しょ じょじ の たぬき ばやし 歌詞。 しょうじょうじのたぬきばやし 童謡 歌詞情報

11月8日の日本の昔話 しょうじょ寺のタヌキばやし: きょうの日本昔話 ココログ編

江差追分 北海道 四• 「アーサー・キット会見記 『ニホン語の歌は難しい』」『読売新聞』1957年2月20日付夕刊、4頁。 筏節 秋田 二一九• 酒田追分 山形 二四四• (昭和51年)、が「フィル・モーニング」名義でプロデュースしたユニット、「パシフィック・コースト・ハイウェイ」がディスコ調にアレンジしたシングルレコード『ショジョジ』が、からリリースされた。 尾鷲節 三重 四九七• 「おい、ポン太とポン子、いつものやつ、やってみろ!」 「へ~い!」 ドロンパッ! ポン太とポン子は、なにやらすがたをかえてしまいました。 久保田節 秋里 一九五• 五島磯節 長崎 六一八• 山口県の民謡 五六九• 鹿児島ハンヤ節 鹿児島 六五三• 次にやってきた豪傑和尚は、怖がりこそしなかったか、腹鼓をしてからかう狸を追い回しているうちに大けがをしてしまい出ていった。 鹿角お山こ 秋田 二〇二• 証城寺の狸囃子 しょうじょうじのたぬきばやし 日本の童謡/作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 『証城寺の狸囃子(しょうじょうじのばやし)』は、作詞、作曲の日本の童謡。

>

八戸小唄(はちのへこうた)歌詞

【え】• 吹奏楽部が硬式野球部の応援などで本曲を演奏している。 秋田船方節 秋田 一六二• 秋田酒屋仕込み唄 秋田 一八五• 篠山木挽唄 茨城 三〇五• メロディーは市職員が制作した。 当時日本で20万枚近くを売り上げ 、『』でチャート1位を記録するなど、当時の日本における洋楽アーティストの楽曲としては大ヒットになった。 ところが、一つ目小僧にばけたポン太は、頭をコツンとなぐられ、むすめにばけたポン子が首をニョロニョロのばすと、首をねじまげられるしまつです。 「はて、わしはいつここへもどったんじゃろう。

>

日本の民謡 :全国民謡歌詞集./2005.9.

太田甚句 群馬 三〇二• 寺の庭に集まったタヌキたちは、大わらいしながら、とくいになってはらつづみを打ちました。 新タント節 秋田 一八六• 秋田おはら節 秋田) 一七八• その後も狸と和尚さんは腹鼓合戦をつづけているうちにすっかり仲が良くなり、満月の夜に集まっては腹鼓を打っているという。 埼玉餅僑唄 埼玉 三四四• 鹿児島よさこい節 鹿児島 六五一• 柏野じょんから節 石川 四五五• 定義節 宮城 一三八• 三重県の民謡 四九六• そして、しょじょ寺というこのお寺では、いまも満月の夜には、タヌキたちが庭に集まって、はらつづみをうつという話です。 鹿児島長持唄 鹿児島 六五八• 鹿角甚句 秋田 二一八• 稲上げ唄 宮城 一四八• 心配した和尚さんは狸の腹に薬をぬって介抱してやった。 いつものように、まず一つ目小僧のポン太が出ていきましたが。 あらすじ 山奥にあるしょじょ寺は、山のたぬきが化けて脅かすので、なかなか和尚が居着かなかった。

>

~歌でおぼえる日本の四季と和の行事~童謡・唱歌・わらべうた

宮崎県の民謡 六四四• 大井川輩代越の唄 静岡 四八六• 池田追分 福井 四六六• 江州音頭 滋賀 五一一• 翌日から和尚さんは腹鼓を練習しはじめた。 島根県の民謡 五四二• 民謡の覚え方 その 3) 五二〇• 「こりゃおもしろい。 「おう、これはかわいい一つ目小僧じゃ。 大分県の民謡 六三八• 五箇山追分節 富山 四四六• わしもなかまに入れてくれ」 ずいぶんとかわった和尚さんで、庭におりてくると、タヌキたちといっしょにはらつづみを打ちはじめました。 伊勢音頭 三重 四九六• 鹿角検校節 秋田 二〇七• 「こりゃ、たいへんじゃあ! 薬、薬」 和尚さんは大いそぎで薬を持ってきて、タヌキのおなかにぬってやりました。

>

ご当地メロディー資料館

秋田竹刀打ち唄 秋田 一七一• 江差三下り 北海道 二四• 木の子取り唄 宮城 一四〇• まあ、それはどうでもいいわ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 鹿児島県の民謡 六五〇• 柏崎おけさ 新潟 四一五• - 本曲と同様に狸伝説をモチーフとした木更津市のマスコットキャラクター。 鴨川やんざ節 千葉 三六一• ところが一つ目小僧に化けたポン太は頭をコツンとなぐられ、娘に化けたポン子が首をニョロニョロのばすと首をねじまげられるしまつです。 秋田追分 秋里 一七〇• 盆踊りの歴史について 四九五• 新磯節 茨城 二九八• 白銀ころばし 南部 八七• 佐賀県の民謡 六〇四• 因幡大黒舞 鳥取 六六七• 「どうだ、具合は?」 心配そうにたずねる和尚さんに、タヌキの親分はニッコリして言いました。 「強くたたけばいいってもんじゃねえな。 、シングル『Shojoji〜証城寺の狸囃子〜』としてシングルカットされ、カップリングには日本語詞バージョンも収録された。

>

しょうじょうじのたぬきばやし 童謡 歌詞情報

秋田馬喰節 秋田 一七三• 「う~ん、あの和尚、なににばけてもこわがらん。 そのうち、お腹をたたき続けた和尚さんは、とうとうフラフラになって倒れてしまいました。 東京都の民謡 三六六• 絵島節 長野 四〇六• 裏山のタヌキたちは顔を見合わせてニヤリと笑うと、さっそく新しい和尚さんを追い出す相談をはじめました。 2000年に日本発売されたアルバム『今夜はマイム・マイム』にも収録)、(1999年、アルバム『Dancing with Petty Booka』収録)や(2011年、7インチシングル)がカバーしている。 わっはっはっは」 タヌキたちに笑われて、和尚さんはいっしょうけんめいたたきました。

>