コロナ ウイルス 入国 制限 国。 新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について(11月1日(日) 00:00時点)

【入国制限まとめ】11/29更新:中国との間でビジネス往来スキーム開始へ/日本・世界のコロナ対策渡航制限

トランジットを目的として欧州域へ入国する場合、最終目的地への入国が保障されている渡航者以外は入域を拒否される場合がありますのでご注意ください。 しかし、10月1日より、ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開しました。 加えて、入国した日の過去14日以内に入管法に基づく『入国拒否対象地域』に滞在歴のある方は、新型コロナウイルスの検査を受けること、検査結果が出るまで、原則空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で待機することが求められています。 過去14日以内に表の国・地域への滞在歴がある方は、検疫官へ申し出てください。 現在、ハノイ空港、ホーチミン空港では国際線旅客便の受入れを停止しています。 日本からドイツへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 9月 2日• )に、渡航先の国が日本人の入国に制限を課すケースがあります。

>

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について|外務省

それどころか、5日の時点で、日本からの入国・入域制限をしている国と地域が22、入国後の2週間の隔離など行動制限をしている国が53に及ぶ。 新型コロナウイルス感染症は政令により「検疫法第34条の感染症の種類」として指定されました。 マレーシア マレーシアは、3月18日から外国人渡航者の入国を禁止しています。 ・登録が終わりましたら,登録済みであることが分かるものを印刷しておき,英国入国時に入国審査官に対して提示するか,携帯電話の画面にて登録内容を提示する必要があります。 )からニューヨーク州へ移動する者に対して、ニューヨーク州到着後14日間の自主隔離及び利用便・滞在先などの情報を記したフォームの記入を義務化する。

>

【随時更新】新型コロナウイルスに関する各国の留学渡航・語学学校に関する最新情報について

また、メッセ(見本市)に参加するためのビジネス目的での入国についても、許可されるということです。 キ 高度な技能を有する労働者で,その業務が必要とされ,又は,その業務が延期されるべきでないか,若しくは,その業務が遠隔で実施され得ない者(スペインで開催される高度なスポーツ競技の参加者を含む)(文書により証明する必要あり) ク 必要不可欠な家族の事情(然るべく証明できることを要する)により渡航する者 ケ やむを得ない事情を文書により証明できる者又は人道目的により入域を認めるべき者 ・オーストラリア,カナダ,ジョージア, 日本,モロッコ,ニュージーランド,ルワンダ,韓国,タイ,チュニジア,ウルグアイ,中国の居住者(国籍ではない)は入国が可能。 (2)来館される際は,入構時に検温を実施し,37.5度以上の体温が確認された場合は,入構をお断りさせていただきます。 また、ターミナル各所にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。 9月4日に98ヶ国から99ヶ国に増えました• 10月30日からは、感染症危険情報をレベル2の「不要不急の渡航自粛」に引き下げました。 10月1日からは、ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開しています。 8月12日に91ヶ国から93ヶ国に増えました• 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、空港内スタッフへのマスク着用を奨励しております。

>

【日本への入国制限76ヶ国】新型コロナによる世界各国の入国規制まとめ

参考:• ・「Low-Risk Area」 ローリスク地域 に指定された国・地域以外からの渡航者は入島前5日間以内に実施されたPCR検査の結果が陰性であることを示す証明書がある場合、原則、自宅又は自身で予約した宿泊施設(ホテル等)での14日間の自主隔離が課せられますが、自主隔離開始7日目にPCR検査を受検することが選択でき、その結果が陰性であり,保健局が認めれば、その時点で自主隔離措置は解除されます。 10月6日に96ヶ国から94ヶ国へ減りました• (ア)検査場 (イ)他人と2メートルの距離を保てない場所 (ウ)保健当局に指示された場合 (ブリティッシュ・コロンビア州) 4月8日から,国外からブリティッシュ・コロンビア州に戻る渡航者は,事前又は入国時に,オンライン又は書面による自主隔離計画の提出を義務付ける(ブリティッシュ・コロンビア州政府は,事前のオンラインによる提出を推奨。 しかし、10月1日より、ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開しました。 4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。 また、10月30日より外出制限が実施されていますので、空港から目的地までの移動に際して、特例外出証明書を所持している必要があります。 日本からヨーロッパへ渡航する方へ 12月1日現在、日本政府ではヨーロッパのほとんどの国と地域に対し「レベル3」の渡航中止勧告としており、いかなる理由であっても渡航の中止を要請しています。 また,他に選択肢がない場合は,公共交通機関の利用が認められていますが,その場合はマスクなど鼻と口を覆うものを着用し,他の利用客とは2mの距離を空けることが求められます。

>

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について(11月1日(日) 00:00時点)

