レター パック 食品。 レターパックライト/プラスを購入できるコンビニ【発送も可能】

レターパックで食品は送れる?品名の書き方や諸注意・実際の例について

精密機械などのこわれもの• レターパックってどこに行けば買えるの? 郵便局に行かなくても手に入れるにはどうしたらいい? という方に向けて、郵便局以外でレターパックを買える場所を一覧にしてみます。 漂白剤や殺虫剤• レターパックで食べ物を送る場合の諸注意 ここまでで(1)食品は基本OK(2)生もの・生菓子は送れない(3)チョコは微妙、ということを見てきました。 スポンサーリンク スケジュールに余裕を持って発送する レターパックを発送後、上記のように何らかのトラブルで配送が遅れてしまう可能性があります。 おぼえておくといざという時に役立ちます。 しかしレターパックで食品を送る場合にはもう少し注意点があります。

>

レターパックで送れるお菓子 チョコは可?サイズ限界は?品名は?

どんなものがあるかというと、主には危険物・発火性のあるものなので、先ほど説明したものとかぶるのですが… その中でもうっかり見落としそうなものをざっと説明すると• おなまえ についている、ご、お、を二重線で消しましょう。 食品のレターパックでの「品名」 次にレターパックで食品を送る場合の「品名」の記入方法についてです。 でも、レターパックでは、 ハンドルネームは、無記名と同じ扱いなので、配達してもらえないことがあります。 芸術作品等代替品の入手が困難なもの などを送るのは控える。 ボールペンでいい?何で書くべき?• レターパックで送るのに向いている食品は缶詰・レトルトパック・乾物などです。 配送時に消えてしまい、返送されちゃう可能性もあるので、注意。

>

レターパックで送れないもの!送れるもの!原因に多いこと!

レターパックも、 返信用封筒と同じように、二重線で消しましょう。 宛名書きが面倒!ですよね。 ご依頼主の様は二重線で消そう 個人でレターパックを使う場合は、気にする人は少ないようです。 やめましょう。 【午前中・12-14時・16-18時・18-21時】 佐川急便での送料は以下になります。 なので、 X線検査装置を使って、荷物を調べているんです。

>

レターパックプラスとレターパックライトを出す場所はどこ?

ギフト• 配送が遅くなる品名かチェック 航空便で送れないものは配達に時間がかかります。 貴金属類などの貴重品を送りたい場合は、現金と同じで現金書留などで送ることができます。 漂白剤や殺虫剤• レターパックが出せる場所は3つあります レターパックには、レターパックプラスとレターパックライトと2種類あります。 ローソン• 加工しだいで、生ものも送れる 生鮮食品や生菓子などの生ものは、常温だと腐るので、送れません。 レターパックプラス(赤色の封筒)• 割れやすいものなどを送る時は、補償サービスがつけられる簡易書留や一般書留などで送るようにしてください。 生きた病原体、またはそれを含んだり付着したりしているもの これらはレターパックでは、というよりも、郵便で出すこと自体ができません。

>

レターパックの特徴・料金・利用方法

水酸化ナトリウム• 剥がし忘れた事にすら気がつかない事も! もしかして剥がし忘れたら配達されないのでしょうか? 今回はレターパックのご依頼主様保管用シールを剥がし忘れてしまったときの対処法についてご説明します。 この郵便ポストでも注意するのが間口の大きさです。 ハンコ があれば、 枠内に収まる限りは、使用してもいいことになっています。 書留とは一体何か、簡易書留と一般書留の特徴や違いなどについては、コチラの記事に書いてあります。 と言うのも、他の発送方法では荷物を詰めるための箱や封筒は、基本的に指定されていません。 プラスとライトで送れる条件も違うので、注意したいですね。

>

レターパックプラスとレターパックライトを出す場所はどこ?

基本的にコンビニからは送れませんのでご注意ください。 引用元 : まとめ レターパックには• その料金表示が汚れていたりして見えにくくなってしまっていると送ることができません そして、増税によって10円切手などを貼る時に、料金表示の上に切手を貼ってしまっても 料金表示が見えなくて送れなくなるので注意してください。 その場合は、代わりの発送方法として、• なまもの・いきもの• 郵便番号の周辺に、 赤字で書きこむと、速達と勘違いされる危険があります。 一方でレターパックには指定の封筒があります。 重さは 4kg以内となっています。 発送する前に 保管用シールをはがすのを忘れない。

>

レターパックで送れるお菓子 チョコは可?サイズ限界は?品名は?

この商品は2点までのご注文とさせていただきます。 レターパックには青いレターパックライト(360円)と赤いレターパックプラス(520円)の2つがあり、今回使うのは赤い方。 お届け先の様も二重線でOK お届け先が個人なら、そのまま、様を使うことができます。 品名を書く際の注意点 品名を書く際には、 できるだけ具体的に書かなくてはいけません。 現金で送りたい場合、 基本料金プラス430円の現金書留で送る必要があります。 ちなみにレターパックはポストに投函しても良いのですが、ポストに入る厚みが3cmになるそうです。

>

レターパックライト/プラスを購入できるコンビニ【発送も可能】

(北海道は550円、沖縄は1,100円頂戴致します。 離島は注文後、追加金額をご連絡させていただきます。 この他にも飛行機で送れないものがありますので、詳しくはの日本郵便のHPでご確認ください。 ガラス・陶磁器などのこわれもの• あいまいだと確認の電話がくることも あいまいに書くと、配達員が許可していいか判断できない場合があり、• レターパックライト どちらも日数は同じですが、場合によってはレターパックライトは+1日。 筆ペン など、 熱や光で消える可能性があるペンはNG。 例えばチョコ、クッキー、佃煮、レトルトカレー、ふりかけ、お菓子、お茶、緑茶紅茶、干し柿、乾物、缶詰、みかん、ビールなどなど……。

>