ハイキュー bl。 ハイキュー!!

ハイキュー!!物語。

ちょっと赤い顔の木兎さんが入ってきた。 186• 猿杙「お!赤葦も来たのか!」 木葉「木兎は?見なかった?」 赤葦「中庭で告られてましたよ」 小見「なに~!?あいつ、またかっ!!」 木葉「なんでモテるんだ!?ただの単細胞バレー馬鹿じゃないかっ!!」 先輩たちが口々に文句を言う。 330• 224• 379• 852• 390• 186• 「く、ろおさ…っ、黒尾さん…っ」 「……っ!なんつー声出しやがる…!」 僕は何を言っているんだろう。 179• 185• 185• 148• 180• 僕は黒尾さんに座っていて、黒尾さんに身体を支えられていた。 525• 387• 868• 168• 186• 403• よかった。

>

ハイキュー BL

。 397• 376• 185• 189• 背中を駆け抜けるゾクゾクとした何かが、僕が逃げることを拒む。 421• 嬉しくて、ほっとして、僕は笑う。 先輩にはもったいないくらいかわいかったですね」 木葉「!!赤葦がほめるなんて相当かわいかったんだな?」 猿杙「それで?返事は?」 木兎「ちょっとびっくりしちゃって……『考えさせて』って言っちゃった」 木葉「木兎お前な~…『考えさせて』は もう『OKです』って言っているようなもんだよ~~」 木兎「えええっ!!そうなの?」 そんなこともないと思うけど……単純…。 254• 俺はここにいるからよ」 「ほ、んとうに…っ?」 「じゃあお前の目の前にいるのは誰なんだよ?」 「……よ、かった…」 手にじんわりと感じる相手の温度。

>

ハイキュー!!

248• 185• 389• 388• 399• 174• 186• 180• 180• 411• 180• 433• 238• 木葉「赤葦に聞いたぜぇ~~告白されてたんだってなぁ~?」 木兎「えっ!!ああ…まぁぁ…見てたのか?」 赤葦「えぇ、部室に来る途中で。 ……木兎さんは普通にかっこいいと思いますよ。 186• 本当によかった。 136• 「……大丈夫。 247• 185• 166• 385• 179• 376• 247• 「は、ぁ…っ」 息を吐き出して少しでも快感を逃がそうとするけど、そんなのどうしたって無理で。 186• <赤葦目線> 「失礼します」 無事にパンを買って部室に行くと、3年生が先に来て食べていた。

>

ハイキュー!!

だけど、目の前にあるものは、確かに僕の大事なもので。 赤葦「………付き合ったらどうですか?」 木兎「っっ!!!」 俺の言葉に木兎さんは睨んできた。 181• なんてことを思いながら、パンを食べようとした時 部室のドアが開いた。 僕は何かを掴みたくて、手を伸ばした。 「……う、ぅ…」 「我慢すんなって言ってんのに」 目の前で苦しそうに眉を寄せる黒尾さんが、何か呟いた気がする。

>

ハイキュー!!いろいろ

186• 186• いわゆる、対面座位。 アーカイブ• ぼんやりとした意識のなか。 「その顔は、反則…っ、だろうが…!」 「うあぁっ! 180• 384• 147• 180• 244• 186• 180• 180• 238• 186• 238• 192• 156• 180• 145• 689• 分からない。 。 。

>

ハイキュー BL

。 。 。 。 。

>

ハイキュー BL

。 。 。 。 。 。 。

>

ハイキュー!!

。 。 。 。 。 。

>