釈迦 小学校。 1年間の活動報告

釈迦小学校の地図(古河市釈迦271)|地図ナビ

この取り組みはあらゆる角度から評価され、ついに2010年度東北経済産業局主催の「地域の魅力発信アイデアコンテスト」で、小中学校部門の最高賞である「大賞」を受賞しました。 芽出しを行ってから植え直しを行った。 ) ・昇降口で健康観察カードを提示し確認を受ける。 ・プロジェクトの概要説明 ・各学年の栽培地決定 ・まちづくり協議会等の関係機関との連絡・調整 ・栽培予定地の下見 ・大きな石の除去 ・土地を提供してくださった方々へのお礼の手紙を書く(6年) ・種を入れる袋のデザインを行う。 このような中、平成22年4月、五十嵐經(おさむ)校長が同校に赴任すると、「向陽ぐんぐんプロジェクト」を立ち上げ、休耕田を地域の方々から借受け、当時の4年生の学年が「ひまわり」を育て、油に加工し、販売するという、「元気いっぱいひまわり油プロジェクト」がスタートしました。 すがすがしい青空の下、広々とした芝生の上で、班ごとに計画した「だるまさんが転んだ」「凍り鬼」などで笑顔いっぱい走り回った。 ・特別教室から戻り,教室に入る前は石けん手洗い。

>

トップページ

自宅から釈迦小学校まで子供が安全に通えるか通学路や通学区の調査、親御さんなら入学式、卒業式、授業参観、運動会、音楽会などのイベントやPTAの行事で学校に行く際の道順探し、選挙(投票)会場の下調べ、また住み替えに利用する際には古河市釈迦271周辺の環境や状況の把握など色々と便利な地図です。 釈迦小学校の周辺を地図でチェック 釈迦小学校(茨城県古河市釈迦271)周辺の詳細な地図情報をグーグルマップ(Google Map)を使用して掲載しています。 釈迦内小学校は明治7年に開校した当時、「向陽(こうよう)小学校」という校名でした。 5年・6年が中心となり,学校が担当する土地(計11か所)に豚糞(エスコンポ)と科学肥料(アラジン484)を播き,整地した。 続々製品化されている。

>

釈迦小学校の地図(古河市釈迦271)|地図ナビ

釈迦内地区の婦人会の協力を得ながら、全校児童で取り組む。 (その際,ペットボトルを活用して,鳥に食べられにくくした。 ・衣服等の調整に配慮すること。 主な活動の様子は、以下の通りです。 応募総数は259点。 市北部に位置する人口約8000人の豊かな自然に囲まれたこの地で、小学校を中心に町中の人々が参加し、新たなプロジェクトが進められています。 そこでの6年間の楽しかった生活が、教員になるという強い思いを私にくれた。

>

トップページ

読書好きな児童がどんどん増えている。 ・自分の給食や牛乳パック・ゴミは自分で片付ける。 ・ひまわり植栽(全学年 5月23日〜6月10日の期間で実施) 一定の間隔で植えることができるよう,全長約10mで20cmごとにポイントをつけた「植えるくん」を20本製作。 (空くじなし) 本来は9月4日(日)に予定していたが,台風の通過に伴って8日(木)に順延。 瓶詰め(小坂町の株式会社エコサカに依頼。 ) 地元の方々の協力を得ながら適時実施 夏休み中にひまわり畑を訪れ,写真を撮影し,夏休み終了後に応募した。 【児童登校時】・マスク着用,一列で歩き,話をしない。

>

教師の広場> 瀬川幹子教諭(古河立釈迦小学校)

・教室に入る前に,石けん手洗いとうがいをする。 ・廊下側の窓は,常に開けておく。 (5,6年) ・種の分配・協力者による耕起。 9月4日に表彰式を行い,その際,地元企業が提供してくれた景品が当たる抽選会も実施し,おおいに盛り上がった。 はじめは,軍手をはき,手でこすり落としていたため,時間がかかったが,バーベキュー用の網や「だし」と呼ばれる稲の苗を入れるものにこすりつけて取ることにより,作業効率が大幅にアップした。 ・児童の机を,互いにできるだけ離す。 帰り道も、高学年が低学年の子としっかり手をつなぎ、先生方と楽しく会話しながら歩く姿にとても温かいものを感じた。

>

トップページ

今年度の活動の流れは以下の通りです。 収量が多く,校内及びハウスや小屋に収納しきれなくなったため,予定を変更し,種取りと収納を並行して行った。 【朝の会】・当分の間,朝の歌はなし。 ) 【放課後】・不要不急の外出をしない。 平日にも関わらず,保護者や地域の方々のたくさんの協力を得て,全校一斉に作業に取り組んだ。 新任の私たちをじっと見つめる目に少々緊張しつつ、元気よく校歌を歌って聞かせてくれる小学生のかわいらしさに、頬が自然と緩んでしまうのが分かった。

>

1年間の活動報告

すると、この活動に感銘を受け、教育方針に賛同した地域が動きだしました。 そして、「〜すべては未来を担う子供たちのために〜」をコンセプトに、あらゆる団体、企業、個人が協力体制を敷き、ひまわりを核にこの地域を元気にしようという「未来創造プロジェクト」です。 どの学習場面でも児童の生き生きとした姿があり、傍らには優しく厳しく見守る職員の姿がある。 ・とうみを使って、種の選別。 収穫した種(または大輪の部分)をすべて釈迦内小学校に集める。

>

釈迦小学校の地図(古河市釈迦271)|地図ナビ

・清掃後,石けん手洗い・うがいをする。 また、近年釈迦内小学校は「キャリア教育の実践」に力を入れており、その前向きな取り組みと多くの好例から、平成19年には文部科学大臣賞を受賞するなど、地域をあげて協力体制を構築してきた歴史もあります。 一定の間隔で植えることができるよう,全長約10mで20cmごとにポイントをつけた「植えるくん」を製作。 その名も「釈迦内サンフラワープロジェクト:通称釈迦内SP」。 耳と目を注目させてじっと聞き入る姿。

>