接攻撃を叩き込むことすらできます。 ホワイトを採用していないのは除外できる種類とLV5でサーチできるためこちらを優先しました。 露骨な6枚態勢でアームド・ドラゴンの初動を支えてくれますの」 「まぁ同パックで勅命のサーチがしやすくなったんですけどね レベル3のアームドドラゴンの指定は無いのでサンダーの方でも普通のアームドドラゴンでもどっちでも展開できるカードで、「アームド・ドラゴン」デッキでは初動であると嬉しいカードです。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

>

遊戯王 アームド・ドラゴン・ディバインデッキレシピLV(レベル・レベルアップモンスター)【ビートダウン】

1 :自分のモンスターゾーンに「竜騎士ガイア」が存在する限り、 相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。 さらに 1 の効果で、 相手は除外されているカードと同名カードの効果を発動できなくなるので、1度決まってしまえばほとんどゲームエンドまで持っていけるという破格の性能となっています。 攻撃力1万を目指して打点を上げるのも良いですし、そもそも「攻守をあまり変動しなくても十分に展開が出来るテーマ」で「息切れもしやすい」ので盤面を返して相手がジリ貧になるのか見極めて効果を使います 回し方その1:《アームド・ドラゴン・サンダー》の共通効果で展開! 回し方その1:《アームド・ドラゴン・サンダー》の共通効果で展開! 「アームドドラゴンデッキ」の回し方としては上記のアームドドラゴン・サンダーの共通効果で3・5・7・10と展開していくだけ。 LV3素引きより多少強いくらいだと思います。 墓地へ送られたモンスターが通常モンスターだった場合、 さらに自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。

>

【遊戯王デッキ】《ガイア》×《アームド・ドラゴン》デッキ解説!

普通のLV5いらんくね -- 名無しさん 2020-11-15 12:07:57• 「アームド・ドラゴン・サンダー」モンスターは全て通常召喚可能なモンスターであるため、 「名推理」を使うことで特殊召喚が可能です。 これは自力で無理やり出すには召喚権が足りませんの」 「 5体出せ。 この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できない。 「ページ利用の際の注意事項」• この効果は相手ターンでも発動できる。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV7」として扱う。 そのカードを手札に加える。 そのカードを破壊し、自身の攻撃力を1000アップする。

>

【遊戯王デッキ】《ガイア》×《アームド・ドラゴン》デッキ解説!

フィールドのこのカードを墓地へ送り、 手札・デッキからレベル7以下の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。 2 :このカードのリンク先のXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動した場合、 相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 手札から風属性モンスターを墓地に送ってデッキのドラゴン族モンスターを手札に加える効果では、 「アームド・ドラゴン・サンダー」に共通する「 ドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地に送られた」時の効果が発動でき、 あまりにも好相性です。 難しいのが、このカードを2枚入れるか3枚入れるか、という点で3枚は多いかなと思いつつ、コストで手札消費が激しいのであれば3枚入れるのは全然ありかなと思います。 しかしそれにより、下級モンスターが引けず事故が起こる可能性が高いという問題もあります。 ドラグニティアームズ-グラム ピンで入れてるけど、サーチできるし、コストとして捨てても自己蘇生できるし、かなり使える -- 名無しさん 2020-11-24 23:58:44• 3 :このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。

>