アドレス 125。 スズキが原付二種スクーター「アドレス125」と「アドレス125 フラットシート仕様」の新色を発表!

アドレス125(スズキ) 新車の新車バイク

ちなみにOGKカブト: RT-33(M)ではシートが閉じないどころではなく、帽体が内部形状に収まらなかった。 変更点は、シート座面を平らとして、シート下トランクスペースの容量を増やした。 車種名 アドレス125 アクシスZ 発売年 2017年9月29日 2017年4月25日 全長 mm 1900 1790 全幅 mm 685 730 全高 mm 1135 1145 軸間距離 mm 1285 1275 最低地上高 mm 120 135 シート高 mm 745 770 車両重量 kg 109 100 乗車定員(名) 2 2 原動機種類 4ストローク 4ストローク 気筒数 1 1 シリンダ配列 単気筒 単気筒 冷却方式 空冷 空冷 排気量 cc 124 124 4スト・カム駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC) 4スト・気筒あたりバルブ数 2 2 内径(シリンダーボア) mm 52. 実際に走ってみて感じたのは(アドレス125) 普段アドレス110を愛用している身長160センチの私(女)がアドレス125を試乗した個人的感想です。 4 最高出力回転数(rpm) 7000 最大トルク(N・m) 10 最大トルク(kgf・m) 1 最大トルク回転数(rpm) 6000 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 6 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 312. 空冷エンジンが好き!• 福岡県• 甲信越・北陸• 当然、エンジンはSEPで、ホイールはフロントのみ12インチ化され、前後ともにアルミ化。 2の3色の設定。

>

新型アドレス125の特徴・スペック・評価〜アクシスZに勝てる?〜

モトクロッサー 0• 2017年9月29日、スズキの原付2種スクーター、新型「アドレス125」が発売されました。 個性重視• フラットシート仕様は、シルバーの フラッシュシルバーメタリックが新色になっています。 香川県• バイクから下車して取り回している際にもタンデムステップが足に当たりやすい。 ミラーも大きく後方確認しやすいものですがハンドル幅よりも少し外側に出ているので、より狭いスペースでの機動性を優先する方はハンドル幅内に収まるものに変更してもいいのではないでしょうか。 「通勤快速」の名を欲しいままにしたアドレスV125シリーズは、50ccクラスに迫る軽量でスリムな車体にパワフルな4スト125ccエンジンを搭載し、スタートダッシュが得意でキビキビ走ることがライバルたちに対する強みでした。

>

スズキが原付二種スクーター「アドレス125」と「アドレス125 フラットシート仕様」の新色を発表!

車体色を新色のグリームグレーメタリック、パールグラスホワイトNo. けっこうヒラヒラと旋回できるが、コーナリングが楽しいというほどではない。 高知県 0• 岩手県• トライアル 0• アドレス125よりシート下に荷物が多く入る アドレス110のデメリット• それよりシート下のトランク容量を、座面を上げた分だけ稼いでくれたことの方がありがたい。 『アドレス125フラットシート仕様』に乗って、確かめてみた。 WET路面でリアのみ強く掛けるといとも簡単にリアタイヤが滑って、ケツが右へ左へと流れる。 「アドレス125フラットシート仕様」が新色1色 フラッシュシルバーメタリック と継続色2色 パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック の全3色の設定。 キャラが近いのは ヴェクスター125、スペイシー100、アクシストリートあたり。

>

アドレス125のリコールについて|スズキ

加速力。 足着き性は良好。 ・ 赤丸で囲ったホルダーは、 1. 足元ゆったりで広々と乗りたい• BSA 0• V125にあったトリップメーターや時計が無くなってしまったのは残念ですね。 さすが彼の大国製ですな。 小柄な人にもお勧めできる。 MV アグスタ 0• 価格的にも高級化していくライバルたちを尻目に、灯火類をLED化せず電球のままにするなどしてコストを抑え、税抜き20万5000円、フラットシート仕様でも税抜き21万円という低価格を実現しているのも大きな魅力。

>

アドレス125とアクシスZの違いを比較

テールカウル内に収まっているのも、スマートに見えますよね。 2と、既存色のグラスミッドナイトブラウンの全3色の設定。 ここでは、 2017年9月29日発売のスズキ アドレス125 2BJ-DT11A と 2018年3月30日発売のスズキ アドレス125フラットシート仕様 2BJ-DT11A の違いを比較しました。 しかし2000年代に入ると、排ガス規制によって小排気量クラスでも2ストモデルが姿を消していき、その波は原2スクーターにも。 これなら燃費面でも快適性の面でもアイドリングストップ機構の必要性を感じない。

>

アドレス125とアクシスZの違いを比較

スノーモービル 0• 車体色は、3色 グラススパークルブラック、ソニックシルバーメタリックNo. AJP 0• 尚、トランクの右後ろに小さいポケットがあり、中には工具が何点か入りそうだ。 休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。 車体色は、3色 パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック、キャンディパトリシアンレッド の設定。 (通常モデルを定価購入の場合) 👇グーバイクさんの検索リンクになります。 積載性重視でリア10インチタイヤを採用しましたが、兄貴分のアドレスV125と同様、種類によってはフルフェイスのヘルメットをひとつも収納できません。

>

アドレス125のリコールについて|スズキ

どうせブサイクなんだから、ヘッドライトとフロントタイヤの間をレッグシールドだけにしておくのは勿体ないと思う。 前後同時に上手く制動すればDRY路面ならきちんと止まるが、WET路面ならリアは依然として滑りやすいので加減が必要である。 アナログメーターにハロゲンのブレーキランプなど無駄を削ぎ落とした装備に、フロント12インチアルミキャストホイールや大型リアフェンダーなど、実用性の高さを実感のできる所にお金をかけている点も評価できます。 しかし、シート段差にケツを押さえつけて後ろ方向に踏ん張ることができない。 取り回しハンドル一体型の リアキャリア(幅18~23cm、長さ21cm)は V125シリーズよりフレームが太くて頼もしい。 トランクスペースの容量も若干アップしています。 1枚目アクシスZ 2枚目アドレス110 3枚目アドレス125 170センチの男性で比較。

>