トク する サポート。 「トクするサポート+」で得する人は?わかりやすく内容を解説!|モバシティ

トクするサポート

次回新しい機種を購入する際に利用していた機種が回収されるので、実質レンタル(リース)のような形になります。 最大で「端末価格の半額」の支払いがチャラ? 機種を購入し、 2年経過後(25か月目~)に機種変更すれば、その時点で残っている支払い分が免除されるという仕組みです。 少なくとも24回分の分割代は先に払う必要があります。 トクするサポートについても、 プランとの関係を完全に切り離すことで旧サービスに比べてシンプルな条件かつ誰でも利用できる分かりやすいサービスとなっています。 トクするサポート+がおすすめな人• 25ヶ月目以降にソフトバンクの対象機種を購入すること• また、免除される分割支払いの金額や、月額有料制に変わったことから、両者は似たようなサービスですが実態は別物になっています。 半額サポートが誕生してから2年が経過したころ、いったんは「半額サポート+」というサービスへ変更するという話題が持ち上がりました。

>

ソフトバンクのトクするサポートは誰得?利用するメリットとデメリット

特典B:13ヶ月目以降に購入した端末をソフトバンクに返却のみした場合は、下取り時点で設定されている下取り価格分のPayPayポイントなどで還元される。 SIMロック解除のお手続きは、サポートページをご確認ください。 対象機種利用中に故障するリスクが少ない、あるいは保証サービスに加入する予定のユーザー 以上のようなケースに数多く当てはまればトクするサポートの特典の恩恵をたくさん受けることができそうです。 もあるので、機種が決まっていない方はぜひ参考にしてみてください。 更にまた買わなきゃいけない このスマホお返しプログラムでの値引きにはプログラムで買ったiPhoneをソフトバンクに返す必要があります。

>

「トクするサポート」はお得なのか?メリットとデメリットを解説【ソフトバンク】

ソフトバンク「トクするサポート+」のまとめ ソフトバンクのトクするサポート+についての内容を下記にまとめました。 他には「トクするサポート」でサイト内検索すると出てきます。 損傷無しで返してまた買ってくれれば残り24回分は値引きするよ 払わないでいいよ と言う値引きプログラムです。 この場合は回収費用を支払っても回収不可となってしまいます。 査定基準を満たしていない場合• (現にドコモは返却のみで次回端末購入は条件ではありません。 半額サポートは、対象端末を48回分割で購入し、さらに25ヵ月目で回収を条件に機種変更すると、旧機種の機種代金が最大半額分支払い不要になる割引プログラムでした。 そのとき、古い機種はソフトバンクに返却することになります。

>

ソフトバンクのトクするサポートは誰得?利用するメリットとデメリット

この部分だけでみると、トクするサポートのキャンペーンが改善されたと思えますね。 それでも4年縛りを抜けたいのであれば、動き出すタイミングは25カ月目となります。 その条件とは 24回分の機種代金とプログラム料を支払うこと。 しかし、2年後に機種変更しなかった場合はどうなるでしょうか? 残債免除の条件は、スマホの返却とソフトバンクでの機種変更です。 旧「半額サポート」との違いは? 先述べましたが、トクするサポートは旧「半額サポート」の後継サービスです。 数年後に次の端末へ買い替える際にの市場価格や免除額を計算してオトク選択をすることができます。

>

ソフトバンクが「トクするサポート+」、2020年3月中旬以降から

という方には非常に便利なサービスですね。 回収費用を支払えばトクするサポート+を利用できますが、支払わない場合は回収キャンセルになりトクするサポート+を利用することはできません。 例:iPhone11 Pro 等。 解約・乗り換えると、プログラム利用料の返金もないし、25ヶ月目以降の免除もない トクするサポートの注意点 トクするサポートには注意点も紹介しますね。 外出するのが面倒であったり、外に出るのもちょっと嫌だなと思う人にとってもオンラインショップで契約することはオススメです。 アップルで買ってソフトバンクのシムカードを差し込んで使いますね。

>

ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」をわかりやすく理解する!

つまり ソフトバンクに契約しない(していない)場合でもソフトバンク機種を購入できます。 特典を利用するには再度ソフトバンクで買い替える必要あり トクするサポートの特典を利用するには「トクするサポートで購入した携帯電話を最低24ヶ月利用して返却後、再度ソフトバンクで機種購入・乗り換え」する必要があります。 スマートフォンの端末代金は年々高くなっている傾向です。 ZTE Axon 10 Pro 5G 対象機種以外の例えばiPhone11などでは利用できません。 トクするサポートの対象機種 トクするサポートの対象機種はiPhone・Android問わずスマホ全般と、ケータイ・各種タブレットと多岐に渡ります。 トクするサポート+の機種変更は25ヶ月目以降 トクするサポート+を利用する場合は25ヶ月目以降に機種変更する必要があります。 なお機種変更する必要があるので、継続してソフトバンクを利用したい人向けの特典です。

>

ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」をわかりやすく理解する!

例えば25ヶ月目になって、まだまだ使い続けたくてもトクするサポート+を利用するために機種変更するというケースも出てきます。 iPhone6 32GB Google Pixel• ここまでは、毎月のプログラム料がかからなくなった、という点以外は、 今までのトクするサポートと同じですね。 ここではこの 「トクするサポート」の仕組みをマジメに分かりやすく解説していきます! 目次• 返却する機種が正常に動作する(破損や画面割れがない) トクするサポートは機種の下取りサービスという側面もあるため、返却する機種については 「正常に動作する」ことが条件となります。 関連リンク• 特典利用条件• ソフトバンクのプレスリリース 対象機種を48回払いで購入し、25カ月目以降に指定機種をソフトバンクで購入し、旧機種を返却して査定が完了すると、最大24回分の割賦代金支払いが免除される。 それも損傷無しの状態で。 iPad Pro 10. MEMO スマホの返却はお近くのソフトバンクショップで受付しています。 消費者を舐めてるような契約です。

>