仏壇 の お 膳。 【楽天市場】仏具単品 > お仏膳セット:激安仏壇店

御霊供膳とは?四十九日やお彼岸の特別なお供え

つまり、生き物を殺生した食材(肉・魚・卵など)を使わない、 不殺生戒という仏教の教えに基づいた料理になります。 お仏壇の大きさによって、一膳しか並べられない場合、その一膳に二膳分のお気持ちを込めて頂ければと思います。 ただ、早く配膳しすぎると湯気が消えてしまいます。 カツオなどお魚からとれるだしは、精進料理の基本から外れることですので避けましょう。 霊供膳では 高坏には漬物料理をお供えするのが一般的です。 親椀とも呼ばれています。

>

御霊供膳とは?四十九日やお彼岸の特別なお供え

ここでは、霊供膳の 基本的な並べ方から宗派ごとの並べ方について詳しく見ていきましょう。 右後ろに高坏• 宗派ごとの配膳• 下げるタイミングは、湯気がなくなったら、ご飯が固まる前、遅くともその日のうちに なかなか奥が深いお膳ですが、一周忌が終わっても、その後年忌法要は三回忌・七回忌と続くので、覚えておくといいでしょう。 旧暦の7月15日に行われていましたが、現在の新暦では 8月15日に行われることが多くなっています。 必ず自分たちの食事よりも先に霊供膳をお供えしましょう。 お供えする霊供膳の数 お供えする霊供膳の数には諸説あり、地域によって違うこともあります。 基本的にはお下げした霊供膳のお料理は ご先祖様や仏様に感謝していただくようにします。 なお、各献立には細かい作法が存在する。

>

仏壇のお膳(仏膳・霊供膳)の準備の仕方

故人が左利きでしたから。 忙しい日にはこちらを活用すると、あまり手間をかけずに霊供膳を作ることができます。 今の自分があるのは亡くなられた方やご先祖様のおかげだという感謝の気持ちと、向こうの世界にいらっしゃるご先祖様たちへの供養の気持ちを込めて丁寧に準備し、お供えしましょう。 まとめ 今回の記事では、霊供膳について解説しました。 また、配置の話ではありませんが、日蓮宗は朱色の器を使います。

>

御霊供膳とは?四十九日やお彼岸の特別なお供え

具体的なメニューは、煮豆(いんげん豆など)・胡麻和え・酢の物などが主なものです。 私たちの目線で言うと、 お箸が奥側になります。 お新香は一般的なキュウリやナス、白菜などでOKです。 白菜の漬物やたくあんを盛るのが通常です。 お食事や、お菓子などのお供え物をお供えする仏具です。 はじめに お仏壇にお供えするお仏膳は、お檀家さんによって様々です。

>

湯呑椀・仏飯器・茶湯器・仏器膳(仏具)の商品一覧|三善堂オンラインショップ

特に、たくあんを盛る際には2切れのみ盛るようにしましょう。 飯椀と汁椀の前に箸 臨済宗・曹洞宗・日蓮宗(宮中)• 浄土宗• 浄土真宗 ここまで説明した宗派ごとの霊供膳の並べ方について見てきて、残るは浄土真宗の場合について見ていくと予想する方も多いでしょう。 お仏壇の開眼など祝事はお赤飯。 霊供膳は、基本的にご飯と一汁三菜の料理なのですが、肉や魚、そしてネギやニンニク、ニラなど、においの強い香味野菜を一切使わない精進料理なんです。 煮物は高野豆腐や野菜、シイタケなどの炊き合わせにして、 和え物は白和えやごま和えなどにしましょう。 霊供膳は、日頃私たちが使っている食器よりも、一回り小さいものが専用食器• 精進料理とは、仏教の教えの中にある不殺生戒(他の人や生き物を殺してはいけないという教え)や煩悩(仏教で心をかき乱すとされる欲望や迷い)を断ち切る教えを示したお料理を指します。 法事のお膳についてのまとめ• ただし、地域や宗派、お寺によっては2つ用意したうちの1つはご先祖様用、もう1つは仏様用と考える場合もあります。

>

御霊供膳とは?四十九日やお彼岸の特別なお供え

また16日の夜には多くの地域で 盆踊りが行われます。 曹洞宗・臨済宗 曹洞宗・臨済宗・禅宗の場合は、お膳の左上に平椀が、右上に高坏が、そして真ん中に壺椀が来るように並べます。 他の器と比べて底が浅く、口が広いものが多いです。 一汁三菜• なお、その盛り付け方は量を多めにして、かつ 上側が丸くなるようにするのが作法です。 いつお供えする? 「私たちがご飯を食べられるのは、仏さまやご先祖さまのお蔭」と感謝することが目的ですから、私たちがご飯を食べるようにお供えするのが本来であります。

>

お仏膳

具としては、ワカメや豆腐、油揚げなどが良いでしょう。 その中でもあまりなじみがないのが、仏壇にお膳をお供えするという慣習です。 さて、飯椀と汁椀の並べ方ですが、実はまったく込み入ったものではなく、普段の私たちの食事の中での並べ方と同じです。 汁椀 汁椀は お味噌汁やお吸い物を盛る器のことです。 大根や椎茸、人参、きぬさや、厚揚げ、湯葉、こんにゃくなどの煮物が一般的です。

>