フェディエル イオ 砲。 グラブルイオ砲のメインで使える武器ありますか?

六竜HLマルチ編成

風属性 対ガレヲン IQ高い方の編成を真似しました。 実際の攻略動画 実際に救援に入って殴っている様子を撮ってきたので、こちらに載せておきます。 この効果と黒麒麟を組み合わせることで、非常に高いターンダメージを期待でき、40%以降あまり動けないフェディエルに対して特に有効です。 最後の一人は出てこないので誰でもOK。 連戦開始前に、必ずメンバーの確認をしましょう。 イオ砲の手順は後述するのですが今回紹介するムーブで必要な準備ターンは5ターン。

>

めちゃくちゃ楽しい!巷で話題のイオ砲でフェディエルHLの青箱ラインを狙う方法!

【フェディエル70%~50%】 次の特殊技が来る50%までは通常通り進めていく。 ただデバフは入らないため、バフかダメアビにする必要がある。 リロ殴りで20分前後くらい。 2ターン目 ただ攻撃する。 どうしても失敗させたくない場合はソロできる編成で参加するようにしてね。

>

六竜HLの1億ダメ編成

当時のメイン武器は麒麟剣でしたが、フェディエル・スパインの代わりに同装備で握ってみたところ フェディエル・スパインが奥義用のメイン武器としてかなり優秀なことが分かります。 そのためフェディエル攻略では、ソロでもマルチでも 各ターン如何に高いダメージを出すか、という点が大事になってきます(特に40%以降)。 lbはアビ上限に3つ。 アルベール アビダメによる攻撃回数を稼げる点と2回行動できる点、アビの再発動や追撃などかなりこの敵には合っているキャラ。 56%くらいで「解放の歌声」使用可能になった場合、使用して残りガードでターンを進めるのが一番被ダメが少なく、HPを高く保てるので安定はする。 アーカルム召喚石を入れて、持っていれば天使石、ベリアルを入れます。 衰弱を確実に防ぎ、あとは数%なので押し込んで討伐。

>

めちゃくちゃ楽しい!巷で話題のイオ砲でフェディエルHLの青箱ラインを狙う方法!

〇フレ石 黒 〇武器編成 片面神石渾身カイム 〇必須石 ドグー 〇火力役 クリスマスナルメア 〇支援役 ・恒常 〇動き方 1ターン目 奥義温存 ・ドグー召喚 カリ 21メデュ13 2クリメア3 21主人公43 2ターン目 黒召喚 メデュ1カリ2クリメア3 21主人公43 3ターン目 奥義オート 青色部分は状況次第で省略OKです。 4凸終末武器• これからもこの授業スタイルは続きそうなので頑張ってねって感じです。 マウント以外でやるとすると、以下の方法がある。 ランダムな3キャラに無属性32400ダメージを与える。 ソロ編成はこちら。 7ターン経過で、闇鞄のリキャストが残り1ターンになっていたらここで初めて「解放の歌声」を使用する。

>

【グラブル】ファントムクローは何本必要か解説。アビダメ上限最大のイオ砲の威力がエグい!【VOICEROID実況】 │ グラブル動画まとめ

編成 ジョブ まずジョブはエリュシオン。 また火力がある装備編成ならレスラーで一気に飛ばせるので。 旧ver. 【フェディエル50%~40%】 次の特殊技まですぐだが、次の特殊技までは通常通り進めていく。 〇フレ石 黒 〇武器編成 片面マグナ渾身技巧 〇必須石 フレイ 〇火力役 ネツァワルピリ・主人公 〇支援役 バイヴカハ・リーシャ 〇動き方 1ターン目 奥義温存 リーシャ31ネツァ1バイヴ2を主人公へ 2ターン目 フレイ召喚 主人公4321バイヴ1リーシャ3ネツァ23 3ターン目 黒召喚 主人公 4321ネツァ23 バイヴ13リーシャ1 4ターン目 奥義オート ・ラファ召喚 青色部分は状況次第で省略OKです。 ジョブとアビリティ ジョブはハウンドドッグです。 いなければ配布キャラ達が4回アビを使用できるため代用しましょう。

>

イオ砲の仕組みを簡単にまとめる

ダメージ上限アップの要素がコスモス剣しか無いため、終末をアビ上限にしてロンゴミアントをシュバ剣かコロゥ剣にしたほうが良いです。 ま、まぁ、そんなことより2100万編成です。 理想の立ち回りは ・「解放の歌声」リキャスト2ターンで50%まで削る。 黒麒麟を召喚して通過。 40%からフィールド効果に、HP回復不可が追加されます。 他キャラクターは手持ちに応じて変えていきましょう。

>

六竜討伐戦フェディエル(黒) の攻略と思ったこと【スマホ・グラブル攻略】

イオ3アビで魔力の渦3レベルを付与する。 その為、「解放の歌声」を使ってターンダメージを回復に変換する為エリュシオンを使う。 連戦とかだと〆のフルチェが必要なくなる程度な認識。 。 召喚は7ターン目までに使用できなくなる為、使用できる場合は使っていっていい。 「解放の歌声」は基本的には使用可能になるたびに使用していい。

>