花火 を 下 から 見る から 横 から 見る か。 打ち上げ花火下から見るか横から見るか|もしも玉の正体や伏線と謎と疑問!|MoviesLABO

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を考察!難解なストーリー・結末を解説

時が戻っていたのです。 音楽:• トイレにいくといったなずなに突き合わされ、電車に乗ろうと駅にいるのに、突然、キップを買わないで、帰るといいだしたり。 そして、そこにたまたまいたなずなもその賭けに加わる。 繰り返す、夏のある一日。 むしろ、書くネタがたくさんありすぎて、何からいく?的な状況ですよ(笑) となると、まあせっかくなんで、ターなものがいいだろうと思ったので、そういうネタにします。 「今日花火大会いくの? 二人で行こうよ。

>

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を考察!難解なストーリー・結末を解説

自分が話題になっている事に気づき、典道や祐介と共にプールで対決をする。 年ごまかして、16歳とか言って」 「見えねぇよ。 そしてなずなが家出をしてきたことも。 つまり この映画は「してやり直す話」ではなく、「ある分岐点で選ばなかった別の世界をしていく話」なのである。 結末 この映画の結末は、タイムリープの世界を中心にいわゆるパラレルワールドのような世界に入り、主人公典道がすべき行動をやり直していくという大まかな設定がされています。

>

【ネタバレ感想】「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」夏は体感できるけど、駄作となった問題作|マイペースナイト

渋々、祐介の実家に行き怪我を治してもらった典道だったが、そこに大きなトランクケースをもったなずなが現れる。 特殊な例だと思うので除外します) つまり、説明せずともわかる、もしくはわからずともストーリーが進むというのがほとんどです。 そんな姿をたまたま典道が見ており、「助けて!典道くん!」と典道に助けを求めてくる。 「もし追っ手から逃れられたら」という願いと共に。 DVDでたら借ります。

>

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年) 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

ここで祐介が帰ってきて、唐突に50mの水泳勝負をしようと典道に持ちかける。 もしも玉らしきものを花火として打ち上げてしまう。 あらすじ(アニメ映画) [ ] 海辺の町、茂下(もしも)町。 祐介・・・声:宮野真守• そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。 最初の世界では「綺麗だったから」拾っていたが、1st ifの世界では「典道が勝ったら、この町を典道と共に出ようと思った」と言うように理由が変わっている。 シャフトアニメだね〜。

>

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を考察!難解なストーリー・結末を解説

褒めるべき点もいくつかあったので、ここでは残念だった点と良かった点を絡めた感想を書いていきます。 複数回鳴るサイレンと共に、水晶玉が"その世界ではありえない花火" つまり現実世界でよく見る形の花火 のように舞った。 和弘 同じくクラスメート。 (1994年)• 二人は懸命に逃げますが、力及ばずになってしまいます。 美術デザイン - 田中直哉• この時に典道が水晶玉を拾い、「もし祐介に水泳勝負で勝っていれば、今のようなことは起きなかった」という想いが溢れる。 どちらも素敵な作品だと思います。

>

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 解釈と考察 ―――もしも玉と幻灯機―――

しかし、典道のポケットにはさっき時間を戻した不思議な玉が。 プールのシーンの美しさ 駅から帰った二人は、学校のプールに侵入します。 「あたしが勝ったら…なんでも言うこと聞いて」 そう言ってスタートした勝負は水泳部のなずなの圧勝。 典道は唖然とした顔で一人、海の中へ取り残されていた。 大枠だけで書いてしまうと、そういう話としか思わないかもしれませんが、本作品は、子供たちの青春も含めてよく描かれた作品となっています。 第一の世界ではもしも玉を通した光が典道の目に入ることで世界線のシフトが起こっていた。

>

【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】動画の無料フル視聴はココ!Netflixで配信?Dailymotion,Pandoraも調査

後の残された主人公はひと夏妄想したおした。 学校を後にし、典道が家に帰ると、自分の部屋になぜか祐介が上がり込んでいた。 女の子は花火大会が始まる前にもう家出がばれて連れ戻されていたけど 「友達と花火大会見に行きます」で少なくても花火大会が終わるまではアリバイがあったはずや。 何がよかったの? じゃあ、いったい何がよかったんだよ!と思うでしょう。 いろいろあって祐介がこの誘いをすっぽかしたことを典道が伝えにいくが、その結果なずなが母親に無理やり連れてかれる場面に遭遇。 引用: 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、1993年に放送されたテレビドラマ作品が原作となります。 典道はそこを狙いなずなの手をとり電車へ乗る。

>

打ち上げ花火下から見るか横から見るか|もしも玉の正体や伏線と謎と疑問!|MoviesLABO

泣き叫ぶなずなを見た典道は、怒りのあまり通りがかった祐介を殴りつけ「もし俺が勝っていたら」と悔し紛れになずなが落とした玉を投げつける。 「信じられねぇこと、すんなよな」 笑顔で、典道をみるなずな。 「裏口が開いていたから入った」らしい。 典道はターンのときに足をぶつけて最下位になってしまう。 安さん:• ・打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?見てきました! 正直分かりにくい作品というかしっくり来ない作品でした。 ・島田典道流行ってくれ〜頼む!バーターで島田憲典も流行ってくれ〜 ・打ち上げ花火は島田典道のイメビと割り切って声優が菅田将暉なことが耐えられれば良作 ・アフレコしながらも声だけじゃなくてがっつり「島田典道」という少年になってる菅田将暉が恐ろしく好き 菅田くんがオーディションで勝ち取った初挑戦の声の演技、楽しみです など 安曇祐介 — 宮野真守 安曇祐介 本作のもう一人の主人公。

>