ドライヤー ホコリ 取り 方。 ドライヤーの掃除!ほこりを取る1番の方法を見つけました!

ドライヤーにほこりが溜まると発火の原因にも!吸込口の掃除方法

ですが、 ホコリだけには気をつける必要があります。 2010年に作られたドライヤーで、今は2018年なので8年間使っていることになります。 意外と汚れているので、まずは外側からお掃除していきましょう。 う~ん、表面少しは取れたけどビクともしない! 頑固なホコリには、掃除機はダメでした。 ただし、完全放置はNG! ホコリのくすみやベタベタがあるようなら、お手入れ不足と言えるでしょう。

>

ドライヤーのお掃除方法。定期的にお手入れして長く使おう! | 女性の美学

電熱線で温められた空気が吹き出し口から出てくる• 仕組みはとっても単純なんですよ。 冷風を出したまま掃除をすることでほこりがドライヤー本体の内部に入らず掃除をすることができます。 【ホコリが入った場合】 セロハンテープをフィルムの先端に貼り、持ち手がわりにしてゆっくり剥がしていきます。 検証の結果、エアーダスターが一番ホコリを取りきってくれるなと感じました。 保護装置の作動によるものなので基本的には危険ではないとされるが、火花が見えるのは不安だろう。

>

ドライヤーの網の内側にたまったホコリを掃除する方法

ブラシで払う 少し重めのホコリになってきたら、しっかりブラシで払いましょう。 そのままパカッと外せるタイプもあれば、ねじを外さないといけないものもあるので、取扱説明書をよく読んでくださいね。 。 空気を吸い込むのは吹き出し口の中にあるファンが回転しているから• 先ほど少し触れましたが、長年使ったドライヤーのホコリはフェルト状になります。 位置が決まったらカードを使って空気を逃がしながら貼り直します。

>

ドライヤーの焦げ臭い原因はほこり!?ほこりの取り方と寿命・買い替え時期を徹底検証

100から0など極端に弱まることはないかもしれないが、乾かす時間が長くなればそれだけ電気代もかかるので、ほこりは取り除いておくべきだろう。 ホコリや髪の毛などをブラシや掃除機などで取り除いてください。 そんな時におすすめなのがホームセンターなどでも購入できるメンディングテープです。 ただし、種類によっては、落ちやすい染料を使っているものなどもあり注意が必要です。 サロン用ドライヤーの吸い込み口の掃除 サロン用のドライヤーは吸い込み口が本体後部に付いているタイプや後部の側面に付いているタイプがあります。

>

ドライヤーにほこりが溜まると発火の原因にも!吸込口の掃除方法

ターボドライの吸い込み口はどうなっているのか? ハチの巣みたいで余裕で髪の毛が入る大きさです。 つまりドライヤーの機能そのものが低下してしまうというわけだ。 家電から布製品まで、ホコリを寄せ付けない静電気防止スプレー 少しお値段が上がりますが、光触媒スプレーをすると、半永久的に汚れやほこりを寄せ付けないだけでなく、抗菌・防臭・空気清浄なども合わせておこなうことができます こまめに動かしてホコリ予防 同じ場所に置きっぱなしにしていると、どうしてもホコリがつきやすくなってしまうので、時々置き場所を変えてみるのもおすすめです。 月に1回程度はほこりを取り除いて掃除をしましょう。 ティッシュペーパーやタオルは細かい繊維やゴミが付着する原因になるので使用しないようにしましょう。 次は、ドライヤーのほこりを掃除しないと、温風温度や音の大きさがどの程度大きくなるのか、数値で比較調査してみました。

>

パソコンのキーボードのホコリを取る方法をいろいろ試してみました。

何年前か忘れましたが2回ほど、ほこりがたまってたのが気になり掃除機で吸ったり、ピンセットで取ったのを思い出しました。 我が家で使っているドライヤーのメーカー「パナソニック」によると、このようなお手入れ方法が勧められていました。 合わせて読みたい• 【位置がズレた場合】 ホコリ除去と同様に、セロハンテープを持ち手がわりにして位置調整します。 また、乾かす場所は浴室など湿気の多い場所を避け、リビングや寝室など、空気の乾いたところにしましょう。 ドライヤーの買い換え時期は365時間使ったら 365時間がドライヤーの寿命になります!! これが買い換え時期の目安になるでしょう! 買い換え時期を伸ばしたければ、ドライヤーを使う頻度を少なくすることが1番ですね。

>