古谷 知美。 第204回:プロ雀士インタビュー 古谷 知美 インタビュアー:中山 奈々美

帰ってきたセレブ打法!高宮まり・古谷知美・西嶋千春の攻撃を全て凌ぎ切った聖母・黒沢咲の鋼鉄の信念 麻雀最強戦2020「タイトルホルダーvs Mリーガー 最強の女流決戦」観戦記【決勝卓】

連盟所属プロのリーグ戦で実施され、団体最高峰タイトルの位置付け。 通ってない を切れば、ピンフ、イーペーコー、ドラ1のテンパイっていう局面。 (理事、北関東支部長)• 特に過去問題は繰り返し何回もやりました。 超攻撃型の勝ちパターンが決まれば大きい。 1984年創設。

>

帰ってきたセレブ打法!高宮まり・古谷知美・西嶋千春の攻撃を全て凌ぎ切った聖母・黒沢咲の鋼鉄の信念 麻雀最強戦2020「タイトルホルダーvs Mリーガー 最強の女流決戦」観戦記【決勝卓】

五段~初段• ともちんの初めてのインタビュー記事になりますが、アピールしてほしいことはある?」 古谷「えっと。 ただのラッキーパンチではなく、じっくりと待ちを厳選してのアガりだった。 東京都足立区出身。 中山「今回の決定戦の勝因はズバリどこにあったと思う?」 古谷「11回戦目にトータル2着目の武石さんが50,000点以上もっていてトータルトップの自分が38,000点もち2着目の状況があったの。 (九州副本部長)• 各団体の垣根を超えた「プロクイーン決定戦」で2連覇した実績を持つ。

>

【日本プロ麻雀連盟】第14期女流桜花決定戦 優勝は古谷 知美プロ!!悲願の初優勝! [雀サクッ]

…現:• 東4局1本場 高宮の親は古谷が流し、流局を挟んで1本場。 このままの勢いで強敵をなぎ倒し、勝ち進めるか。 点棒の無い西嶋が からツモ切りリーチを敢行し、逆転を狙うも… 高宮のロン牌を掴んで放銃。 左隅を見ていただきたいのだが、日向は一度逢川の出した をスルーしているのである。 「しぬこ」さんは近代麻雀誌で連載を始められたので、併せてご覧いただけたらと思う。 直接聞いても、連盟には教えてくれる先輩がたくさんいます。 十年近い付き合いでともちんの色々な人生の局面に立ち会ってきたけれど、どんな時も凛としている。

>

かわいいOL雀士 古谷知美・麻雀の実力は?年齢や結婚は?

プライベートでも大の仲良しである私、中山奈々美が女流桜花獲得までのプロセスや古谷プロの素顔に迫っていこうと思います。 勉強しても勝てないし、失敗を何度も繰り返してしまうけど、その度に振り返って修正して…を麻雀プロである限りはずっと続けていくのだと思います。 小学生の特技欄でしかみたことないですよ(笑) 中山「じゃあ好きな食べ物は?」 古谷「すき焼き!」 中山「これも私と一緒だ~!冬はよく一緒に食べに行ってるもんね」 古谷「うん!すき焼き最高だよね!!」 皆さん、ともちんへの差し入れはすき焼き弁当いかがでしょうか?ってどこにでも売っているわけじゃないし難易度高いか(笑) 中山「子供の頃の夢を教えてください」 古谷「小学生の頃ね~雪印工場の運転手になりたかった!」 中山「え!!?なに!??」 古谷「社会科見学で雪印工場にいったの。 特別昇級リーグ 40歳未満の選手の内、Dリーグ昇級者・各種タイトル戦決勝進出者などで争われるリーグ戦。 (相談役、北海道本部相談役)• 引きが何とも強い。

>

日本プロ麻雀連盟

これは一発で勝負が決まるか? あわや役満というところだったが、ドラの 単騎に変えてツモアガリ。 (相談役、東京本部長)• 親リーチに放銃すると一気に苦しくなるので、しぶしぶ引き下がるのが普通だろう。 鋼鉄の箱入り娘の勇姿はぜひ連盟チャンネルで!私もともちんの志を汲んで連盟チャンネルの宣伝をしてこのインタビューは幕を閉じたいと思います。 神奈川県鎌倉市出身。 (地方理事、広島支部長)• 女流最高位 西嶋千春(最高位戦日本プロ麻雀協会) 女流最高位3連覇という偉業を引っさげての出陣。 (北陸副支部長)• そう考えると28歳くらいと考えるのが自然でしょうか。 タレントとしては有限会社アーティストボックスに所属していた。

>

かわいいOL雀士 古谷知美・麻雀の実力は?年齢や結婚は?

含みでいけるかどうかだが、無理に攻める状況でもなくなっている。 全編を視聴するには日本プロ麻雀連盟チャンネルへの入会が必要です。 199 より引用)などと宣言していた。 古谷「女流桜花優勝って連盟に入った時から目標にしていたし、大事なタイトルだったんだけど、Aリーグに上がってから軽々しく言えなくなってたの。 (理事、九段)• 愛称は「微笑みの朱き薔薇」。

>