軽 自動車 スライド ドア 2020。 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!

子育て世代が支持! N

【安全性】 衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能などを備えた「スズキ セーフティ サポート」が全車に標準装備されていて、予防安全性能もトップレベル。 特にスーパーハイトワゴンは、スライドドアが採用されているので、リヤシートの利用頻度も高いですよね。 更にターボ搭載のエンジンも普及し、坂道も難なく走れます。 スライドドアの開口幅も、エブリイワゴンの 開口幅は775mmと大きく乗降りしやすいものとなっています。 ボディの軽さ、コンパクトさも相まって、街中では機敏に走ってくれます。

>

スライドドア軽自動車の【安全性ランキング】

スズキはタントに対抗するべく、2008年1月にパレットを発売して、一般的なスライドドアを後席の両側に装着した。 両側スライドドアを搭載する、人気の軽自動車を3車種ご紹介いたします。 順位 車種 実燃費 カタログ燃費 中古車検索 1位 17. 外観デザインも、エルグランドやセレナといった日産が誇る人気ミニバンの流れを汲み、軽自動車とは思えない存在感と上質感を実現しました。 見た目もかわいいし、後部座席シートの下にお買い物をした 荷物が置けるボックスがついていて汚れ知らずで安定感も抜群です。 スライドドアはスイングドアに比べてパーツが多く、複雑な造りになっているため、それらが価格に反映されているといえるでしょう。 この2つは軽自動車初の機能です。 過去を振り返ると、かつて後席側のドアをスライド式にした軽乗用車は、エブリイワゴンやアトレーワゴンといった軽商用車ベースのワゴンだった。

>

【新型ワゴンRスマイル】「スライドドア新装備!」2021年3月発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

シートは2人乗りよりは、4人乗り以上がおすすめですが、近年は3列シートを買っておけば間違いない、といった考え方から、最大5人乗れれば十分事足りると、あえて2列シートを選ぶという流れも大きくなっています。 まず重視したのが、スライドドアと、燃費です。 なぜここまで高い人気を得たのか。 いずれにしても年式が古いので、走行距離のなるべく少ない個体を選ぶべきでしょう。 さらに、前後席ともに段差のないフロアで、ステップ高がスライドドア軽自動車の中でも低いので、乗り降りのしやすさはNO1でしょう。 でも実力派なところはさすがフォルクスワーゲンで、後席は140mmの前後スライド機能がつき、ラゲッジは5人乗車時でも455Lの大容量。 車名 シエンタ 全長 4,260mm 全幅 1,695mm 全高 1,675mm ホイールベース 2,750mm 搭載エンジン 直列4気筒ガソリンエンジン 排気量 1. 5L以下のクルマでも29,500円、SUVやミニバンなどに多い1. ホンダのメーカーには安心感もあります。

>

乗り降りしやすい軽自動車!ステップ高とシート高で比較

後席のスライド量が260mmもあり、様々な使い方ができるのも魅力。 助手席側は乗降口が広いため、子どもを乗せたり大きな荷物を積んだりするときに役立ちます。 【居住性】 1400mmもの室内高は現行N-BOXと並ぶ数値。 広さはもちろん、インテリアの素材から色使いまでこだわり、シンプルなBASICやリビングルームのようなHOME、スポーティなNESSといったテーマごとにまとめられ、好きなテイストが選べます。 価格はガソリンが199万7600円~、ハイブリッドが256万1900円~。

>

スライドドア付き軽自動車の人気車種おすすめ7選!人気の理由を解説

スライドドア軽自動車の燃費ランキングは、スズキ・スペーシアが30. 7m 関連記事• この時に後席側に電動スライドドアが装着されていれば、リモコンキーのスイッチ操作で自動的に開くことが可能だ。 前席の背もたれを倒せば車中泊もできるスペースです。 他のスライドドア軽自動車でも自転車を載せることは可能ですが2台も載せられると明記されているのはウェイクだけです。 Aピラーの立ち方、バンパーの切り欠き、屋根の水切り、インタークーラーバルジのない四角いボンネットなど、シンプルで機能的。 (の姉妹車)• 最も注意したいのは子供の飛び出しだ。 いったいなぜ、ここまで軽自動車のスライドドア車は人気なのでしょうか? その人気の理由を探るとともに、軽のスライドドア車のメリット、デメリットのほか、意外な欠点などはないのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が詳しく解説します。 小柄な女性でも運転しやすさを感じる車内が印象的です。

>

スライドドア付き軽自動車の人気車種おすすめ7選!人気の理由を解説

・・・ 6・7人乗り(3列)• 燃費は自然吸気が23. 第2位:• 近年、ホンダやスズキの攻勢により、やや販売台数が落ち込んでいましたが、2019年7月のモデルチェンジにより人気が復活し、今回は2位を獲得しています。 スペーシアがステップ高、リヤシート高ともに最も低くなっています。 「被害軽減ブレーキ」や 「ペダル踏み間違い防止装置など」を搭載した車に 「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」という愛称を、 「被害軽減ブレーキ」を搭載した車に 「セーフティ・サポートカー(サポカー)」という愛称をつけ、各自動車メーカーと政府が連携して普及啓発に取り組んでいます。 エンジンはなんと後部座席下! ホンダ バモス ~ファミリーカーはもちろん趣味の車としても秀逸~ 【概要・デザイン】 広い車内とスライドドアは、軽トールワゴンの専売特許じゃありません。 ドアの開けやすさを重視する方は、オートスライドドアを搭載している車を選ぶと良いでしょう。 リアシートにスライド機構が付いた2015年12月以降の上級モデル「G・Lパッケージ」あたりが十分に狙えます。 実は筆者ももともとミニバンのデザインが苦手でしたが、試乗してみたらファミリーカーとして細部まで配慮された作りに魅力を感じて乗り換えを決意しました。

>

スライドドアの車を選ぶメリットは?おすすめの車種も10種類紹介します[2020年07月11日]

標準ボディに左側スライドドアの電動機能などを装着した買い得グレードは、N-BOXからデイズルークスまで、140万〜150万円の狭い価格帯に集中する。 軽自動車は「日本独自」の規格だから使いやすい 軽自動車という規格自体が日本独自のものですので、日本での使い勝手に配慮されているということも魅力のひとつです。 スーパーハイトワゴンはシートが高いので、ウェイクの740mmは少し高いですね。 5ナンバーサイズなので車内幅は3ナンバーサイズのミニバンと比べると狭いのは否めませんが、車内高は1420mmとトヨタ ヴォクシーや日産 セレナなどミニバンよりも天井が高いので十分快適に過ごすことができます。 7万円(2019年4月1日現在)。 パワフルな走りがいい! という方はターボを選ぶとよいでしょう。 N-BOXは広々空間で小さい子ども二人なら十分な広さがあるので良いなと思います。

>