Buddha brand 人間 発電 所。 【BUDDHA / NIPPSがDEV LARGEから言われた言葉

BUDDHA BRANDの「人間発電所」は日本語ヒップホップの金字塔

5月5日にK DUB SHINE、ZeebraらがTwitter等のSNSで報じ、6日にはDEV LARGEの所属レーベルであるPヴァインによって公式に発表された。 みんな速攻で買うようになっていて。 NIPPS:そう。 やがて溝は深まっていった。 『さんぴん』の時の。 週に1〜2回はみんなで集まって、ブッダが形になる前から、ああでもないこうでもないって。

>

BUDDHA BRAND|ブッダブランド オフィシャルサイト

そして、忙しい社会に生きる人々はみんな「普通」という 枷 かせ に囚われてしまっているような気がします。 笑 何度も書いていますが、ライムスターで日本語ラップの面白さに気付いた僕。 下手すりゃ寝ちゃうかもしれない。 Y時代の4人で煮詰めていく感じを再現するために、デブラージは合宿を実施し、「ブッダの休日」をつくったが、ラップを仕事だと思っていなかったNippsは合コンのために脱走。 今回は、そんなBUDDHA BRANDの「人間発電所」について、同グループの歴史やサンプリングを交え解説していく。 NIPPS(ニップス) DJ• あんまり知らない先輩だったけど、「その曲、誰ですか?」って聞いて、その後にディスクユニオンに買いに行ったんですよ。

>

BUDDHA BRAND|ブッダブランド オフィシャルサイト

そして、ちゃんとライブまで参加!これでこそファン!笑 ここで、アルバム曲をメインにライブをしてめちゃめちゃ盛り上がりました。 「普通はできる」「普通はこう」「普通なら」…。 しかし、Nippsが書いたわずか四小節のリリックを見て、彼は驚き、そして「俺もラップをやる」と言いだしたという。 その、英語の部分もそうですし、ちょっと過激な表現とかも・・・ (サイプレス上野)すごいあって。 a ILLMATIC BUDDHA MC'S Mixed by MUTA』をcutting edgeより発売。

>

再掲: 人間発電所の元ネタをさぐってみた。 Buddha Brand 人間発電所 サンプリング 元ネタ

『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のインストの世界』(2003年12月3日) - ベストアルバムの再編集盤。 そして「普通じゃない自分」と出会い、知らずに背負っていた肩の荷が下りた気がしました。 だから、ビジネスが入ってくるとちょっと辛くなってくるんだけども、ビジネス入っている時の方が曲がいい曲ができるとは限らないっていう。 ---------------------------------------------------------------------------- 暇だったので、90sClassic! ミニアルバム [ ]• 06 01:00 日本語ヒップホップグループBUDDHA BRANDの「人間発電所」とは? だが、ブッダブランドは4人がいて、初めて生み出されるケミストリーがあったのだろう。 どれくらいカッコいいラップできるか、しかアタマになかった」 と振り返る。

>

今もなお愛されるレアグルーブ。人間発電所の元ネタとなった「I’ll Stil Love You」。

「えん突つサンプラー vol. アナログ [ ]• それにリリックを乗っけたの。 まあなんとなくヒデがいないBUDDHA BRANDのセッションっていう感じ。 』(2019年10月30日) - 生産限定盤はインストCDが付属した2枚組。 まあ、海外にいる時からすごい日本に、『すごいのがいるぞ』ってそういう話題は入ってきていて。 どんどんと切ったんだよ。

>

人間発電所/BUDDHA BRAND(ブッダブランド)

いろいろと。 ここが、僕とブッダブランドのファーストコンタクトです。 サビに関しても、本当にたぶん一聴しただけではどういうことを歌いたいのかもわかんないんだけど、このレコードが出た後にCDが出たら、これが俺たちの同年代。 同グループは、1DJ3MCというトリッキーな編成を敷いていた。 5月5日、再始動を発表。

>

R

いわゆる1回目に刷ったのは青いステッカー。 他にも多くの人が知らないような曲を誰も気づかない程度にサンプリングしており、DEVLARGEのいたずら心が光る。 Yでの結成から帰国まで まずメンバーそれぞれの出会いについて。 そのために彼らは合宿を行った。 ええっ!?みたいな感じで。

>