成田空港においては、法務省、厚生労働省等の関係機関及び空港内事業者と連携し対応に努めてまいります。 Fiji 感染者(35) 死亡者(2) ・ ・ ・ ・ Republic of the Marshall Islands 感染者(4) 死亡者(0) 【入国制限】 ・ Federated States of Micronesia ・2020年1月6日以降に中国に滞在した方は入国不可 ・. 3月31日• 3月6日よりシリア、マレーシアが増えました• 9月23日• (3)入国時に、新型コロナウイルス感染症をカバーする国際医療保険の加入証明書を提示。 Turkmenistan 【入国制限】 ・ Norway 感染者(31,438) 死亡者(306) 【入国制限】 ・ ・ Holy See 感染者(12) 死亡者(0) Hungary 感染者(211,527) 死亡者(4,672) 【入国制限】 ・ ・ ・ 【検疫】 ・ Finland 感染者(21,639) 死亡者(375) 【入国制限】 ・ ・ ・ 【検疫】 ・ ・ Faroe Islands 感染者(500) 死亡者(0) ・ ・ France 感染者(2,179,481) 死亡者(51,965) 【入国制限】 ・ ・ ・ EU加盟国及びアンドラ,アイスランド,リヒテンシュタイン,モナコ,ノルウェー,サンマリノ,スイス,バチカンから渡航する人々は,2020年3月18日より前と同様にCOVID19対策に関連するいかなる制限も受けずに入国可能(2020年6月15日~) 【航空会社の運航状況】 フランス)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況 【検疫】 ・ ・ ・ 1 アラブ首長国連邦、米国、バーレーン、パナマからの渡航者は、出発地において搭乗の72時間以内のPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある。 新型コロナウイルス対策の入国制限措置をめぐって政府は、全世界を対象に中長期の在留資格を持つ外国人に日本への新規入国を認めているほか、シンガポールや韓国などとの間でビジネス関係者の往来を再開させるなど、徐々に緩和しています。 3月18~21日の間に75ヶ国から149ヶ国へ増えました• ただし、英国領北アイルランドからの入国者、証明書を持つ国際運輸従事者、航空機パイロット、乗務員、船員、第三国へのトランジットの移動のための入国者等はフォーム提出が免除される。 必要となる書類や事柄などの概要は以下の通りです。 入国制限まとめ 以下では、主要な20の国・地域で新型コロナウイルス対策として実施されている入国制限措置を解説します。

>

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について(11月1日(日) 00:00時点)

(注:現在相手国政府と協議中であり、今後内容が変わる可能性があります。 また、3月21日からは日本に対するビザ免除措置を停止しており、3月22日からは特別な場合を除き、すべての外国人の入国を停止しています。 日本到着時前14日以内に表の地域における滞在歴がある外国人 表 国名・地域名 アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エスワティニ、エチオピア、エルサルバドル、オーストリア、オマーン、オランダ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガーナ、カーボベルデ、ガボン、カメルーン、ガンビア、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、キューバ、ギリシャ、キルギス、グアテマラ、クウェート、グレナダ、クロアチア、ケニア、コスタリカ、コソボ、コモロ、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、ザンビア、サンマリノ、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、ジンバブエ、スイス、スウェーデン、スーダン、スペイン、スリナム、スロバキア、スロベニア、赤道ギニア、セネガル、セルビア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ソマリア、タジキスタン、チェコ、中央アフリカ、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ国、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルコ、ナイジェリア、ナミビア、ニカラグア、ネパール、ノルウェー、ハイチ、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、パラグアイ、パレスチナ、バーレーン、バルバドス、ハンガリー、バングラデシュ、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ブータン、米国、ベネズエラ、ベラルーシ、ベリーズ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ポーランド、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、マダガスカル、マラウイ、マルタ、マレーシア、南アフリカ、南スーダン、ミャンマー、メキシコ、モナコ、モーリシャス、モーリタニア、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、ヨルダン、ラトビア、リトアニア、リビア、リヒテンシュタイン、リベリア、ルクセンブルク、ルワンダ、ルーマニア、レソト、レバノン、ロシア 【日本へ帰国・入国される皆さまへ】• 7月18日は84ヶ国のまま• 8月28日に95ヶ国から96ヶ国に増えました• 日本からカナダへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 なお10月8日より、ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームでは、14日間の自宅等待機期間中も行動範囲を限定した形でのビジネス活動が可能です。 ウルグアイ• しかし、日本での感染が拡大していることから、8月5日付けで日本を「中低感染リスク国」のリストならびに一部緩和対象国から除外しました。 上陸拒否対象指定の解除 オーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾 上陸拒否対象への追加指定 ミャンマー、ヨルダン 11月1日以降は以下の整理となりますので、ご注意ください。 3月27~31日の間に176ヶ国から180ヶ国へ増えました• 9月8日に99ヶ国から100ヶ国に増えました• なお、「日本に定住する外国人」については個別に在日ロシア大使館・総領事館にご確認ください。

>