気 に なる ニュース 面接。 面接で最近の気になるニュースを聞かれたら|好印象な答え方と例文

私が実践した就活面接で印象の良い「気になるニュース」の答え方

ゴシップは根拠のない話も多く、適切とは言えません。 なぜ私がこのニュースを気になるかと言うと、私のアルバイト先の飲食店も同様のケースで救われた経験があるからです。 ただし、あくまで企業は営利追求をしますので、環境面への配慮と事業をつなげていくことも必要でしょう。 興味のあるエンタメの話題が志望する業界と関係がある場合、そこを繋ぎ合わせて回答するのがおすすめです。 会社に入ると「君はどう考える?」と自分の考えを求められます。

>

面接で気になるニュースを聞かれたら?答え方を例文付きでご紹介!

さすがに一年以内という広範囲ならば、いくらでも取り上げるニュースはあるはずです。 面接で「気になるニュースは?」と聞かれたときの答え方と例文 面接で実際に「気になるニュース」について聞かれた時には、いくつかのポイントがあります。 気になるニュースが決まり深堀りしたい場合は、ビジネス雑誌を読めば、より専門的な情報を得られます。 別に頭が良さそうに見えるニュースを選ぶ必要はないんじゃ。 現在の状況だからこそ楽しく学習を勧められるプログラムに加え、SDGsという世界的にも重要なトピックを取り上げている部分に関心が湧きました。 私が気になったニュースは、〇〇の大会で日本が勝ち進んだことです。 自分が探しやすいところで、気になったニュースをランダムにピックアップしていきましょう。

>

【22卒】面接の気になるニュース攻略法【トレンド×業界で選ぶ】

今回は5月に発表された神戸市とtiktokが地方活性化に向けて結んだ提携で回答例をご紹介します。 このニュースは どの業界にとっても重要な内容です! 例文 今年の1月に発表された「すかいらーくホールディングス」が24時間営業廃止に踏み切るという記事が気になりました。 面接で「気になるニュースは?」と聞いてくる企業の意図とは 企業が面接で「気になるニュース」について質問してくる意図として、以下の3つの理由が挙げられます。 例えば、自分が取り上げた問題提起のニュースが、採用側にとって不快なニュース(例えば、労使交渉でもめている企業に労使に関するニュースを答えるなど)を行ってしまうことも少なくありません。 ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。 暗記したものをそのまま話さない• どのような業界であれ、ビジネスの現場においては、政治、経済、金融、テクノロジーなど、実にさまざまな要素が絡み合って、日々業務が進行していきます。

>

最近関心のあることを面接で質問された時の対処法【例文あり】

東洋経済• 企業が展開する、あらゆる事業が社会や経済の動きと関係しているため、面接官の興味から大きく外れるというリスクが少ないでしょう。 目的がしっかりしていることで、より好感を持ってもらえるはずです。 選んだニュースが間違ってないか不安ならプロに判断してもらおう! ニュースを選ぶ基準はお伝えしましたが、自分の選んだニュースは本当に大丈夫なのか不安になることもありますよね。 そのため、あえて自分から政治の話題を切り出す必要はないでしょう。 24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解などの中で、 何が不足しているのかグラフで見える化できます。 。

>

【簡単】面接での最近気になるニュースの答え方はこれ!

また、サイトもとても見やすくなっていますので、どんどん新しい情報を仕入れることができるでしょう。 その質問の中でも、特に答える時に注意をする必要があるのが、 「気になるニュース」についての質問です。 毎朝情報番組を見る 毎日アンテナを張っていても、情報が提供されるメディアに触れていなければ、なかなか関心のあるニュースというものが見えてきません。 情報収集はどこから集めればいい? 「最近気になるニュース」を聞かれた時にスムーズに答えるには、日頃から情報収集に務めなければなりません。 また、普段社会情勢にそこまで敏感でなくとも就活対策でタイムリーな話題を迅速に収集できる能力があるのかどうかという点も実は評価の材料として見ています。 気になるニュースの知識を深めるのに役立つでしょう。

>

【2020】面接で「最近気になるニュース」を聞かれたときの答え方!回答例も解説!

「最近」といっても一年以内のニュースならOK チョイスできるニュースの範囲ですが、最近の範囲というのは意外に広いです。 自分の体験と重ね合わせ、志望企業との関連を含め、今後の影響を自分なりに考えている。 通常の「ニュース」という括りで聞かれた場合は、スマホやパソコンなどで調べることができるネットニュースで十分対応できますが、「新聞」と限定される場合もあるので注意が必要です。 その時にしっかり 自分で考えられるかどうかを企業は見極めています。 スマートニュースかグノシーのどちらか一方を利用すると良いですね! スマートニュースとの違いについて グノシーとスマートニュースの違いですが、グノシーには「 人工知能による自分が気になりそうなニュースのピックアップ」があります。 ありがとうございました。

>

私が実践した就活面接で印象の良い「気になるニュース」の答え方

フォーブス• この質問は学生の自分で考える力を試そうとしているのです。 こうすることによって、世の中にも興味が出てくるので、ニュースに対してアンテナを張っておくというのは、いろいろな意味でメリットがあります。 気になるニュースで避けたほうがいい内容 それでは、面接で「気になる最近のニュース」について聞かれた際に、自分が興味関心を持っていることであれば、どんなことでも答えて良いのでしょうか。 世の中がどのように変わってきているのか、今後どういった法案が通りそうなのか、どういったテクノロジーが発展しているのか、競合や業界がどういった打ち手をとっているのかが全くわからないと、新しい判断をすることは難しくなります。 絶対NGというわけでもないですが、あまりおすすめはできません。 よく「受ける業界に関連したニュースを用意すべき」と言いますよね。 訪日外国人の増加により、経済効果が見込まれると言われていますが、私がアルバイトをしている居酒屋では、外国人向けにサイトやメニューを改善し、訪日外国人の呼び込みに力を入れています。

>

【内定者が教える】「最近の気になるニュース」面接での答え方

例えば、金融業界志望者であればFintech、旅行業界志望者であればインバウンドといったような感じです。 このようにニュースを読むこと自体を目的にせず、未来予測力を付けることを目的にゆっくりニュースに慣れていきましょう。 いつどんな場面で最近気になるニュースに関する質問が聞かれてもいいよう、事前の準備・対策は必要不可欠です。 面接で「最近気になるニュース」を答える時のポイント それでは最近気になるニュースの回答方法を把握したら、 回答における3つのポイントを紹介します。 本記事の構成• 最近のニュースについて答えるためには日頃から情報収集をしよう 最近のニュースについて上手に答えるには、伝え方を工夫しなければなりませんが、まずは情報収集が肝心です。 どうしても面接に必要な質問ならば、面接官の方から特定の政治のニュースについて聞いてくるはずです。 ニュースごとにコメントがあるので内容が理解しやすい ニュースピックス最大の魅力は、1つ1つのニュースに対して 著名人によるコメントが投稿されていることです。

>