あ きづき 型 護衛艦。 あきづき型護衛艦 (2代)とは

あきづき型護衛艦 (初代)

その他 [ ] 『ウェポン・フロントライン 海上自衛隊 イージス 日本を護る最強の盾』 「てるづき」が登場。 航空機 [ ] 8艦8機体制をとる護衛隊群のワークホースとして考えたとき、本型のもっとも重要な装備と言えるのが、搭載するである。 なおハル・ソナーには、機雷等の小型障害物回避のためのアボイダンス・ソナーとしての機能が付与されている。 隊旗艦を務めた伝統ある名称で知名度も高いことから。 これは海上自衛隊では14DDGで装備化されたもので、10DDで搭載されていたと比べると発射速度は低く、対空射撃には不向きだが、より長い射程を備えており、対地・対水上射撃には優れた効果を発揮する。

>

あきづき (護衛艦)

これはバイスタティック・オペレーションを更に推し進めて、僚艦のハル・ソナーからの発信音に対する目標からの反響音を自艦で受信・処理するものである。 本来扱う情報がまったく異なる航空機と艦船、潜水艦の情報を一つのシステムで処理迎撃まで行なうようなとんでもないシステムはやはりイージス以外にはありません。 第5話にて横須賀女子海洋学校の超大型直接教育艦「」と交戦するが、武蔵の砲撃により全艦航行不能にされる。 従来、異なる系統のビンを混載した「 」「」にして、運用性と整備維持性の向上も図られていると思われる。 平時から電子情報収集が行われるのは、この為です。 阿部, 安雄「ガスタービン推進艦の時代--いしかり、はつゆき型、ゆうばり型、はたかぜ型、あさぎり型、あぶくま型、こんごう型、むらさめ型 海上自衛隊護衛艦史1953-2000 」『世界の艦船』第571号、海人社、2000年7月、 119-157頁、。 F35の大量配備は中国に脅威。

>

海上自衛隊のあきづき型護衛艦、たかなみ型護衛艦、むらさめ型護衛艦は、先進国...

そして、対艦ミサイルに関してはあきづきの使うバンド幅が有利と言うのは良く言われていることですが、ロシア(当時のソ連)が使う対艦ミサイルは高空を飛ぶ物が多く、問題ありませんでした。 これに伴い、全長にして5メートル、にして450トン大型化した。 wikiより詳しくね?ここw - 名無しさん 2018-06-27 02:41:44• ガスタービン類は艦橋すぐ後ろ辺りから後部煙突当たりの下にシフト配置。 「ひゅうが」型だと本気でF35Bを運用するのは無理だろうあたりがネックだけれど。 また31年度計画からは、これと並行して、1,800トン型警備艦()の建造が開始された。

>

あきづき型護衛艦 (2代)

推進システム 護衛艦の技術的特徴 」『』第742号、、2011年6月、 106-111頁、。 99 これを機械可動型連続波照射(CWI)方式と呼び、イルミネーター装置自体はアンテナを機械的に動かすため、そんなに速くは動けない。 日本付近の海域に限れば米軍よりも強力かも知れない まぁイージス艦には対潜以外ほとんどの能力でかなわないが。 代表的な機械型イルミネーター Mk. 上陸事件にて、「」とともに近辺へ調査目的で派遣されるが、「」のであるより威嚇を受ける。 上甲板のシアーラインも、「艦首から艦橋付近まで下がり、煙突付近までほぼ水平、短魚雷発射管付近まで若干上がり、シー・スパロー発射器後部までほぼ水平、長船首楼後端でかなり上がる」という複雑な線形を持つ。 のワークホースたるの第1世代として、度から度で12隻が建造された。 イルミネーター1基で1発しか誘導できないシースパローではイージス艦であってもイルミネーターの個数しか同時に対処できません。

>

海上自衛隊のあきづき型護衛艦、たかなみ型護衛艦、むらさめ型護衛艦は、先進国...

などの上での捜索を行う。 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 平成ゴジラシリーズでは、はつゆき型を模したがよく登場する(護衛艦のには、兵装の種類や配置などにアレンジが加えられているものもある)。 なので最大で12目標はいけると思われますが、現実的に全方位からミサイルが飛んでくる状況は考えにくく、2面分を使えればいいと思うので同時対処数は6ではないかと言われています。 本型の計画段階では、これに代わり、国産開発の連続波イルミネーターを搭載することも検討されたが 、結局、ICWIが搭載された。 高性能国産多機能レーダーFCS-3Aに対するいわれなき中傷 最新汎用護衛艦「あきづき」型」『』第50巻第5号、ジャパンミリタリー・レビュー、2015年5月、 28-39頁、。

>

あきづき型護衛艦 (2代)とは

本項ではにについて扱う。 装備 [ ] 多くの点で19DDのものが踏襲されているが、僚艦能力を省く一方でバイスタティックソナーを搭載し、能力を強化している。 任務は増えるのに人が増えないのが悩みの海上自衛隊だが、FFMを将来の主力艦として22隻まで増やす計画で、より効率的な防衛を模索していくことにしている。 「「あきづき」型の技術的特徴 特集 護衛艦「あきづき」型の回顧 」『』第728号、、2010年8月、 152-157頁、。 AWSベースライン9Cは、対空戦(AAW)機能とミサイル防衛(BMD)機能を両立した、IAMD(integrated air and missile defense)機能、およびを備えている。 連載開始時点では海洋調査のためにに派遣されていた。

>

はつゆき型護衛艦

しかも「同じタイプの護衛艦でも1番艦と2番艦で計器類などの配置が微妙に異なり、暗い艦内でも配置に慣れるまで時間がかかる」(同上)といった艦特有の課題もあり、1隻の護衛艦を複数のクルーで運用することは難しかった。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 の後継として平成18年 2006年 度予算で初めて導入され、2012年に一番艦あきづきが就役した。 他にも通信装置、対防御装置の形状や配置にも変化が見られる。 むらさめ型やたかなみ型の場合、イルミネーターは2基。 69浬(地球を約22週)に達し 、その間にの旗艦として5回に亘りに参加した。 発射管制用の艦上装置として、艦対艦ミサイル艦上装置2型(SSMS-2B)が搭載されている。

>