石井 ゆかり 星 占い。 石井ゆかりの星読み 2020年12月の月間占い(1星座)

石井ゆかりの星読み 2020年12月の月間占い(1星座)

それらを読んでいてしみじみ驚くのが「戦闘シーン」の多さです。 twitterフォロワー数29万人、書籍の12星座シリーズは120万部突破のベストセラー。 2020年の中であなたが創っていく 「新しい仕組み」は、 人と人とのフラットで自由な情愛を生み出し、 そうした情愛によって営まれる「場」を創り出すことになるようです。 2020年の牡羊座の世界の「言葉」には、 そうした発見がたくさん詰まっています。 石井ゆかりには 誰のホロスコープも 綺麗に輝いて見えるそう では、貴方の出生ホロスコープで読み解いて 貴方の恋愛についてみてみましょう。

>

石井ゆかりの星読み 2020年12月の月間占い(1星座)

また、「勝負」に有力な助っ人が現れる気配も。 水面下にあったものが上にあがってくるのは、 「そのときが来た」からなのだろうと思います。 「活動宮(カーディナル・サイン)」は、自ら何かを始めようとする世界です。 私たちが最も頻繁に経験している「コンジャンクション」は、新月です。 その変化の中で、 あなたはリーダーシップを取ることになるでしょう。 愛を探している人は、 「居場所」の近くにみつかるかもしれません。

>

『星栞 2021年の星占い 』石井ゆかりさんに来年の星を教えてもらった!

ですが、2020年は時々、 「自分」を言葉にして語る場面がありそうです。 誰かに関する特別なニュースがあった日は、そのニュースを受け取る人を取り巻く空気もまた、驚きの色や喜びの色に染まるものだと思うのです。 これは、自己アピールとか、 自分語りということではなく、 敢えて自らを言葉で語ることによって、 「解り合える仲間が増える」 ということなのだと思います。 (このような考え方が星占いの「オーブ」というしくみに現れています。 水車の仕組みを開発した人は、 多分、力もちではありませんし、 もしかすると、 怠けたくて水車を発明したのかもしれません。

>

おひつじ座

なんというか、たとえば私は「アダムス・ファミリー」の映画が結構好きです。 一方「自分から何かを変えるのはいやだな」「現状維持に徹したい」という人は、「現状維持に徹するぞ!」という主体的な意志を持ち、そのために動いていけば、その目標を自分の手で達成できる年、という解釈もできると思うのです。 実はこれまで、石井ゆかりさんの本は2回購入。 時間を遡り、関わりを掘り下げ、 場合によっては一番深い場所まで 「心の階段」を降りて行って、 とても大切な宝物を見いだすことが出来ます。 遠出する人が多いでしょう。

>

うお座

ただ、「始まり」のスケールとしては、前回よりも今回の方が「大きい」イメージです。 失った関わりが「再生」するような場面もありそうです。 自己開示をし、思いを伝え、 自分が自分をどう思っているかを語る中で、 自分もまた、自分自身を新たに発見できます。 これは、要求するのでもなく、ゴリオシするのでもなく、自分から道を選んで自分から歩き出す、というイメージの動きです。 実は「星栞」は2006年~2015年まで刊行された下半期占いの本のタイトルでした。 もちろん、嫌な思い出の場所ならば、 ムリして帰ることはありません。

>

【無料占い】2021年上半期はどうなる?石井ゆかりが占います

更に月の後半は、 ずっと密かに心に温めてきた思いや、 自分の中で扱いかねていた深い感情が、 不意に、心の水面に姿を現すかもしれません。 ゆえに2020年は「自分から何かを始めたい」と思っている人には、ごく動きやすい年となるでしょう。 こまかいことはいいから、ガンガン突き進め! という爽快な勢いが感じられます。 8月から9月頭は とても楽しい時間となるでしょう。 「自分はこういう人間だ」という認識、 つまり「セルフイメージ」「アイデンティティ」は、 星占いでは「人生の出発点」なのです。 キラキラしたトキメキの恋愛! というよりは、 おこたを囲んでミカンを向いているような、 ほっこりと温かな「居場所」に、 愛を育てたい年となるはずなのです。 この時期は結婚などで家族が増える可能性もあります。

>

石井ゆかりの星読み 2020年12月の月間占い(1星座)

でも、本当は、 そうした物差しで分断されることのない、 大きな情愛のつながりを、 誰もが求めているのではないでしょうか。 2019年から準備してきたプロジェクトに ドバーンとつっこんで行くことになるでしょう。 他には、 幼なじみや兄弟姉妹がキューピッドとなってくれる気配もありますし、 母校を訪ねたり、学びの場に出向いたり、 小旅行に出かけたりすることも、 愛の呼び水となるかもしれません。 ) このように、ある特定の日にちを指定されると、その日に望んだようなことが起こるのでは、とドキドキ期待してしまいますが、できることなら、その日に何が起こるのかは白紙にしたまま、わくわくするような企画を自分から、仕込んでいきたいものだと思います。 8月から9月頭は とても楽しい時間となるでしょう。

>

【無料占い】石井ゆかりが占う「あなたの恋愛」

水車の仕組みを開発した人は、 多分、力もちではありませんし、 もしかすると、 怠けたくて水車を発明したのかもしれません。 もとい、それでも「だれか」をうまく選んでついていくことができれば、もしかすると、「なんとか」なるかもしれません(!)。 経済活動におけるアンバランスな部分を、 ここで軌道修正できるかもしれません。 素晴らしい「生活の場」を創造できる季節です。 あなたの頑張りが正当に評価された上で、 あなた一人の重荷ではなく、 みんなで引き受けて動かす価値のあるものだ、 というふうに、 前向きに共有されていくことになるのだと思うのです。

>