国交 省 九州 地方 整備 局。 土木工事 施工関連 国土交通省 九州地方整備局

建設会社における災害時の事業継続力認定

港湾空港部は管轄区域が微妙に異なる場合が見られ、北陸と四国を除いて本局所在地とは異なる所在地にある(平成18年、九州の港湾空港部本局は下関市から福岡市に移転、同一所在地となった)。 2016年(平成28年)4月1日に武雄河川事務所佐賀庁舎に名称変更。 各地方における地方自治体の建築物以外の各官庁の建築物の営繕(保守・管理)関連の他、国土交通省直轄の・・・・・・など()関連の発注、技術管理、ネットワークの運用など、管轄地方の社会資本整備関連の行政においては、予算をどの工事に割り振るかを決定するいわゆる「箇所付」等の大きな権限を持っており、局予算規模は中規模都道府県の年間予算額に匹敵するという、巨大組織である。 所在地は。 建設監督官(所要の河川国道事務所に設置。

>

国交省、4/1付で2926人が異動(本省発表分)

【PDF】• 各部・事務所に設置。 旧建設省九州地方建設局と、旧運輸省第四港湾建設局の大部分を統合し、国土交通省九州地方整備局を設置。 所在地は群馬県。 - 国土交通省九州地方整備局 記者発表資料 2013年5月7日付• 技術開発対策官(技術事務所を通じて2人以内。 事業対策官(河川国道事務所等を通じて100人以内。 桑田俊一国土交通大学校長が勇退し、後任の国交大学校長には森下憲樹不動産適正取引推進機構調査研究部長を起用する。 充て職。

>

国交省、4/1付で2926人が異動(本省発表分)

組織 [ ] 組織の部は全地方整備局共通である。 国土交通省(本省)が4月1日付で実施した人事異動の詳細は次の通り。 沿革 [ ]• 【Excel】 土木請負工事必携• 建設専門官(地方整備局を通じて786人以内。 (昭和23年)1月1日 - 内務省解体に伴い「内務省東北土木出張所」はの出先機関である「建設院東北地方建設局」に改組。 出張所(通常、事務所の下部組織となる。 保全対策官(河川国道事務所等を通じて185人以内。 作業船管理官(港湾事務所等を通じて1人。

>

国交省、4/1付で2926人が異動(本省発表分)

【PDF】• ) 栃木県 栃木県宇都宮市 官庁営繕 埼玉県 東京都(、、、、、、、及びに限る。 国土交通省は1日付で幹部人事を発令する。 各部・事務所に設置。 先任建設管理官(地方整備局を通じて77人以内。 【PDF】 管理基準• 主に、工事の監督、河川・道路の管理(維持や許認可の窓口)を実施) 各地方整備局と事務所(事業区分・関連施設) [ ] 東北地方整備局 [ ]• 業務は地方整備局本局内に移管。

>

国交省、4/1付で2926人が異動(本省発表分)

旧建設省地方建設局時代は「地建(ちけん)」、旧運輸省港湾建設局時代は「港建(こうけん)」の略称があった。 ) 東京都 官庁営繕 神奈川県 神奈川県横浜市 官庁営繕 長野県 群馬県 長野県長野市 港湾整備 空港整備 茨城県 栃木県 群馬県 茨城県 港湾整備 千葉県 千葉県千葉市 港湾整備 埼玉県 東京都 東京都 特定離島港湾事務所 港湾整備 沖ノ鳥島 東京都 空港整備 東京都 港湾整備 神奈川県横浜市 航路 東京湾中央航路 神奈川県 港湾空港技術 調査・試験・開発 神奈川県横浜市神奈川区 北陸地方整備局 [ ] この節のが望まれています。 管轄区域は旧地方建設局とほとんど変わらない構成になっている。 【PDF】 【PDF】 工事関係書類• 事務所 [ ] 河川(水系管理〈調査・整備・管理〉、ダム〈調査、工事、管理〉、砂防)、国道、港湾空港、技術〈建設・港湾〉、官庁営繕、国営公園等の各事務所は地方整備局の下部組織となる。 同年7月10日、の設置に伴い、「総理庁建設院東北地方建設局」は「建設省東北地方建設局」に改称。 鈴木弘之九州地方整備局長が同日付で発足する海上・港湾・航空技術研究所の理事に就き、後任の九州整備局長に小平田浩司内閣府沖縄総合事務局開発建設部長が就任。

>

地方整備局

所在地は佐賀県。 たちかぜ(港湾業務艇) 関連項目 [ ]• 【Excel】• 本局所在地:宮城県本町 沿革 [ ]• 総括構造物維持管理官(技術事務所を通じて1人。 2009年(平成21年)3月31日を以て廃止。 【PDF】• ペガサス(港湾業務艇)• 副局長2人(北陸・四国を除く。 2010年5月3日閲覧。

>

国交省、4/1付で2926人が異動(本省発表分)

防災情報調整官(四国を除く。 8ノット 高性能音響測深機、有索式水中航行艇()、映像伝達装置、電光表示装置、前方障害物監視装置を装備 通常時には関門航路内を終日パトロールしている。 時期不明 - 内務省第七区土木監督署をに置く。 (昭和18年) - 「内務省東北土木出張所」に改称。 【PDF】• 総括保全対策官(河川国道事務所等を通じて43人以内。

>