四国 カルスト キャンプ。 標高1,400mの天空エリア・四国カルストで、食べて遊んで泊まって自然を満喫しよう!│観光・旅行ガイド

旅行・観光サイトで教えてくれない四国カルストへドライブ、ツーリングする時の注意点

四国のロードマップは四国を観光する人に僕が実際に行き見てきた経験を記事でおすすめを紹介しちます。 四国カルストは標高的に見て高地になりますので服装や持ち物などの一定の準備が必要です。 特に愛媛県と高知県の境には標高1500mを越える山々がひしめく。 なんと行っても日本三代カルストの 1 つが四国にあります。 目の前に広がる絶景と共に、美味しいソフトクリームを食べて見てください。 標高1,000mから1,485mの高地にあり、夏でも気温が低く、涼しく過ごすことができます。

>

四国カルスト|まんてんスポット|久万高原町観光協会

そのほうがライトなどの無駄なエネルギーも使わないので合理的ですよね。 カルスト台地の麓にもスーパーがあるので、何か足りないものがあった場合もすぐに買い出しに行けます。 お気軽キャンプができる季節はとっくに終わっていた。 しかし、今回選んだキャンプ場は「姫鶴平キャンプ場」だ。 (1人前2,500円・税込). 洗い場が近い• 新鮮で美味しい野菜を購入できます。 高知県と愛媛県の県境にある「姫鶴平(めづるだいら)キャンプ場」へ行ってきました。

>

満天の星空!四国カルスト【姫鶴平キャンプ場】で絶景キャンプ!

ランタン• 水が出ません。 季節関係なく快適に過ごせるログハウス風のキャビンやトレーラーハウス、そしてペット可のキャンプサイトがもあり、多くの人がキャンプを満喫。 *上記はお一人様税込み料金 *幼児(3歳以上) *シーズン料金(大人の方のみ) 夏期(7月25日~8月31日) 年末年始(12月30日~1月3日) GW(4月28日~5月6日) お風呂(展望風呂)/バリアフリー宿泊施設/バリアフリートイレ/水洗トイレ/テレビ/電源コンセント/扇風機/暖房. 施設は天狗高原キャンプ場の方が良いが、姫鶴平キャンプ場の方が安くて、ある風景を見るために適しているのでこちらを選んだ。 場所によってスマホの電波が悪いところがあるのでテント設営の前に確認をしておくことをオススメします。 トイレも水洗ですし、炊事場も、とても綺麗なキャンプ場です。 list-arrow-circle-right li::before,. 雲の量を調べるなら「GPV 気象予報」 天気予報では雨が降るかどうかが主に予報されるので、雨が降らない天気だけど雲が出ているってことありますよね。 そんなあなたは、こちらも参考にどうぞ。

>

旅行・観光サイトで教えてくれない四国カルストへドライブ、ツーリングする時の注意点

画面の白くなって見えるのが雲。 登山やハイキング、キャンプ、パラグライダーのメッカとしても有名で、毎年多くの人が訪れています。 【計画時の注意点】四国カルストへの通行可能期間は4月下旬~11月いっぱい ひとつだけ、四国カルストを計画する際に注意点があります。 またブログ内にも記載されていますが、現在のカルストの状況を梼原町役場が管理しているライブカメラで確認ができます。 ここが一番日の出を観察するのによさそうです。 逆に、姫鶴荘のキャンプサイトはお風呂を利用することができません。 また、コテージやインドアグランピング、キャンプサイトなど、バラエティ豊かな宿泊施設があり、好きなタイプの宿泊を楽しめます。

>

[四国カルスト]姫鶴平キャンプ場で「ふたりキャンプ」をしてきた感想

また、車の乗り入れもできるので、車の横にテントを立てて、一緒に写真を撮ったりすることもできますよね。 綺麗で広くて、とってもいいところです。 ・携帯電話の通話エリアについて、地形の状況によっては不通のエリアがあります。 四万十川の畔や四国カルスト台地、高原、海辺と、何度行ってもその度に新しい環境でキャンプやアウトドアを楽しむことが可能。 食後はお決まりのホットコーヒーを飲んで一腹。

>

旅行・観光サイトで教えてくれない四国カルストへドライブ、ツーリングする時の注意点

今回は利用しませんでしたが、姫鶴荘にはレストランと簡易宿泊施設があります。 キャンプ飯ってどうも塩分濃いめになりがちなので、水は多めにもっていきます。 お友達にも大評判でした! ししかつラーメン(880円)。 そのほかにも、お弁当なども販売しているので、僕はここでお弁当を買ってから四国カルストに向かうことが多いです。 3年ぶりに四国カルストに日帰りで行ってきました! 四国カルストというのが一般的ですが、 「天狗高原」という言い方もします。 時間を忘れてのんびり出来る所です。

>

[四国カルスト]姫鶴平キャンプ場で「ふたりキャンプ」をしてきた感想

トイレの使用も禁止されました。 夏用のならば価格を下げたテントも多くあるのでみていきましょう。 朝が訪れた。 運転の苦手な方は細心の注意で挑みましょう。 空き状況のお問合せにはお答えしかねますので、ご了承ください。 自然あふれる四国カルストは、心も体も癒されます。 list-window-close-o li::before,. 四国の自然を心ゆくまで満喫しながら、アウトドアを楽しめること間違いなし!ぜひ、これらのキャンプ場に足を運んでみてください。

>