Word 変更 履歴 削除。 Word(ワード)で個人情報を削除する2つの方法|作成者、コメント、変更履歴などの削除

Wordの変更履歴の使い方と削除方法

ファイルのプロパティから個人情報を削除する方法 ワードからではなく、ファイルの情報から直接消す方法もあります。 すべての変更履歴を取り消す。 変更履歴の記録をとるときは、挿入した文字が赤で表示され、削除した文字には赤い取り消し線が付きます。 変更履歴が選択された状態になります。 通常の編集画面でコメントを非表示にしたい場合は下記の手順で行うことができます。 なお、すべての変更履歴を削除することもできます。

>

Wordの変更履歴の使い方|履歴の表示/非表示や削除・注意点

1-3. 特定の変更履歴に戻したい場合は、最初に選択する「最終版:〜」の箇所を戻したい変更履歴まで戻してから上記手順を実行するようにしましょう。 承諾の反対です。 質問の際は使用環境・現象・エラー内容など、できるだけ具体的な状況がわかるようにしてください。 Wordの上部メニューバー「ファイル」を選択• この設定は印刷プレビューを閉じると元に戻ってしまうため、印刷のたびに設定し直さなければなりません。 この変更履歴機能を利用中、文章中のある部分を文字削除した場合、当該削除部分に取り消し線を本文中に表示させたいのに、右側余白欄外に「削除:〇〇〇〇」といった形で、削除した文字が表示されることがあります。

>

【簡単】Wordの変更履歴を削除する3つの方法-変更履歴の表示/非表示を切り替えるには?

Wordの上部メニューバー「ファイル」を選択• 下のほうに注意書きがあるように、変更を元に戻せませんのでご注意ください。 紙の文書を添削するときは赤ペンを使いますが、Wordも同じです。 なんらかの設定でこの動作を変えることが出来るのであれば、その設定を教えてあげてください。 スポンサードリンク |||変更履歴を削除する. [校閲]タブ-[変更履歴]グループ-[変更履歴とコメントの表示]-[吹き出し]-[すべての変更履歴を本文中に表示]を選択して、チェックです。 「プライバシーオプション」-「ドキュメント検査」-「検査」をクリック• 模式的に表現すると、次のようになります。 Wordの変更履歴を削除・保存する2つの方法 Wordの変更履歴を削除する場合には、変更履歴を反映させた状態で履歴を削除してファイルを保存する方法と、変更される前の状態に戻してから変更履歴を削除してファイルを保存する方法の二つの方法があります。 表選択後、DELキーで削除すると表内文字列のみの削除となります。

>

『移動』したのに削除と挿入の変更履歴になってしまいます。

だれが、どの箇所を、どのように変更したのか、履歴を記録に残す機能です。 このため、わざわざ色を変更する必要はありません。 選択したら「校閲」タブをクリックし、「 コメントの挿入」を選択します• サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある• コメント、変更履歴、バージョン• この場合は下記の2つの手段を以て、変更履歴がある状態への復元を行うことができます。 ライセンス管理が必要• 「コメント、変更履歴、バージョン、および注釈」を 「すべて削除」すると、 履歴は反映、コメントは削除されます。 マクロ、フォーム、および ActiveX コントロール• この「変更を承諾」もしくは「元に戻す」ことにより、変更履歴が1つ1つ(もしくはまとめて)削除されます。 文書の先頭にカーソルを移動します。 コメントを記述したい文言をドラッグして選択します• では削除しましょう。

>

Word

Bさんの変更箇所をまとめてすべて承諾する場合は、「 すべての変更を反映」をクリックしましょう。 同様に,変更を適用せずに破棄したい場合は,【 元に戻す】ボタンから履歴を破棄することもできます。 もうこれ以上変更がない場合は「すべての変更を反映し、変更の記録を停止」を選択してください。 これら個人情報を保存したくない場合は 「ドキュメント検査」機能で削除できます。 ただし変更履歴の表示設定は誰でも触れるため、提出物には向きません。 文字を削除しようとすると、文字が消えるのではなく、文字に取り消し線が引かれます。

>

Wordの変更履歴の使い方(校正の記録や削除の方法など)|Office Hack

[いいえ] を押しても、未解決であることは回答者には伝わりません。 埋め込みドキュメント• 新着記事で探す• 右下の [検査]をクリックするとすぐに検査が終わります。 Word2003では、 [ツール]メニュー-[オプション]をクリックします。 「ドキュメント内のすべてのコメントを削除」を選択 上記の手順でWord文書につけたコメントを全て削除することができます。 パスワードを入力し、[パスワードの確認入力] ボックスでもう一度入力する マークアップを完全に削除するには、変更を反映するか元に戻し、コメントを削除します。 というような事態を避けることができます。

>

『移動』したのに削除と挿入の変更履歴になってしまいます。

今回は、[作成者]と[前回保存者]の場所にチェックを入れました。 ですので、以上の説明は、表示方法が分からなくなったときの参考にしていただければ十分だと思います。 2-3. 必要がなければ履歴を削除して容量が軽くなるかチェックしてみるのも良いでしょう。 検査する項目を選ぶ画面ですね。 変更が反映され、変更履歴が削除されたら保存を忘れずに行いましょう。 2-2. 2-3-2. 印刷設定で制御する 表示内容では変更履歴を表示したまま、変更履歴を表示せずに印刷したい場合、印刷プレビュー画面で設定します。

>