Acrobat 読み上げ 無効。 Adobe Acrobat PDF の読み上げ機能無効化

Adobe Acrobat Reader DCで「文書の読み上げ準備」を無効化する

起動時に「スクリーンリーダーがサポートされていません」というメッセージが出たら「次回から表示させない」にチェックを入れて「OK」をクリックします。 名前の変更を確定する際に「ファイル アクセスの拒否」ダイアログが出たら「続行」をクリックします。 bak Acrobat を起動すると「スクリーンリーダーがサポートされてない」と、 メッセージが表示された場合、「次回から表示しない」にチェックを付けて、[OK]をクリックします。 以下その手順です。 。

>

【時短】Adobe Acrobat/Readerでの読み上げ機能を無効にする方法

設定画面を見ても、読み上げ機能を停める方法が分からず、 ネットで調べてみた。 bak 拡張子が表示されていない方は、エクスプローラーの「表示」から「ファイル名拡張子」にチェックを入れましょう。 これで毎回起動時に読み上げのダイアログが出なくなったと思います。 PDFを見るためのツールとして一番使われているツールは「Adobe Acrobat Reader DC」ではないでしょうか。 スタートアップに読み上げ用のツールがセットされていたのね。 読み上げ順序オプション・・・読み上げ順序「左から右、上から下への順序で読み上げる」にして、「タグ付き文書の読み上げ順序を上書き」へチェックをいれます。

>

Adobe Reader の 「タグ付けされていない文書の読み上げ」を表示しないようにする

8 なわけ。 (フォルダはご自身の環境に読み替えてください)• 」にチェックを入れて「開始」を押します(このポップが出てこなければ特にこの作業は必要ありません)。 1 タグ. ・「読み上げ順序」を 「左から右、上から下への順序で読み上げる」に変更 ・「タグ付き文書の読み上げ順序を上書き」 チェックをONにする ・「ページあるいは文書」を 「現在表示されているページのみを読み上げる」に変更 上記の箇所をそのように変更するだけで、「読み上げ」機能のダイアログは表示されなくなります。 これでPDFファイルが素早く開くようになりました!. クロスドメイン制限を超えて Ajax 通信が可能となります。 最新の高性能なPCならば、さほど気にもならないが、 貧弱なPCでこれ「Adobe Readerの読み上げ機能」が起動すると、遅くてたまらん。 参考文書• 設定方法2. Adobe Reader を起動してメニューバーの [編集] - [環境設定] を開きます。 「次回から表示しない」にチェックをいれれば次回立ち上げ時から表示されなくなります。

>

Adobe Reader のタグ付けされていない文書の読み上げを無効化

環境設定内の分類に「読み上げ」という項目はありますがこれを無効にできるような設定項目が見当たりません。 環境設定ダイアログを確認してみると「読み上げ」の項目がなくなっていることがわかります。 「読み上げ」が丸ごとなくなってもいいのでこのプラグインを読み込まないようにします。 左項目から「読み上げ」を選択。 毎回キャンセルを選択する手間が煩わしいので無効化します。

>

Adobe DC/Readerの読み上げ機能がしつこいので

「文章の読み上げ準備が完了するまでお待ちください」というPDFファイルの読み上げ機能を解除する方法(Acrobat Reader) 明日死ぬかのように生きろ。 1.「編集」-「環境設定」-「読み上げ」を表示し、以下設定を変更します。 結論 以下のリンク先で紹介している。 Acrobat を起動すると「スクリーンリーダーがサポートされてない」と、 メッセージが表示された場合、「次回から表示しない」にチェックを付けて、[OK]をクリックします。 api」というファイルを読み込まないようにするためファイル名を変更します。 Adobe Reader 10 から(?)か、PDFを起動すると出てくる「タグ付けされていない文書の読み上げ」が邪魔なので表示しないようにできないものか調べてみました。 。

>

Adobe Acrobat PDF の読み上げ機能無効化

スクリーンリーダーオプション・・・ページあるいは文書「現在表示されているページのみを読み上げる」に設定します。 なんという設計思想なんでしょうか。 OK を押して環境設定を閉じます。 これがPDFファイルの生成を察知して、読み上げデータの作成方法を聞いてきていたみたい。 2014-12-25 カテゴリー : 投稿者 : 統合本部 投稿ナビゲーション. でもイライラ感をどうにかしたいので、この機能を実装しているプラグインのファイルを直接削除してしまうことにしました。 その機能を無効化する方法です。

>