河北 総合 病院。 口コミ・評判: 河北総合病院

河北総合病院

そして、病気を治すことは、医療機関だけではなく、患者さん、ご家族、病院との協働作業だと思っております。 日本泌尿器科学会専門医教育施設• 担当は若い女医さんですが、信頼できる方で満足しています。 帰りは裏口のようなところから出たのですが、 タクシーは呼ばなければ来ないようで、外でしばらく待ちました。 具体的には、それぞれの病院の機能や特徴、また置かれた環境や諸条件を十分に調査・考量し、目標の設定から現状とのギャップの析出、目標を実現するための計画の立案、そして目標の実現に向けた工程管理も含め、クライアントに寄り添い、変革プロセス全体を総合的にマネジメントします。 実施した検査や処方薬について 静的量的視野検査をしました。

>

河北総合病院(東京都杉並区阿佐谷)

父は別の病院への転院を勧められてからわずか1週間で旅立っていきました。 不調の原因がわかるまで、とても丁寧に見て下さったことに感謝しています。 社会医療法人一成会 木村病院• 日本プライマリ・ケア連合学会認定後期研修プログラム実施施設• なぜ休む前に書類に記入できないのか、また他の先生が書けないのか疑問です。 妊娠中、妊婦健診で利用しました。 と言われ、原因は難しい言葉で言われふーん。

>

口コミ・評判: 河北総合病院

「正しい知識に裏付けられた医療」をご提供するという考えのもと、他の医療機関が躊躇するような患者さんも偏見なく受け入れ、常に質の向上をめざすとともに全ての病気に適切な初期診療をおこなうことが私たちのポリシーです。 日本リウマチ学会認定教育施設• 同じ日にSWからは「転院する先は見つかったか」と言われ、医師・看護師・SWとの間に連携がないようでした。 日本眼科学会専門医制度研修施設• こうした課題山積の病院事業に一石を投じるべく、私たちは、クライアント病院の診療以外の業務全般をトータルにサポートすることにより、個別課題に対する弥縫策に止まらない、病院事業の本文を全うしていただけるようなトータルな課題解決を図ります。 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設• ご高齢の方や若い人、もしくは若く見える人にため口を利くのはやめてほしいです。 最近は患者さんのニーズがありますので、女性医師には乳腺の勉強を勧めています。 いつも混んでいるせいか窓口の方は、少し冷たいのかなという印象。

>

2016年11月号 社会医療法人 河北医療財団 河北総合病院 坂東 道哉先生

予約とはなんなのか…おおよその順番を伝え外出可能な町医者のサービスが尊く感じられる。 そして、そのプロセスに携わる人々の自律的な成長を促し、病院事業自体の自律性を高めていくことこそが私たちの最終的な使命です。 同じ女性の先生ということもあってか、安心して診ていただく事ができました。 総合病院なので仕方ないですが、一般の患者さんもたくさんいるので二次感染が心配です。 わりと最新の機器も揃っており、安心して検査を受けることができました。 区によると、病院の関係者とけやき屋敷の地権者の双方から8月中旬、病院の移転建て替えに関する情報提供があったという。 近隣には分院(阿佐谷北1の6の20)など関連施設が複数ある。

>

河北総合病院(東京都杉並区阿佐谷)

施設の清潔感・充実度 子どもの小児科などでも通院しているが、分院などもきれいにしてある。 看護師や受付・スタッフの対応について 今春に入ってきた新人さんの検査も板についてきており、安心して臨むことができました。 診療を受けての全体的な感想など 入院して症状よくなったので、良かったと言うしかない。 日本腎臓学会研修施設• 女性のスタッフ、お医者さんが多くて安心して受けられた。 もともと片頭痛持ちですが、 その日は特に痛みがひどく、嘔吐もあったため、 救急相談に電話をすると、こちらの病院を紹介されました。 日本消化器病学会専門医制度認定施設• この1年間に会計のミスが三回も発生。 日本肝臓学会認定施設• 今まで大病をしたことがなく町の個人医院に慣れていた身からすると、多くの患者さんを次々に捌かなくてはいけない大病院ならではなのかな…と諦めに近い気持ちはありますが、こちらからいろいろお聞きしないと1分くらいで終わってしまいそうだったので、焦って会話の合間合間に質問をしたという感じでした。

>

河北総合病院

一般外科でも従来の開腹手術は長い時間にわたって腹部を押さえるなど、筋力を必要としていましたが、腹腔鏡手術は力がいりません。 亡くなった日には「転院する先は見つかったか」と数日前に聞いてきたSWがエレベーターで挨拶もせず、同僚と連れ立ってお昼に行く姿がありました。 毎回、診察の日はけっこうな患者数で、お昼近くに予約をすると1時間ぐらい待つこともあります。 父は癌の治療を受けていましたが、年末に医師やSWからこのまま治療を続けても良い結果にはならないので、別の病院に移ってほしいと言われました。 ただ、翌日に一般外来で再度受診をしたのですが、深夜の先生とは違い自分が入室してから一度もこちらを見ることがなく、突然「昨日の続きからでいいですか? 医療法人社団永生会 みなみ野病院• 病院を変えるほどではないので、まだ数回は通院してみる予定。 診察までの待ち時間や混雑度 診察は予約時間が遅ければ定時に診察ができることは稀ですが、早めの時間帯であれば時間通りに診察を受けることができます。 」と会話が始まり、一瞬何を言われているのかわからず…。

>

2016年11月号 社会医療法人 河北医療財団 河北総合病院 坂東 道哉先生

病院は阿佐ヶ谷の住宅街の中にあり、 建物はかなり年数がたっているように見受けられました。 しかし、某分院の事務はピリピリムードで会計でも事務的な対応しかしていないのが残念。 事業化の検討は始まったばかりで、建て替えの進め方など詳細は未定。 卒後臨床研修評価機構、日本医療機能評価機構、プライバシーマークの認定を受けるなど、常に外部の第三者に評価される姿勢を持ち、職員の能力の向上に努め、安全で質の高いチーム医療を展開している。 飲んでる薬を聞かれ薬手帳を出すも、受け取らずパソコンモニターの方を見たまま。 看護師さんも明るくてお話がしやすかったです。 念のため塗り薬を処方されました。

>

河北総合病院(杉並区

看護師や受付・スタッフの対応について 看護師やスタッフは明るく、とても優しい。 としか聞けなかった。 医療法人社団永生会 永生病院• 日本病態栄養学会認定栄養管理・NST実施施設 当院は、1928年5月に開設し、杉並区の中核病院として急性期の河北総合病院本院(331床)を中心に、河北総合病院分院(76床)、河北ファミリークリニック南阿佐谷、河北リハビリテーション病院(135床)、在宅ケアセンター、透析センター(55床)、健診センター等、一連の医療施設を運営し、民間の医療機関としては都内屈指の規模で地域の総合的な医療活動に取り組んでいる。 診療を受けての全体的な感想など 定期的に通っていますが、検査と診察日を別にしたり、早めの時間に診察の予約をしたりしているので、待ち時間も少なくて済みます。 一般社団法人東京都病院協会• 区は並行し、同地区を含めた「阿佐ケ谷駅等周辺まちづくり方針」を17年度の初めごろには策定する予定。 担当医制でないため、毎回違う先生に診てもらう可能性があります。

>