ご とうぶん の は な よめ。 よめ

「中国語よめ~る君」中国語の文章を発音表記“ピンイン”に一発変換

ハト一家の別荘の管理人も始めたようである。 その女性こそがのび太の妻であり、 25年後のしずかだった。 イノシシ女 ハトよめとワニ子の主婦仲間。 悪の組織によって育てられていたが、現在ではハトのダンナがを務めるスーパーの店長をしている。 ニャールセン 猫三兄弟の次男。

>

「中国語よめ~る君」中国語の文章を発音表記“ピンイン”に一発変換

だが1週間後、鯨の重みで潰れてしまう。 ポーランド語:• 怖い顔の女性の正体は、ノビスケの友達の スネ太郎の母親であり、スネ太郎がノビスケに虐められて泣かされたことから、ノビスケ及びしずかに謝罪を要求する為に野比家を訪れていたのだ。 上記のエピソードは大山版及び版アニメで映像化されている。 ブッコ 声 - 阿久津加菜 ハト一家の一人息子。 看護婦 ニャールセン病院に勤務する。

>

ハトのおよめさん

森の病院「ニャールセン病院」を経営している医師。 スネ太郎の母親が帰った後、しずかはお仕置きとしてのび太の尻を叩くのだが、そこにノビスケが帰宅。 ハトハトチャンカンパニー ハトのダンナが代表取締役を務める。 得意技は犬ビーム。 生まれ。 現在はを経営している。

>

よめきゃん〜嫁のキャンプ日記

ハトよめに「酷いフォルム」と評された。 母のが大好き(がすぐに乳離れした)。 両親を亡くした後、ニャールセンとトニャーを1人で育てたでもある。 アンダーソン おしとやかな言動をする。 概要 [ ] 『アフタヌーン』誌で一時期行われていた新人賞「ギャグパラ大賞」第2回大賞の受賞、掲載(5月号)がきっかけとなり、連載開始(連載前の同年7月号には『ハトのおよめさんR(リターンズ)』を読み切りで掲載)。 ただ彼の作るオモチャはほとんどが。 トニャー 猫三兄弟の三男。

>

よめプロフィール

6巻収録(『小学四年生』1972年2月号掲載)。 その際、のび太がしずかに「パパのどこが好き?」と質問すると、しずかは赤面しながら「少しおっちょこちょいだけど思いやりがあって優しくて全部大好き」と告げた。 、中でこと。 ちなみに彼の作るラーメンは伸びきったカップラーメンより不味い(ハト一家曰く)。 誕生の第一声が「ブッ殺す! 実家はを営んでいる。

>

よめプロフィール

その他 [ ] 長老 森の長老の木。 ワラビーノ ハトのダンナと高校生のときの仲間。 ピンイン変換は簡体字からのみ可能だが、繁体字の場合は[簡化]ボタンを押せば簡体字へ変換でき、さらに[PIN! バカパワー炸裂もない完全な無能だが、他の社員の自尊心を満たすためにバカと同時に雇われる。 ワンワン師匠と親交があり、ビームのを受けたが、その後ビームを撃てるようになったかは不明。 ピョン也 ワニ子の妹の子供。

>

よめ

の仮定・命令形。 元警官でハリー警部と同期だった。 普段は工事現場で働いている良識のあるワニ。 しかし重度の天然キャラのため、平時はぞんざいに扱われる。 まおりゅん 『ハトよめ』作中で希少な萌えキャラで、容姿端麗のヒューマンキャット。 物腰柔らかい温厚な性格だが、自分の容姿のことを悪く言われるとキレる。

>