ラム 酒 原料。 ラム酒

瑞穂酒造 県産サトウキビで新ラム酒開発へ

スコッチ Scotch Whisky 英国・スコットランドで造られるウイスキーを スコッチ・ウイスキーまたは単に スコッチと呼ぶ。 ヘビータイプのラム酒の製造法としては、モラセスを自然発酵させて単式蒸留器で蒸留して製造します。 数少ない娯楽品替わりでもあり、腐ることのない水分としても重宝されていました。 蒸留酒を呑んだ島原住民が酔って騒いでいる様子を見たイギリス人が rumbullion (デボンシャー方言で「興奮」の意)と表現し、その語頭を取ったという説。 自分の好みにあったラム酒を探そう ここまで読んでいただけて、もし少しでもラム酒に関心を持っていただけたら幸いです。

>

ラム酒のおすすめ人気銘柄24選。お菓子作りにも使える独特な味わい

ヘビーラム 単式蒸留器で蒸留され、長期で熟成されているのがヘビーラムです。 また、無色透明なのもカクテル向きのポイントです。 2011年創業。 全世界のラムの8割は、この糖蜜から造られている。 ラムにライムとミントで香り付けし、砂糖を加えてソーダで割ったカクテルで、南国をイメージするような清涼感あふれる特徴が魅力です。

>

ラムの製法

一度生産が中止されていたことがありますが、現在はカナダで作られていて、世界中の認知度も高いラム酒です。 その中で次の銘柄が有名でよく知られています。 ジンはその製法によって、いくつかの種類に分類されます。 蒸留酒の中では甘く飲みやすい特徴がありますが、アルコール度数は高めなので 飲みすぎには注意が必要です。 近年は「 クラフトジン」と呼ばれる、少量生産で独特のボタニカルを使用したとりわけ個性が強いが強いジンがブームとなっています。 それぞれのメーカーで特徴があり、いろいろな種類のラム酒が販売されています。 スピリッツの中でも、特にジンとウォッカ、テキーラ、ラムの4種類が世界の4大スピリッツとして掲げられており、それぞれ歴史や原料、製造方法などが異なるのです。

>

ウィスキーやブランデーなど、洋酒の種類などを軽くまとめてみる

これは、奄美諸島にしか製造が認められていない酒で、米麹や、サトウキビの絞り汁を煮詰めて固めた黒糖を使って造られます。 糖分を含まず太りにくいということからも注目されています。 ラム酒の発祥には諸説ありいずれも定かではありませんが、ラム酒の歴史について気になる人は以下のリンクからチェックしてみてください。 ラム酒は色によって種類が違い、「ホワイトラム」「ゴールドラム」「ダークラム」の3種類 「ラム酒とは」を簡単にまとめるとこのような形になります。 まとめ 今ではコンビニでもモヒートが売っていますね。

>

色・原料・製法で変わる様々なラム酒の種類

キャプテン・モルガン Captain Morgan• しかしアイルランドなどの酪農地域では、ミルクを原料としたミルキーウォッカを作られることもあります。 例えば、同じホワイトラムでも、銘柄、メーカーによって味も香りも異なります。 イギリス連邦加盟国の、、などに多くみられる。 アグリコール製法 アグリコール製法とは、サトウキビのしぼり汁を原料とする製法です。 ロックやソーダ割などの飲み方もあり、いろいろな飲み方で楽しめるのが蒸留酒「ジン」の魅力でもあります。 それにはこんな歴史から知名度が上がり、その魅力が世に広まったのでしょう。 風味や香味が強い傾向にあり、製菓にも使用される。

>

ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ…それぞれの違いとは?【簡単解説】

ウォッカは、大麦、小麦、トウモロコシなどの穀物、またはジャガイモなどのイモ類を主な原料に、発酵・蒸留させたのちに、 白樺の木の炭でろ過させたお酒。 (沖縄県 )• 個性が強すぎずラム酒の程よい香りを楽しめるので、飲みやすいのが魅力です。 ライト・ラムが多いです。 バカルディ バカルディは世界最大のラム酒メーカーです。 マール : ワイン用ブドウの搾りかすが原料、フランス産。 ラムといえば南米のカリブ海、海賊たちが好む、荒くれ者のお酒というイメージですね。

>

瑞穂酒造 県産サトウキビで新ラム酒開発へ

ジンは、原料となるジュニパーベリー以外のボタニカルは特に決まっておらず、 使われるボタニカルやレシピによって銘柄が異なるという特徴があります。 有名で人気なラム酒の銘柄• カリブを代表するラム酒メーカーです。 のはに開業した初のラムブランドで、黒糖を原料に用いている。 ジンは、ジントニックやマティーニなどいろいろなカクテルのベースとして使用されること多いので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?ウォッカ、テキーラ、ラムとともに、世界4大スピリッツとして古い歴史を持ち親しまれています。 しかし、末ころまでには、むしろグロッグの方が好まれるようになったと言われている。 発酵 酵母が糖分を分解し、エチルアルコールと炭酸ガスに変化させるプロセスを発酵という。 ここでは、主な製法を紹介したが、「サトウキビを原料とした蒸留酒」という条件を満たせばラムとなるため、他にも様々な製法が存在する。

>