デトバ キラー。 【最新版】殺人鬼パークの強さと解説まとめ【DeadbyDaylight】

【DBD】まずはこいつを育成しろ!キラー育成優先度!【デッドバイデイライト】

後半に強くなれるように、しっかり遅延パークも積んでいくことで勝率を上げていきます。 オーバーチャージ Overcharge 蹴った発電機を生存者が修理しようとするとすごく狭いスキルチェックがでる。 使い道と感想 ゲートが重たくなるパーク。 「」でめちゃくちゃ強くなり、おかげで最強キラーランキングワースト2トップを脱出しました。 リロード速度向上とエイム速度向上がついているため、普段FPS慣れしている人には使いやすいアドオンです。

>

【Dead by Daylight・DbD】殺人鬼(キラー)の強さランキング

Brutal Strength(野蛮な力)• かなり使い込まないと使いこなすことが難しいキラーです。 レイスの固有パーク(ティーチャブルパーク)• オススメパーク構成• 初心者にもオススメ。 ピッグの固有パーク(ティーチャブルパーク)は、以下の構成です。 Hex:Ruin(呪術:破滅) いろいろな構成が可能な能力を持っているゴーストフェイスですので、特に絶対的な構成を思いつきません。 逆に言えば、キラーがどれだけ遅延向きかということです。

>

【Dead by Daylight・DbD】殺人鬼(キラー)の強さランキング

使い道と感想 足跡に変わる痕跡として非常に優秀。 チェーンソーが当てやすくなったので、ワンパンでサクサク倒して連鎖して狙えるのがかなりの強み。 キラーをプレイするなら、是非レギュラーメンバーに入れておきたいキャラクターです。 Iridescent King(玉虫色のキング)• ドクター 強い点 索敵能力がトップクラスに高い 板・窓枠乗り越えを阻害してチェイス時間を短縮可能 全レアリティのアドオンが優秀 スキルチェックを妨害して作業速度を遅延できる 弱い点 発電機巡回が若干しづらい 索敵能力がトップクラスに高い ドクターは、特殊能力「放電爆破」によって、脅威範囲内に居るサバイバーの位置を把握できるため、全キラーの中でもトップクラスに索敵がしやすいキラーだ。 サブ装備(山岡の祟り)の操作が難しく、多くの先読みを必要とするので、かなり上級者向けのキラーとなっています。 また、チェイス中はサバイバーの向かう方向や周囲の建築物によって飛ぶ先を変える必要もあるため、上手く使いこなす為には時間をかけて練習する必要がある。

>

【DBD】殺人鬼(キラー)の全パーク一覧【デッドバイデイライト】

発電機の巡回や吊られたフック間の移動、索敵等の幅広い行動時間を短縮できるため、非常に強力だ。 オススメパーク構成• ノーワンと併用して一撃を狙う人向け。 Hex:Ruin(呪術:破滅)•。 他の2つも限りなく限定された状況や普及率の低さで他パークより優先度が低いです。 かなり近づかなければチェーンソーを当てるのは難しく、簡単に当てられるものではありません。 オススメアドオン構成• Tinkerer(ガラクタいじり)• ハントレス固有パーク ビミョーに使い辛いパークが多い印象。 Iridescent Button(玉虫色のバッジ)• 全体的にチェイスを優位にするものが多いのですが、上記の2つが個人的に強いです。

>

【DBD】最新アプデ対応!キラー強さランキング!【デッドバイデイライト】

オススメアドオン構成• そのため、発電機修理を高速で完了されてしまいやすい現環境では、不利な戦いを強いられるため、採用のメリットが低い。 上手くなればカラスの飛翔だけでおおよその位置をつかめるし、それが出来ない初心者の場合はそもそもカラスの強調表示を見たところで位置を予想できない。 チェーンソーの仕様は癖があるので多少練習が必要ですが、そこまで難しくないので慣れればかなり試合が楽になります。 そもそも脱出確率は5%程度しかないので微妙。 操作難易度としては 初心者にオススメできますが、勝つのは中々難しいかもしれません。 オススメアドオン構成• 7位 レイス 7位は、レイスです。

>

【DbD】キラー(殺人鬼)一覧

マイケルの固有パーク 生存者に執着者をつけるもので固められたパーク。 同時に「厄除けのお守り」を使用することで、移動時間やサブ装備の発動時間延長ができるので、実質サブ装備の強化になります。 (味方の救助をしなければ探さなくても良いですが・・・) 3. 生存者を殺す必要があったり、殺さないほうがよかったり、めんどくさいが結構強い。 Bランクキラー エクセキューショナー 三角頭 強い点 贖罪の檻と最後の審判で吊り時間を短縮可能 トレイルで索敵しつつサバイバーの動きをコントロール 地獄の罰で障害物越しに攻撃を当てられる 弱い点 発電機を巡回しづらい 相手の動きを読む立ち回りが必要 地獄の罰をミスした際のリスクが大きい 煩悶状態で吊りにかかる時間を短縮 エクセキューショナーは、トレイルを踏んだサバイバーに煩悶状態を付与して贖罪の檻や最後の審判を用いてその場で擬似的な吊りや簡易メメントを行える。 ここまでくるには忍耐が必要な訳なのですが 『キラーつまらないまとめ』である最後の項目まで 読んでいただければ、やる気に繋がるのであと 少しだけお付き合いください! 全てはDbD運営が招いたこと?! 昔から 『サバイバーが圧倒的有利』 と言われ続けているのにも関わらず、日々繰り返される 『キラー 側のナーフ』 パークやキラーの能力を弱体化することで、今までキラーを長年プレイしていた方を裏切るような運営方針が 『日本人プレイヤーを鯖専に仕立て上げた』 のだと思っています。 Rules Set No. 同時に視野もぐっと広がる。

>